ピウス2世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピウス2世
第210代 ローマ教皇
ピウス2世
教皇就任 1458年8月19日
教皇離任 1464年8月14日
先代 カリストゥス3世
次代 パウルス2世
個人情報
本名 Enea Silvio Piccolomini
出生 1405年10月18日
Siena-Stemma.png シエーナ共和国 コルシニャーノ(現在のピエンツァ
死去 1464年8月14日
Flag of the Papal States.gif 教皇領 アンコーナ
その他のピウス

ピウス2世Pius II1405年10月18日 - 1464年8月14日)は、ルネサンス期のローマ教皇(在位:1458年 - 1464年)。本名はアエネアス・シルウィウス・ピッコローミニAeneas Silvius Piccolomini, イタリア語:Enea Silvio Piccolomini)。

シエナ出身で、シエナ大学で学ぶ。元々人文主義者の代表的な人物で、詩人、歴史家として高名であり、神聖ローマ帝国に仕え、皇帝の側近、外交家としても知られていた。教皇エウゲニウス4世時代のバーゼル公会議に神聖ローマ帝国の宰相として参加し、教皇派と公会議首位派の対立を収束させるべく尽力した。その後聖職者となり、カリストゥス3世の死後、教皇に選ばれ、ピウス2世を名乗る。

1459年枢機卿ヨハンネス・ベッサリオンの尽力を得てヨーロッパ諸国に呼びかけ召集したマントヴァ教会会議で、オスマン帝国に対する十字軍遠征を提唱する。消極的な神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世に対してはかなり強硬な態度で参加を迫ったにも拘わらず、彼をはじめ応じる君主・国は殆どなかった。1463年、十字軍を提唱する教書を再び発表、1464年には十字軍の出発地として決定されたアンコーナに赴くが、同年8月に逝去。直ちに遠征は中止された。

シエナ共和国にある故郷の町(コルシニャーノ、のち教皇の名に因んで「ピッコローミニ」と改称)を理想の都市にしようと考え、1459年フィレンツェの建築家ベルナルド・ロッセリーノに設計を依頼する。これによってピオ2世広場、ピッコロミニ宮殿(1469着工)などが造られ、ルネサンス建築の並ぶ都市が生まれた(トスカナの宝石ともいわれる小さな都市で、現在は世界遺産に登録されているピエンツァ歴史地区)。

当時の因習であるネポティズムに従い、甥のフランチェスコを枢機卿に登用した。彼は後に教皇ピウス3世として選出された。

執筆の途中です この項目「ピウス2世 (ローマ教皇)」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。