ヨハネス10世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨハネス10世
第122代 ローマ教皇
Pope John X.jpg
教皇就任 914年3月
教皇離任 928年5月
先代 ランド
次代 レオ6世
個人情報
出生 860年頃
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領、トッシニャーノ
死去 928年6月
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
その他のヨハネス
テンプレートを表示

ヨハネス10世Ioannes X860年頃 - 928年6月)は、ローマ教皇(在位:914年3月 - 928年5月)。教会慣用名はヨハネ[1]

人物略歴[編集]

イタリアトッシニャーノ生まれ。教皇登位は914年3月であった[1]クレモナ司教リウトプランドによると、ラヴェンナ大司教であった時より、ローマの有力貴族テオフィラットの妻テオドラと関係があったとされ、その真偽は定かではないが、教皇登位後もテオフィラットの強い支持を受けた。しかし、テオフィラット夫妻が920年代初めに死去すると、やがてイタリア王ウーゴと接近するようになった。しかし、のちのローマ教皇ヨハネス11世の母で、テオドラの娘であったマロツィアトスカーナ辺境伯グイードと結婚しており、マロツィアとグイードはウーゴの勢力の増大を望まなかった。そのため、最終的にヨハネスは、マロツィア夫妻により獄死に追い込まれた[2]。928年6月のことであった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 小林(1966)巻末「歴代法王表」p.5
  2. ^ 『クロニック世界全史』(1994)p.256

参考文献[編集]

関連項目[編集]