シャルル (プロヴァンス王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャルル
Charles
プロヴァンス王
在位 855年 - 863年

出生 845年
死去 863年1月24日
王家 カロリング家
王朝 カロリング朝
父親 ロタール1世
母親 エルマンガルド・ド・トゥール
宗教 カトリック教会
テンプレートを表示

プロヴァンス王シャルル(Charles, 845年 - 863年1月24日)は、中部フランク王国が分割されて成立したプロヴァンスの王(在位:855年 - 863年)。中部フランク王ロタール1世とトゥール伯ユーグの娘エルマンガルドの間の三男である。

生涯[編集]

855年、父ロタール1世の死によりその遺領は三子の間で分割相続され、シャルルは南部ブルグントとプロヴァンスを継承した[1]。しかし病弱で、義叔父のヴィエンヌ伯ジェラール2世(母の姉妹と結婚)が摂政として実際の統治を行い、プロヴァンスに攻めてきたノルマン人を撃退している[2][3]

863年、後継者なく死去。その遺領は二人の兄、皇帝ロドヴィコ2世とロタリンギア王ロタール2世との間で分割され、ヴィエンヌリヨングルノーブル司教管区はロタール2世が、アルルエクスアンブラン司教管区およびプロヴァンス王位はロドヴィコ2世が継承した[1][3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 瀬原、p.46
  2. ^ 根津、p.171
  3. ^ a b 柴田、p.170

参考文献[編集]

  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年
  • 柴田三千雄 他 『世界歴史大系 フランス史1』 山川出版社、1995年
  • 根津由喜夫『二人のビザンツ皇女の運命―「ジラール・ド・ルシヨン」を読み解く―』金沢大学文学部論集、史学・考古学・地理学篇、2007年、27:p.161-202[1]