サンダーランド伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サンダーランド伯爵
スペンサー家の紋章
Quarterly argent and gules in the second and third quarters a fret or overall on a bend sable three escallops argent.
創設時期 1643年6月8日
創設者 チャールズ1世
貴族 イングランド貴族
初代 3代スペンサー男爵ヘンリー・スペンサー
現所有者 12代マールバラ公爵チャールズ・スペンサー=チャーチル
相続人 ブランドフォード侯爵ジョージ・スペンサー=チャーチル英語版
相続資格 初代伯爵の嫡出の男系男子
付随称号 ウォームレイトンのスペンサー男爵

サンダーランド伯爵: Earl of Sunderland)は、イギリス伯爵位。イングランド貴族

過去に2度創設されており、現存する2期目のサンダーランド伯爵位は、ウォームレイトンの第3代スペンサー男爵ヘンリー・スペンサー1643年に叙されたことに始まる。第5代サンダーランド伯爵チャールズ・スペンサーの代の1733年マールバラ公爵位を継承したため、それ以降はマールバラ公爵位の従属爵位の一つとなっている。2015年現在のサンダーランド伯爵位保持者は第12代マールバラ公爵チャールズ・スペンサー=チャーチルである。

歴史[編集]

スクループ家(第1期)[編集]

ボルトンの第11代スクループ男爵英語版エマヌエル・スクループ英語版(1584-1630)1627年6月19日にサンダーランド伯爵に叙されたのが最初の創設である。しかし彼には男子がなかったため、彼の死とともに廃絶している(スクループ男爵位は休止状態となっている)[1][2]

スペンサー=チャーチル家(第2期)[編集]

第2期のサンダーランド伯爵は、ウォームレイトンの第3代スペンサー男爵ヘンリー・スペンサー(1620–1643)が、ピューリタン革命のさなかの1643年6月8日に叙されたのに始まる[3][4]。彼にこの爵位が与えられたのは彼が王党派に属しており、国王に多額の寄付をしていたためと思われる。しかし受爵からまもなく議会軍との戦闘で戦死している[5]

その息子である第2代サンダーランド伯爵ロバート・スペンサー(1640–1702)王政復古後の政界で活躍した。カトリックジェームズ2世が即位すると彼に合わせてカトリックに改宗したが、ジェームズ2世の旗色が悪くなるや見限ってオランダへ亡命し、オラニエ公ウィレム(ウィリアム3世)の側近となり、プロテスタントに回心、名誉革命後もウィリアム3世に側近として重用され続けた。こうした経歴のため無節操と批判されることが多い人物である[6][7]

その息子である第3代サンダーランド伯爵チャールズ・スペンサー(1675–1722)は、ホイッグ党幹部ジャントーの一人として18世紀初頭の政界で中枢として活躍した。1721年南海泡沫事件で失脚するまで様々な閣僚職を歴任した[8][9]。彼は初代マールバラ公爵ジョン・チャーチルの娘アンと結婚し、その間に第4代サンダーランド伯ロバート・スペンサー(1701–1729)と第5代サンダーランド伯チャールズ・スペンサー(1706–1758)を儲けた[3]

この血縁関係から第5代サンダーランド伯爵チャールズは、1733年10月24日に伯母の第2代マールバラ公爵ヘンリエッタ・チャーチルから第3代マールバラ公爵位を継承した。以降サンダーランド伯爵位はマールバラ公爵位の従属爵位の一つとして続いていく。2015年現在のサンダーランド伯爵位保持者は第12代マールバラ公爵チャールズ・スペンサー=チャーチル(1955-)である[10]

マールバラ公爵家の法定推定相続人はブランドフォード侯爵の儀礼称号を使用し、さらにその法定推定相続人はサンダーランド伯爵の儀礼称号を使用する。

一覧[編集]

サンダーランド伯 第一期 (1627年)[編集]

ウォームレイトンのスペンサー男爵 (1603年)[編集]

サンダーランド伯 第2期 (1643年)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Heraldic Media Limited. “Sunderland, Earl of (E, 1627 - 1630)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年11月17日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “Emmanuel Scrope, 1st Earl of Sunderland” (英語). thepeerage.com. 2015年11月17日閲覧。
  3. ^ a b Heraldic Media Limited. “Sunderland, Earl of (E, 1643)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年11月17日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “Henry Spencer, 1st Earl of Sunderland” (英語). thepeerage.com. 2015年11月17日閲覧。
  5. ^ 海保眞夫 1999, p. 16-17.
  6. ^ 海保眞夫 1999, p. 17-18.
  7. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 728.
  8. ^ 海保眞夫 1999, p. 18.
  9. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 728-729.
  10. ^ Heraldic Media Limited. “Marlborough, Duke of (E, 1702)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年11月17日閲覧。

参考文献[編集]

  • 海保眞夫『イギリスの大貴族』平凡社平凡社新書020〉、1999年。ISBN 978-4582850208
  • 松村赳富田虎男『英米史辞典』研究社、2000年。ISBN 978-4767430478

関連項目[編集]