ハインリヒ・フォン・プロイセン (1862-1929)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハインリヒ・フォン・プロイセン
Heinrich von Preußen
ホーエンツォレルン家
Prince Henry of Prussia (1862–1929), brother of Kaiser Wilhelm II.jpg
全名 Albert Wilhelm Heinrich von Preußen
アルベルト・ヴィルヘルム・ハインリヒ・フォン・プロイセン
出生 1862年8月14日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 ポツダム
死去 (1929-04-20) 1929年4月20日(66歳没)
ドイツの旗 ドイツ国 シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州 ゲット・ヘンメルマルクドイツ語版
埋葬  
ドイツの旗 ドイツ国 ヘンメルマルク
配偶者 イレーネ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット
子女

ヴァルデマール
ジギスムント

ハインリヒ英語版
父親 フリードリヒ3世
母親 ヴィクトリア
テンプレートを表示

ハインリヒ・フォン・プロイセンドイツ語: Heinrich von Preußen, 1862年8月14日 - 1929年4月20日)は、プロイセン王国の王族・軍人。全名はアルベルト・ヴィルヘルム・ハインリヒAlbert Wilhelm Heinrich)だが、もっぱらハインリヒと呼ばれる。フリードリヒ3世の次男で、ヴィルヘルム2世の弟。ドイツ帝国海軍で司令官として軍歴を積み、最終的には海軍元帥に任じられた。

生涯[編集]

出生[編集]

1862年8月14日、フリードリヒ3世(当時皇太子)とその妃でイギリス女王ヴィクトリアの娘であるヴィクトリアの第3子として生まれた。インテリだった母ヴィクトリアは子供たちに高い知能を要求したがハインリヒはその要求に応じられず、母ヴィクトリアは祖母ヴィクトルに宛てた手紙の中で「ハインリヒは絶望的な怠け者です」と記している[1]。このため、ハインリヒは兄ヴィルヘルム2世や姉シャルロッテと共に母を嫌うようになった。

海軍軍人[編集]

ハインリヒとセオドア・ルーズベルト(1902年)

ハインリヒは幼少期から海軍に関心を抱き、新宮殿ドイツ語版の庭園で帆船模型を作って遊び、水兵としての素養を身に付けていった[1]。1877年にカッセルギムナジウムに入校した後、ドイツ帝国海軍の士官候補課程を受ける。訓練では1878年から1880年にかけて外洋航海を経験し、同年10月に士官の適性検査を合格した後、1884年から1886年にかけて海軍士官学校で教育を受ける。任官してからは各国を訪問することになり、後に各国訪問の経験を回顧録として出版している[2]

ハインリヒは皇族のため、若年にも関わらず指揮官に任命された。1887年に魚雷艇戦隊及び第1水雷艇戦隊指揮官に任命され、1888年に皇室ヨット「ホーエンツォレルン英語版」船長、1889年から1990年にかけて二級巡洋艦「アイリーン英語版」艦長、湾岸防衛艦「ベオウルフ英語版」艦長、「ザクセン英語版」艦長、「ヴェルス英語版」艦長を歴任し、その後は東洋艦隊の巡洋艦戦隊指揮官として青島市に赴任した。着任後のハインリヒは軍事分野よりも政治分野で活躍し、彼は中国の宮廷に招かれた最初のヨーロッパ王族となった。1899年に東洋艦隊司令長官に就任し、1901年1月に退任してドイツに帰国し、同年秋に第1艦隊司令官に就任した。1903年にバルト海基地司令官に就任、1906年から1909年にかけて大洋艦隊司令長官を務め、退任後に元帥に昇進し、ハンス・フォン・ケースタードイツ語版の後任として海軍監察長官に就任した。この間の1902年にハーバード大学から名誉博士号を授与されている[3]

