フリードリヒ・クリスティアン (ザクセン選帝侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フリードリヒ・クリスティアン(1751年、アントン・ラファエル・メングス画)

フリードリヒ・クリスティアンFriedrich Christian, 1722年9月5日 - 1763年12月17日)は、ザクセン選帝侯(在位:1763年)。フリードリヒ・アウグスト2世ポーランドアウグスト3世)と神聖ローマ皇帝ヨーゼフ1世の皇女マリア・ヨーゼファの三男で、全名はフリードリヒ・クリスティアン・レオポルト・ヨハン・ゲオルク・フランツ・クサーヴァFriedrich Christian Leopold Johann Georg Franz Xaver)。

生まれつき病弱で、片足が不自由だったため車椅子を使っていた。母のマリア・ヨーゼファはフリードリヒ・クリスティアンより彼の弟たちに選帝侯位を継がせようとしたが、結局1763年10月5日にフリードリヒ・アウグスト2世が死去すると、フリードリヒ・クリスティアンが選帝侯位に即いた。即位してすぐ、ザクセンの財政を破綻させ、国を七年戦争に巻き込んだ不人気な大臣ハインリヒ・フォン・ブリュール英語版伯爵を解任した。ハインリヒは10月に亡くなったが、フリードリヒ・クリスティアンも天然痘に罹り、同年12月17日ドレスデンで急死。フリードリヒ・クリスティアンの遺体はドレスデン宮廷教会に葬られた。長男のフリードリヒ・アウグスト3世が選帝侯位を嗣いだが、13歳と年少のため、王妃のマリア・アントーニアとフリードリヒ・クリスティアンの弟フランツ・クサーヴァー摂政を務めた。

子女[編集]

1747年に従妹にあたる神聖ローマ皇帝(バイエルン選帝侯カール7世の皇女マリア・アントーニア(1724年 - 1780年)と結婚しており、彼女との間に以下の子供をもうけていた。

先代:
フリードリヒ・アウグスト2世
ザクセン選帝侯
1763年
次代:
フリードリヒ・アウグスト3世