マリー・カロリーヌ・ド・ブルボン=シシレ (1822-1869)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マリー・カロリーヌ
Marie-Caroline
ブルボン=シチリア家
Maria Carolina Augusta di Borbone, Principessa delle Due Sicilie (1848).jpg
全名 Marie-Caroline Auguste
マリー・カロリーヌ・オギュスト
出生 (1822-04-26) 1822年4月26日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ウィーン
死去 (1869-12-06) 1869年12月6日(47歳没)
イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドトゥイッケナム
配偶者 アンリ・ドルレアン
父親 レオポルド・ディ・ボルボーネ=ナポリ
母親 マリーア・クレメンティーナ・ダズブルゴ=ロレーナ
テンプレートを表示

マリー・カロリーヌ・オギュスト・ド・ブルボン=シシレフランス語Marie-Caroline Auguste de Bourbon-Siciles1822年4月26日 - 1869年12月6日)は、7月王政期オルレアン家)のフランス王子・オマール公アンリの妻。両シチリア王女(Principessa delle Due Sicilie)。

イタリア語マリーア・カロリーナ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエMaria Carolina di Borbone-Due Sicilie)。

生涯[編集]

初代両シチリア王フェルディナンド1世の6男であるサレルノ公レオポルドと、オーストリア皇帝フランツ1世の娘のマリーア・クレメンティーナの娘として、オーストリア帝国ウィーンで生まれた。母方の伯母にはナポレオンの妃となったマリーア・ルイーザがいる。

1844年11月、7月王政期フランス王ルイ=フィリップの5男のオマール公アンリと両シチリアの首都のナポリで結婚した。4子をもうけたが、いずれも夭折または独身のまま若くして死んだ。1869年、亡命先のイギリス、トゥイッケナムで肺結核のため死去し、フランス北部のドルーにあるオルレアン家の人々が多く眠る墓所に葬られた。夫婦仲が良かったとされ、アンリはその後再婚せず、独身を通した。

家族[編集]

アンリとの間に4子をもうけた。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、マリー・カロリーヌ・ド・ブルボン=シシレ (1822-1869)に関するカテゴリがあります。