1914年に第一次世界大戦が勃発すると、ハインリヒは新設されたバルト海艦隊司令長官に就任する。バルト海艦隊は戦力的にロシア帝国バルチック艦隊よりも劣勢だったが、ハインリヒは二月革命でロシア帝国が崩壊するまでの間、ドイツ領海岸へのバルチック艦隊の侵入を防ぐことに成功した。ロシア海軍との戦闘が終わった後、ハインリヒは自分の役目は終わったとして司令長官を退任し、ドイツ革命により帝国が崩壊したことで軍籍を退くことになった。ハインリヒは革命に公然と反対したが、家族の安全を優先してキールから脱出した。

晩年[編集]

ヴァイマル共和政に移行した後は、家族と共にシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州に移り住み、モータースポーツやヨットを嗜み暮らした。また、船乗りの育成にも励み、彼を慕う船乗りや水兵たちの間では、プリンツ・ハインリヒ・ムッツァ英語版という軍帽が流行した。1929年4月20日に咽喉癌で死去した[4]

人物[編集]

プリンツ・ハインリヒ・ラリーに出場するハインリヒ(1910年)

ハインリヒは兄ヴィルヘルム2世とは対照的に謙虚な性格で、兵士たちやドイツ北部で人気があった。また、他の兄弟よりも外交官としての素質もあり、1902年にアメリカ合衆国を訪問した際にはアメリカの記者たちに好印象を与え、ドイツ系アメリカ人社会からも歓迎された。軍人としては現実主義で、潜水艦や飛行機などの最新技術を高く評価し、積極的に兵器として導入していった。また飛行機にも興味を示し、1910年にパイロットの資格も取得した[5]。第一次世界大戦中はロシア海軍に対抗するため、空母の運用も計画していた。

ヨットの愛好家として知られ、1887年に海軍将校グループが設立したキールのヨットクラブの会員となり、クラブのパトロンとなった。また、自動車にも興味を持ち、自動車の手動ワイパーを発明したという[6]。1908年にはドイツグランプリの前身となるプリンツ・ハインリヒ・ラリーを開催し、ヴィルヘルム2世と共に帝国自動車クラブを後援した[7]

釈迦ヶ池遊猟事件[編集]

日本訪問中のハインリヒ(1879年)

1879年5月、海軍士官候補生時代に大日本帝国を訪れ、皇族として待遇され歓迎を受ける。また、この際に明治天皇に謁見している。

1880年2月7日、大阪府島下郡小路村(現・大阪府吹田市岸部北)の「禁猟制札の場所」である釈迦ヶ池(吉志部神社のある紫金山の背後に位置する)で、当時神戸に滞在していたハインリヒは、禁猟区域であるにもかかわらずお供を連れてお忍びで鴨猟をしていた[8]。そのため、皇孫だということを知らない七尾村の井田元吉がハインリヒを殴打した[9]。このことに立腹したプロイセン王国側が、その翌日、皇孫に対して不敬のふるまいがあったとして、大阪府ならびに外務省に抗議を申し入れたため、外交問題に発展した[8]。談判の結果、同月14日に至って、大阪府庁と吉志部神社で「謝罪式」が行われ、関係者13名が処分され落着した[8]。取調処理を安直にすませた巡査8人は不敬を犯したとして免職、警部5人は1か月の俸給停止処分を受けた。

この日本側の一方的謝罪という事件処理は、当時の日本とプロイセンとの国力の格差を政府が考慮した結果であったが、この弱腰外交に対する世論の反発を危惧した日本政府は、報道統制で事件を国民から隠そうとした。ある新聞記者はこの事件を記事に書こうとしたため、禁固刑にされた[10]

ハインリヒは1900年に日本を再訪し、1912年には明治天皇の大喪の礼にドイツ代表団の一員として参列している。

家族[編集]

ハインリヒ一家(1910年)

