フランソワ1世 (フランス王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランソワ1世
François I
フランス国王
Francis1-1.jpg
在位 1515年 - 1547年
戴冠 1515年1月25日ランス[1]
出生 1494年9月12日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国コニャック
死去 1547年3月31日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国ランブイエ
埋葬  
サン=ドニ大聖堂
配偶者 クロード・ド・フランス
  レオノール・デ・アウストリア
子女 後述
王家 ヴァロワ=アングレーム家
王朝 ヴァロワ朝
父親 アングレーム伯シャルル・ドルレアン
母親 ルイーズ・ド・サヴォワ
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

フランソワ1世François Ier1494年9月12日 - 1547年3月31日)は、ヴァロワ朝第9代のフランス王(在位:1515年 - 1547年)。シャルル5世の曾孫でルイ12世の従兄に当たるアングレーム伯シャルル・ドルレアンと、サヴォイアフィリッポ2世の娘ルイーズ・ド・サヴォワとの間に生まれた[1]

概要[編集]

フランソワ1世はフランス・ルネサンス期を代表する国王とみなされている。この王の治世にフランスの美術および文芸は重要な発展をみることとなった。また、軍事、外交上もフランス史上の画期となる戦争や外交事件が発生している。

フランソワ1世には神聖ローマ皇帝カール5世という強大なライバルが存在したことから、常に両者の間にあって有利な相手と結ぼうとするイングランド国王ヘンリー8世の外交上の功利心を頼みとしなければならなかった。フランソワ1世の対カール5世政策は成否相半ばするものだが、実現の暁にはフランス王国の維持に支障をきたすカール5世の構想をくじくことには成功した。カトリックの両大国が敵対したことは、西洋キリスト教世界に重大な影響をもたらした。例えば、このころ興った宗教改革の拡散を容易なものとしたほか、なによりオスマン帝国ウィーン包囲を許し、ハンガリー王国のほぼ全土を占領させてしまっている。

国内の状況をみると、フランソワ1世の統治期間は宗教改革の急速な拡大とはっきり一致している。また、中央集権体制(絶対王政)の確立・戦費の捻出・芸術の発達のために国家全体の運営を掌握し最適化する必要が生じたことから、特に税収増を目的とする一連の行政改革を実施し[2]、これらの改革は次代のアンリ2世にも受け継がれた。

議会の支援がなくとも資金を簡単に調達する方法がフランソワの治世に考案された。それは、年金型長期国債を国王の直轄財産と徴税権で担保するものである。これらの担保は、引受幹事のパリ市庁とリヨン銀行シ団へ移譲された。そしてこれら担保の果実が優先的に弁済へ充当された。国王は信用がなかったので、実際に発行された国債は年利10%をくだらなかった。[3]

生涯[編集]

フランソワ1世のテストン銀貨。1528年 - 1540年。フランソワ1世治下で最も流通していた銀貨[4]

アングレーム伯シャルルルイーズ・ド・サヴォワの間に、長女マルグリットに次ぐ第2子としてコニャックで生まれた[1]。シャルルはこの2子を残して1496年に死去し、フランソワは1歳3ヶ月余りでアングレーム伯を継いだ[5]

1498年に即位したルイ12世には男子がなかったため、サリカ法により従甥に当たるフランソワが王位継承者とされた。また、ルイ12世と王妃アンヌとの間に生まれた又従妹クロードと1514年に結婚し[6]、共同のブルターニュ公となった。翌1515年、ルイ12世の死により王位を継いだ[1]。クロードの死後は長男フランソワ、次いで次男アンリ2世が王太子(ドーファン)の称号とともにブルターニュ公位を継いでいる。

人文主義者(ユマニスト)の教育を受け、即位後はレオナルド・ダ・ヴィンチロッソ・フィオレンティーノらの芸術家を保護し、ルネサンス様式の宮殿を建てた[7]。1530年には、後にコレージュ・ド・フランスとなるコレージュ・ロワイヤル(Collège Royal)を設立し、ヘブライ語、古代ギリシア語数学の研究を促進させた[8]

フランソワ1世は、2代前のフランス王シャルル8世が始めたイタリア戦争を継続した。1515年マリニャーノの戦いに勝利、ミラノ公国を占領しスフォルツァ家を追放した[9][10]。スフォルツァ家に仕えていたレオナルド・ダ・ヴィンチは、翌年フランスへ移り、ルネサンス文化を伝えることになった[11]1516年には、ローマ教皇レオ10世との「ボローニャの政教協約」で、国王は大司教・司教・大僧院長の指名権を持つことをローマ教皇に承認させ、フランスの国家教会主義(ガリカニスム)を完成させた[12]

