ナポレオン2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナポレオン2世
Napoléon II
フランス共和国皇帝
Nap-receis 50.jpg
ナポレオン・フランツ(モリッツ・ミヒャエル・ダフィンガー画)
在位 1815年6月22日 - 1815年7月7日
別号 ローマ王
ライヒシュタット公爵フランス語版
L'Aiglon
レグロン
アンドラ大公
全名 Napoléon François Charles Joseph
ナポレオン・フランソワ・シャルル・ジョゼフ
Napoleon Franz Karl Joseph
ナポレオン・フランツ・カール・ヨーゼフ
出生 (1811-03-20) 1811年3月20日
フランスの旗 フランス帝国パリテュイルリー宮殿
死去 (1832-07-22) 1832年7月22日(満21歳没)
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ウィーンシェーンブルン宮殿
埋葬 1940年12月15日(改葬)
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ウィーンカプツィーナー納骨堂
フランスの旗 フランス国パリオテル・デ・ザンヴァリッド(改葬)
子女 フェルディナント・マクシミリアン(異説あり)
王朝 ボナパルト朝
父親 ナポレオン1世
母親 マリー・ルイーズ・ドートリッシュ
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示
ライヒシュタット公としての紋章。

ナポレオン・フランソワ・シャルル・ジョゼフ・ボナパルト: Napoléon François Charles Joseph Bonaparte1811年3月20日 - 1832年7月22日)は、ナポレオン1世の嫡男(長男ではない)で、フランス帝国の皇太子ローマ王第一帝政皇帝としては、ナポレオン2世: Napoléon II)。オーストリア宮廷ではライヒシュタット公フランツ(Franz,Herzog von Reichstadt)として知られた。

2世の死によりナポレオン1世の直系は絶えた。ナポレオン3世はナポレオン1世の甥であり、2世の子ではない。

生涯[編集]

孤独な幼年期[編集]

1811年3月20日フランス皇帝ナポレオン1世とハプスブルク=ロートリンゲン家マリー・ルイーズ(マリア・ルイーゼ)皇后の間に生まれた。生まれてすぐの6月9日ローマ王とされた。1814年4月6日にナポレオン1世がフォンテーヌブロー宮殿で退位すると、母マリー・ルイーズと共に、5月21日オーストリアに帰国した。フランソワ(ナポレオン2世)は、ナポレオンの残党による誘拐を恐れたメッテルニヒによって、ほとんど監禁同然の身になった。

1815年に、復位したナポレオン1世とフーシェから後継者として指名され、叔父のリュシアンによって議会上院に採択される。この措置によって一時的ではあるが、フランソワの即位は公的なものとなった。6月22日から7月7日までナポレオン2世は名目上のフランス皇帝であった。

1816年3月7日に、母マリア・ルイーゼがパルマ公国の統治を任され、パルマへと旅立っていった。その後、彼の生活は一変し、フランス語を話したり、フランス語の本を読む事を禁じられ、ドイツ語を学習する事を強制された。1817年5月1日に、マリア・ルイーゼはナイペルク伯アダム・アルベルトの娘アルベルティーヌを出産し、ウィーンでのフランツとの面会の約束を破ってしまった。母親に約束を破られた彼は、この時大変に悲しんだという。マリア・ルイーゼが重い腰を上げ、フランツに会いに行ったのは、それから2年も経った1818年の7月だった。それからパルマに戻ったマリア・ルイーゼは、1819年8月9日にはナイペルク伯の息子のギヨームを生み、また彼との面会の約束を破った。その後、ロシア皇帝アレクサンドル1世がフランツの許を訪れた事があり、その時「綺麗で賢く、好感の持てるなかなか良い少年ではないか」と言ったという。

1821年5月1日、幼い時に別れたまま一度も再会する事がなかった父ナポレオン1世がセントヘレナ島で死去した。父の死を知ったフランツは、椅子に身を投げ出し泣いたという。1822年8月15日にマリア・ルイーゼは再びナイペルク伯の娘を出産し、9月上旬には正式にナイペルク伯と結婚した。この年と1825年に、マリア・ルイーゼはナイペルク伯の子供を出産し、この間にウィーンにいるフランツに会いに行ったのはたったの1回だった。