1888年5月24日に従妹にあたるイレーネヘッセン大公ルートヴィヒ4世の娘)と結婚。妻との間に3男をもうけた。子供たちはヴィクトリア女王からの遺伝で血友病を患い、三男ハインリヒは4歳で早世した[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b Heinrich von Preußen auf Preussen.de
  2. ^ Des Prinzen Heinrich von Preußen Weltumseglung. Original-Erzählung für die Jugend von C. V. Derboeck [recte: Carl von der Boeck]. Leipzig: Otto Drewitz Nachfolger, 11. Aufl., ca. 1900.
  3. ^ "Latest intelligence - Prince Henry in America". The Times (36709). London. 7 March 1902. p. 3. 
  4. ^ “Died”. Time (magazine). (1929年4月29日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,769213-2,00.html 2008年6月6日閲覧。 
  5. ^ G. von Arnauld de la Perière, Ilse Essers: Prinz Heinrich von Preußen. Admiral und Flieger. Koehler Verlag, Herford 1983, ISBN 978-3782202855, S. 56–59.
  6. ^ “untitled”. The Day Book (Chicago): p. 10. (1914年6月13日). http://chroniclingamerica.loc.gov/lccn/sn83045487/1914-06-13/ed-1/seq-10/ 2014年8月20日閲覧。 
  7. ^ Deutschlands Fussball – Das Lexikon. Herausgegeben vom DFB und dem Sportverlag Berlin, 1. Auflage 2000, S. 504.
  8. ^ a b c 藤田弘道 1980年「ドイツ皇孫『釈迦ヶ池』遊猟事件」『吹田の歴史』7:41
  9. ^ 1990年「釈迦ヶ池の遊猟事件」『郷土吹田の歴史』、pp.170-171
  10. ^ 1990年「釈迦ヶ池の遊猟事件」『郷土吹田の歴史』、p.171
  11. ^ The Royal Forums

参考文献[編集]

  • Rainer Hering/Christina Schmidt (Hg.): Prinz Heinrich von Preußen. Großadmiral, Kaiserbruder, Technikpionier. Wachholtz, Neumünster 2013. ISBN 978-3529061004.
  • Sebastian Diziol: "Deutsche, werdet Mitglieder des Vaterlandes!" Der Deutsche Flottenverein 1898-1934. Solivagus Praeteritum, Kiel 2015, S. 402–424. ISBN 978-39817079-0-8.
  • G. von Arnauld de la Perière/Ilse Essers: Prinz Heinrich von Preußen. Admiral und Flieger. Koehler Verlag, Herford 1983. ISBN 978-3782202855.
  • Harald Eschenburg: Prinz Heinrich von Preußen. Der Großadmiral im Schatten des Kaisers. Westholsteinische Verlagsanstalt Boyens, Heide 1989, ISBN 3-8042-0456-2.
  • Karin Feuerstein-Prasser: Die deutschen Kaiserinnen. Piper Verlag, München/Zürich 2006. ISBN 978-3-492-25296-6.
  • Michael Knoll: Ein mysteriöser Besuch. Prinz Heinrich von Preußen an John Deweys Laborschule in Chicago. Pädagogische Rundschau 65 (2011), S. 561–575.
  • Ernst Dietrich Baron v. Mirbach: Prinz Heinrich von Preußen. Eine Biographie des Kaiserbruders. Böhlau Verlag, Köln/Weimar/Wien 2013. ISBN 978-3-412-21081-6.
  • Peter Pantzer, Sven Saaler: Japanische Impressionen eines Kaiserlichen Gesandten. Karl von Eisendecher im Japan der Meiji-Zeit. / 明治初期の日本 - ドイツ外交官アイゼンデッヒャー公使の写真帖より Iudicium, München / OAG, Tokyo 2007, ISBN 978-3-89129-930-2 (deutsch/japanisch).
  • Rolf-Harald Wippich: Prinz Heinrichs Japan-Aufenthalt 1879/80 und der Jagdzwischenfall von Suita. in: Thomas Beck et al. (Hg.): Überseegeschichte. Beiträge der jüngeren Forschung. Franz Steiner Verlag, Stuttgart 1999, S. 267–275. ISBN 3-515-07490-2 (= Beiträge zur Kolonial- und Überseegeschichte, Band 75).

関連項目[編集]

軍職
先代:
新設
Flag of German Empire (jack 1903).svg 大洋艦隊司令長官
1907年 - 1909年
次代:
ヘニング・フォン・ホルツェンドルフドイツ語版