1519年神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世が死去すると、教皇レオ10世らの支持を得てフランソワ1世も後継者候補になるが1票も獲得出来ず、スペイン王カルロス1世(マクシミリアン1世の孫)が皇帝選挙に勝利し、カール5世として即位する[13]。フランスはハプスブルク家によってドイツ・スペインと周囲を囲まれてしまう。1521年から1544年にかけては、イタリアを巡ってカール5世と争い、1525年パヴィアの戦いでは前線で指揮を取るが、捕虜となってしまう[14][15]。スペインで幽閉されていた間の1526年にカール5世とマドリード条約を結ぶが[16]、解放されるや条約は無効と宣言し[17]教皇クレメンス7世もこれを支持した。

カール5世に対抗するため、コニャック同盟で教皇、イングランド王ヘンリー8世らと結び、ドイツのプロテスタント諸侯(ルター派)を支援したり、異教徒であるオスマン帝国スレイマン1世と秘かに結びつき[18]第一次ウィーン包囲をけしかけたりもしている。フランソワ1世自身はカトリックであり、檄文事件をきっかけに国内のプロテスタントを弾圧している[19]。しかし、ローマ略奪で教皇はカール5世と和睦、他のイタリア諸国もカール5世に従属し、1529年にフランスがイタリア放棄を約束したカンブレーの和約を締結した[20]

和平の一環として、1530年にカール5世の姉でポルトガル王マヌエル1世の未亡人であったレオノール(エレオノール)と2度目の結婚をしている[21]。しかし、以後もカール5世との戦闘を継続、ドイツのプロテスタント諸侯が結成したシュマルカルデン同盟と同盟を結んで戦ったもののハプスブルク家の優勢を覆せず、最終的に1544年にクレピーの和約fr)を結び、イタリア政策は失敗に終わった[22]1547年3月31日ランブイエで死去[23]、長男フランソワに先立たれていたため、次男アンリがアンリ2世として即位、イタリア戦争を再開した。

フランソワ1世はアメリゴ・ヴェスプッチのスポンサーとしてその航海を援助した。新大陸の中南米を押さえたカール5世に対抗し北米を狙ったためである。またジャック・カルティエカナダ植民に送り出し[24]、フランス領カナダ(ケベック州)の基礎を築いている。

文芸作品に登場するフランソワ1世[編集]

19世紀フランスを代表する作家の1人ヴィクトル・ユゴーは、1832年に戯曲『王は愉しむフランス語版英語版』(Le Roi s'amuse)を発表した。この作品はフランソワ1世の道化師トリブレが主人公で、トリブレの娘ブランシュが王に弄ばれたため王に復讐をしようとして起きる悲劇を描いた作品である。1832年11月22日にフランセ座で初演されたが、特権階級の腐敗ぶりとそれに対する批判という、当時としては極めて過激な内容であったため、早くも翌日には上演禁止となり、以後1882年まで上演されることはなかった。後にこの作品はジュゼッペ・ヴェルディによってオペラ化され、1851年に『リゴレット』として初演された。

子女[編集]

最初の王妃クロードとの間に3男4女をもうけた。

2番目の王妃エレオノールとの間の子はいない。

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 佐藤、p. 228
  2. ^ 佐藤、pp. 235-236
  3. ^ 富田俊基 『国債の歴史 金利に凝縮された過去と未来』 東洋経済新報社 2006年 125頁
  4. ^ 久光重平 『西洋貨幣史』 国書刊行会、1995年、793頁http://ci.nii.ac.jp/ncid/BN12202449 (リンクは書誌情報のみ)。
  5. ^ 佐藤、p. 229
  6. ^ 佐藤、p. 225
  7. ^ 佐藤、pp. 233-234
  8. ^ 佐藤、p. 248
  9. ^ 福井、pp. 145-146
  10. ^ 佐藤、pp. 232-233
  11. ^ 佐藤、p. 233
  12. ^ 福井、pp. 147-148
  13. ^ 福井、p. 146
  14. ^ 福井、p. 147
  15. ^ 佐藤、pp. 239-242
  16. ^ 佐藤、pp. 243-245
  17. ^ 佐藤、p. 245
  18. ^ 佐藤、pp. 252-253
  19. ^ 福井、p. 150
  20. ^ 佐藤、pp. 247-248
  21. ^ 佐藤、p. 250
  22. ^ 佐藤、p. 259
  23. ^ 佐藤、p. 260
  24. ^ 福井、p. 212

参考文献[編集]

  • 福井憲彦 編 『新版 世界各国史 12 フランス史』 山川出版社、2001年
  • 佐藤賢一 『ヴァロワ朝 フランス王朝史 2』 講談社現代新書、2014年

関連項目[編集]