父への憧れ[編集]

母がナイペルク伯と結婚した頃から、フランツはライヒシュタット公と呼ばれる事になった。彼は歴史に熱中するようになっていた。ライヒシュタット公はフランス語に対する愛着を持ち続けた。それまでドイツ語によるナポレオン中傷に囲まれながら育ってきたライヒシュタット公は、父の真の姿を知りたいと思い、フランス語を昼夜熱心に学んだ。ライヒシュタット公は宮殿内の図書館に入り込んでは、フランス語の本を貪るように読んだ。父の部下ラス・カスが発表した『セント・ヘレナ島の記録』も、モントロン伯爵の『回想録』も、彼を感動で包んだ。ライヒシュタット公は、ナポレオン1世が、常々オーストリア人達が言っているような「ヨーロッパの平和を乱した罪人」ではなく、偉大な英雄であった事を知った。ライヒシュタット公はこれ以降、父の事を深く尊敬し、強く憧れるようになった。結核にかかったのもこの頃だった。少しでも父に近づきたいと思ったライヒシュタット公は、耐寒訓練などの猛烈な軍事訓練に励むようになり、この事が病気を悪化させてしまったと言われている。

そんな日々の中ライヒシュタット公は、母マリア・ルイーゼが父の存命中、秘密のうちにナイペルク伯との子供のアルベルティーヌとギヨームを出産していた事を知った。しかし、ただ1人の親となった母親の愛を失いたくないと知らないふりをし、前にもましてマリア・ルイーゼに宛てて優しい手紙を書いた。しかし、この事実を知ったライヒシュタット公の衝撃と、母の軽率さに対する嫌悪は強く、後に「母は父にふさわしくなかった」と書き残している。そのうち、ライヒシュタット公はプロケッシュというオーストリア人の青年に出会う。彼は『ワーテルロー戦記』という著書の中で、徹底的にナポレオン1世を擁護していた。ライヒシュタット公は感激し、それから2人は親友になった。

その後、1832年7月21日にプロケッシュは、ローマにいたライヒシュタット公の祖母マリア・レティツィアの許を訪れた。そして彼は、ライヒシュタット公はナポレオン1世の息子にふさわしく、立派に成長していると話して聞かせた。この話を聞いたレティツィアは喜び、「あの子に父の意志の全てを尊重するようにと伝えてください。いつか、あの子の時代が来るでしょう。あの子はフランスの玉座に上る事でしょう」と言った。

しかしその同じ日、ライヒシュタット公は病の床に臥していた。教育係であるディートリヒ・シュタインの再三にわたる嘆願の手紙で、やっとウィーンに来たマリア・ルイーゼも、やつれ果てた息子の姿を見ると、さすがに良心の呵責に苛まれた。うとうととしていたライヒシュタット公は「馬の用意をしろ! 父の前方を行かなければならないのだ」と突然叫んだ。翌1832年7月22日、ライヒシュタット公は21歳という若さで死去し、ハプスブルク家の墓地であるカプツィーネ教会に葬られた。妻子なく、ナポレオン1世の直系は途絶えた。

死後[編集]

死から100年と少し経った1940年12月15日、ライヒシュタット公の棺はウィーンから父ナポレオン1世が眠るパリのオテル・デ・ザンヴァリッドへ移され、その地下墓所に改葬された。この命令を出したのは、ナポレオンを敬愛していたアドルフ・ヒトラーだった。(ヒトラーはオーストリア出身で、彼の率いるナチス・ドイツは当時フランスを占領していた)

人物[編集]

幼少の頃に父母と別れ、家庭的には不幸と言える境遇にあった一方、母方の実家ハプスブルク=ロートリンゲン家の人々は父ナポレオン1世については否定的であったものの、ライヒシュタット公自身には友好的に接した。外祖父フランツ1世はライヒシュタット公のためにオーストリア軍の軍服を与え、執務中そばで遊ぶ事を許した事もあった。

また、義理の叔母ゾフィーと仲が良く、従弟にあたるマクシミリアン誕生の際には、ライヒシュタット公とゾフィーの不倫が噂されるほどであった[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]