アーレ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーレ川
アーレ川
アーレ峡谷
水系 ライン川
延長 215 km
流域面積 17,779 km²
水源 グリムゼル峠付近
河口・合流先 ライン川(コブレンツ)
流域 スイス
テンプレートを表示

アーレ川ドイツ語: Aare, : Aar)は、スイスを流れる河川ライン川の支流[1]である。スイス中部を源とし、スイスの首都ベルンなど経由して、大きく時計回りに半円を描くように流れ、スイス北部でライン川に合流する。

水源からライン川に注ぐまでの長さは約295キロメートル[2][1]である。標高差は1,565メートル、流域面積は17,779平方キロメートル[2]

アーレの名が見つかった初期の例は、ベルンで見つかった16世紀ごろの亜鉛銘板 (Berne zinc tabletガリア語で書かれたNantarorであり、これがNanto(峡谷)+arorでアーレ渓谷を意味すると見られている。ローマ名はObringaであった。

流路[編集]

アーレ川はスイスベルン州グリムゼル峠 (en西付近、ベルンアルプス (enにあるアーレ氷河 (enを水源とする[1]。グリムセル湖 (enを出てフィンステラーホルン (en山麓沿いに、グリムゼル・ホスピツの東を通り、レーテリッヒスボーデン湖 (enを経由し、ハスリタル (enを通って北東に流れ、高低差46メートルのハンデグ滝 (en、グタネン (enを通り、メイリンゲン (enでほぼ平地に至る。平地になってすぐにブリエンツ湖に注ぐ。ブリエンツ湖にはリュッチネ河 (enも注いでいるので、ここでアーレ川と合流する形になる。湖の西端から出てインターラーケンとウンタージーン (enの間にあるヴェーデリ (enの湿地帯を通り、すぐ西のトゥーン湖に入る[1]

ビール湖を出た後A5橋をくぐるアーレ川

トゥーン湖の西端にカンダー川 (enが注いでおり、それを合わせる形で湖の北西端から流れ出る。その後トゥーンを経由してスイスの首都ベルンに入る。ベルンでは18の橋をくぐり、 ベルン旧市街を取り巻く形で流れる。ここで流れを北西方向から西方向に急転換し、サリーヌ川(ザーネ川) (Saane/Sarineと合流した後に北方向に流れを変える。さらにエールベルク (en近郊で西に流れを変え、すぐにビール湖に注ぐ。ベルン北西部には昔から洪水が多く、19世紀以降にさまざまな治水対策が行われている (en。ビール湖にはアルプス山脈の肥沃な土と雪解け水が流れ込むため、この周辺は肥沃な平野であり、「スイスの菜園」と呼ばれている。

その後ビール湖の東端から流れ出て、ゾロトゥルンアーラウを経由して[1]しばらくは北東方向に流れる。ブルーク (Bruggの近くでロイス川リマト川と合流し、流れを北に変える。ドイツとの国境付近のコブレンツ (enで東から流れてくるライン川に合流する。ライン川はそのまま西方向にスイス-ドイツ国境沿いに流れる。

水源[編集]

流域の景勝地[編集]

メイリンゲン (Meiringen付近には、アーレ峡谷ドイツ語: Aareschlucht, : Aar Gorge)がある。アーレ川が石灰岩を削る形でできているこの峡谷は、1万年前、氷河期が終わって氷河が溶け出し、石灰岩を浸食してできた。長さは1マイル(1.6キロメートル)ぐらいであり、峡谷の幅は50メートルほどであり、その両側は切り立った崖である。峡谷の下の川幅は1メートルほどである。

支流[編集]

アーレ川沿いにある森林道
"Wasserschloss"(水の城)。ロイス川と合流するあたり。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Bridgwater, W. & Beatrice Aldrich. (1966) The Columbia-Viking Desk Encyclopedia. Columbia University. p. 11.
  2. ^ a b "Aare River." Encyclopædia Britannica. 9 January 2007

外部リンク[編集]