ベルナルド (イタリア王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ベルナルド
Bernardo
イタリア王
在位 810/3年 - 818年
出生 797年
死去 818年4月17日
子女 ピピン1世
王家 カロリング家
王朝 カロリング朝
父親 ピピン
宗教 カトリック教会
テンプレートを表示

ベルナルドまたはベルンハルト:Bernardo, :Bernhard, 797年 - 818年4月17日)は、カロリング家出身のイタリア王(在位:810/3年 - 818年)。イタリア王ピピンの庶子。

生涯[編集]

810年に父ピピンが死去した後、祖父カール大帝アーヘンの宮廷に引き取られ、イタリアの統治はカール大帝の側近アーダルハルトに委ねられた[1]。その後、ベルナルドはカール大帝によりフルダ修道院に送られたものの間もなく呼び寄せられ、812年にはイタリアの統治をまかされ、翌813年には正式にイタリア王としての地位を与えられた[2]。814年、カール大帝は死去し、単独皇帝となった叔父ルートヴィヒ1世は改めてベルナルドのイタリア王としての地位を認めた[3]。しかし817年、ルートヴィヒは「帝国整序令」において、自らの長男ロタールを共同皇帝とし、次男、三男をそれぞれアクイタニアおよびバイエルンの王とすることを定めたが、この中でベルナルドの存在は無視され、ベルナルドが統治するイタリアはロタールの帝国の下に置かれることとなった[4]。この決定に不満であったベルナルドは叔父ルートヴィヒ1世に対して反乱を起こしたが鎮圧され、ベルナルドは目をえぐられる刑を受け、それがもとで818年死去した[4]

息子ピピン1世はヴェルマンドワ伯となり、男系子孫は12世紀始めまで同伯を継承した(ヴェルマンドワ家)。

脚注[編集]

  1. ^ 五十嵐、p.209
  2. ^ 五十嵐、p.213
  3. ^ 成瀬他、p.83
  4. ^ a b 瀬原、p.41

参考文献[編集]

  • 五十嵐修『地上の夢 キリスト教帝国 カール大帝の〈ヨーロッパ〉』講談社、2001年
  • 成瀬治 他 編 『世界歴史大系 ドイツ史 1』 山川出版社、1997年
  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年