ヘンリー・リズリー (第3代サウサンプトン伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第3代サウサンプトン伯
ヘンリー・リズリー
Henry Wriothesley
3rd Earl of Southampton
Wriothesley southampton.jpg
1603年のサウサンプトン伯(ジョン・ド・クリッツ英語版画)
続柄 先代の長男
称号 第3代サウサンプトン伯爵、第3代リズリー男爵、ガーター勲章ナイト(KG)
出生 1573年10月6日
イングランド王国の旗 イングランド王国 サセックスコードレイ・ハウス英語版
死去 (1624-11-10) 1624年11月10日(51歳没)
ネーデルラント連邦共和国の旗 ネーデルラント連邦共和国ブラバントベルヘン・オプ・ゾーム
配偶者 エリザベス英語版
父親 2代サウサンプトン伯ヘンリー・リズリー英語版
母親 メアリー・リズリー英語版
テンプレートを表示

第3代サウサンプトン伯爵ヘンリー・リズリー英語: Henry Wriothesley, 3rd Earl of Southampton[注釈 1], KG1573年10月6日-1624年11月10日)は、イングランドの貴族。

ウィリアム・シェイクスピアのパトロンだったことや第2代エセックス伯ロバート・デヴァルーの側近だったことなどで知られる。

経歴[編集]

1594年(21歳)の頃のサウサンプトン伯(ニコラス・ヒリアード画)

1573年10月6日、第2代サウサンプトン伯爵ヘンリー・リズリー英語版とその妻メアリー英語版(初代モンタギュー子爵英語版アンソニー・ブラウン英語版の娘)の間の長男としてサセックスコードレイ・ハウス英語版に生まれる[1][2]

1581年に父の死により爵位を継承した[2]ケンブリッジ大学と法学院で学んだ後、1590年頃から女王エリザベス1世の宮廷に仕えるようになった[3]

サウサンプトン伯の肖像画

文芸者の保護に熱心であり、特にウィリアム・シェイクスピアのパトロンだったことで知られる。シェイクスピアの『ヴィーナスとアドーニス』と『ルークリース凌辱』は金銭援助のお礼としてシェイクスピアからサウサンプトン伯に献呈されたものである[3]

宮廷内では女王の寵臣である第2代エセックス伯ロバート・デヴァルーの側近であり、1596年から1597年にかけてのエセックス伯のカディスアゾレス諸島への遠征に従軍した[3]

1598年にはエリザベス女王の女官であるエリザベス・ヴァーノンとひそかに結婚したことで女王の不興を買い、エセックス伯の弁護もむなしく、一時彼女とともにフリート監獄に投獄されている[4]

1599年3月から9月にかけてエセックス伯率いるアイルランド反乱鎮圧軍に従軍した。この際エセックス伯はサンサンプトン伯を鎮圧軍の騎兵隊司令官にしようとしたが、女王が許可しなかったため、エセックス伯の個人的友人として従軍することになった[5]。しかし結局この鎮圧軍は反乱鎮圧に失敗しており、エセックス伯とサウサンプトン伯は9月にもロンドンへ逃げ帰ってきた。エセックス伯への女王の寵愛もいよいよ失われ、宮廷内の権力はロバート・セシルに傾いていった[6]

不満を抱くエセックス伯派は1601年1月末から2月初旬にかけてサウサンプトン伯の屋敷に集まって陰謀を企てるようになり、2月8日にもクーデタを決行した。しかしその日のうちに鎮圧されてエセックス伯とサウサンプトン伯はロンドン塔に投獄された。二人は2月19日に裁判にかけられ、大逆罪で死刑判決を受けた。このときエセックス伯は自らの死刑を受け入れる代わりに若いサウサンプトン伯に女王の慈悲がほしいと乞うた。これが功を奏したのか、サウサンプトン伯はロンドン塔終身投獄に減刑されている[7][3]

1603年にエリザベス女王が崩御してジェームズ1世が即位するとただちに釈放された。剥奪されていた爵位も回復し、1604年からはハンプシャー知事英語版に就任した[2]。さらにかつてエセックス伯が所持していたワイン輸入税の独占権も手に入れている[8]

1605年からはバージニア植民地東インド会社の経営などに参加して主に植民地関連で活躍するようになる[9]

1618年頃のサウサンプトン伯(ダニエル・マイテンス画)

ジェームズ1世の宮廷内では第3代ペンブルック伯爵ウィリアム・ハーバートらとともにプロテスタント派として行動し、初代ノーサンプトン伯爵ヘンリー・ハワードや初代サフォーク伯爵トマス・ハワードらカトリックのハワード家と対立した。後に初代バッキンガム公となるジョージ・ヴィリアーズがハワード派の初代サマセット伯爵ロバート・カーに取って代わるのを支援した[10]

三十年戦争に志願兵を率いて従軍していた際の1624年11月10日オランダベルヘン・オプ・ゾームで戦病死した[1][9]

栄典[編集]

爵位[編集]

1581年10月4日に父が死去し、以下の爵位を継承した[2]

1601年2月19日大逆罪で有罪となり、爵位没収。1603年7月21日に爵位復活[2]

勲章[編集]

家族[編集]

1598年にジョージ・ヴァーノンの娘でエリザベス女王の女官であるエリザベス英語版(-1655)と結婚。彼女との間に以下の5子を儲ける[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ Wriothesleyの発音は、Patrick Montague-Smith Debrett's Correct Form (1st ed.)(1977)によれば[ˈraɪzli](古風)、[ˈrɒtsli](今日的)、J.C.Wells Longman Pronunciation Dictionary (3rd ed.) (2008)によれば[ˈraɪəθsli]

出典[編集]

  1. ^ a b Lundy, Darryl. “Henry Wriothesley, 3rd Earl of Southampton” (英語). thepeerage.com. 2015年12月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Heraldic Media Limited. “Southampton, Earl of (E, 1547 - 1667)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月17日閲覧。
  3. ^ a b c d 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 702.
  4. ^ 石井美樹子 2009, p. 512-513.
  5. ^ 石井美樹子 2009, p. 522.
  6. ^ 石井美樹子 2009, p. 522-532.
  7. ^ 石井美樹子 2009, p. 539-543.
  8. ^ 石井美樹子 2009, p. 543.
  9. ^ a b 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 703.
  10. ^ 塚田富治 2001, p. 54.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
初代デヴォンシャー伯英語版
ハンプシャー知事英語版
1604年–1624年
初代デヴォンシャー伯英語版と共同で(1604–1606)
次代:
初代コンウェイ男爵英語版
先代:
第2代ハンズドン男爵英語版
ハンプシャー首席治安判事英語版
1605年以前–1624年
次代:
サー・ヘンリー・ウォロップ英語版
イングランドの爵位
先代:
ヘンリー・リズリー英語版
第3代サウサンプトン伯爵
1581年1601年剥奪
1603年回復-1624年
次代:
トマス・リズリー英語版