ピピン (イタリア王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ピピン:Pépin, :Pipino, :Pippinus, 777年 - 810年7月8日)は、フランク王国の国王カール大帝と王妃ヒルデガルトとの間の次男であり、イタリア王ランゴバルド王)(在位:781年 - 810年)である。

生涯[編集]

初めの名はカールマンといったが[1]781年4月14日、教皇ハドリアヌス1世が代父となり洗礼が授けられたとき、父カールによってピピンに改名された[2]。同年、ピピンはイタリア王となり、教皇ハドリアヌス1世の手により戴冠された[3]

810年、ピピンはミラノにて死去。彼の死後、子供たちはカール大帝のアーヘンの宮廷に引き取られた[4]

子女[編集]

庶出の王子1人と王女5人がいる[5]

  • ベルンハルト(797年 - 818年) - イタリア王(813年 - 818年)、子孫はヴェルマンドワ伯となった。
  • アデライーデ
  • アドゥラ
  • グンドラーダ
  • ベルトラーデ
  • テオドラーダ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 五十嵐、p. 134
  2. ^ 五十嵐、p. 81
  3. ^ 五十嵐、p. 83
  4. ^ 五十嵐、p.209
  5. ^ Settipani, p. 212

参考文献[編集]

  • 五十嵐修『地上の夢 キリスト教帝国 カール大帝の〈ヨーロッパ〉』講談社、2001年
  • Christian Settipani, The Prehistory of the Capetian (New genealogical history of the august house of France, vol. 1), Villeneuve d'Ascq, ed. Patrick van Kerrebrouck, 1993545 p. (ISBN 978-2-95015-093-6) , p. 211-2
  • MEDIEVAL LANDS, "Carloman (Pepin)"(2016年11月20日閲覧)

関連項目[編集]