ヘンリー・ハワード (初代ノーサンプトン伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初代ノーサンプトン伯爵
ヘンリー・ハワード
Henry Howard
1st Earl of Northampton
Portrait of Henry Howard, Earl of Northampton - English School.jpg
生年月日 1540年2月25日
出生地 イングランド王国の旗 イングランド王国ノーフォークショットシャム英語版
没年月日 (1614-06-15) 1614年6月15日(74歳没)
出身校 ケンブリッジ大学キングス・カレッジ、ケンブリッジ大学トリニティ・ホール英語版
称号 初代ノーサンプトン伯爵ガーター勲章ナイト(KG)、枢密顧問官(PC)

在任期間 1612年6月17日 - 1613年6月24日
国王 ジェームズ1世

イングランドの旗 貴族院議員
在任期間 1604年3月13日 - 1614年6月15日
テンプレートを表示

初代ノーサンプトン伯爵、ヘンリー・ハワード英語: Henry Howard, 1st Earl of Northampton, KG, PC1540年2月25日 - 1614年6月15日)は、イングランドの政治家、貴族。

ノーフォーク公爵ハワード家の分流の生まれでカトリックであったが、ステュアート朝初期のジェームズ1世の宮廷で重用され、1604年にノーサンプトン伯爵に叙され、1611年からは第一大蔵卿を務めて財政を見たが、1614年に死去。甥の初代サフォーク伯トマス・ハワードがその政治的立場を継承する。

経歴[編集]

1540年2月25日サリー伯爵(儀礼称号)ヘンリー・ハワード(第3代ノーフォーク公爵トマス・ハワードの嫡男)とその夫人フランセス英語版(旧姓ド・ヴィアー。第15代オックスフォード伯爵ジョン・ド・ヴィアー英語版の娘)の間の次男としてノーフォークショットシャム英語版に生まれる[1]。兄に第4代ノーフォーク公爵位を継承するトマス・ハワードがいるが、この兄は1572年に処刑・爵位剥奪された[2]

ケンブリッジ大学キングス・カレッジトリニティ・ホール英語版で学ぶ[1]

1570年からエリザベス1世の宮廷につかえたが、カトリックであったため嫌厭され、1583年にはイングランド監禁中の元スコットランド女王メアリーと接触したとされて一時投獄された[3]1601年2月にはパトロンだった第2代エセックス伯爵ロバート・デヴァルーを裏切って彼のクーデタ計画を密告したといわれる[3]

スコットランド王ジェームズ6世がジェームズ1世としてイングランド王に即位すると重用されるようになる。1603年には枢密顧問官に列し[1]、同年のウォルター・ローリーの裁判では審問委員を務めた[3]1604年3月13日にはノーサンプトン伯爵に叙せられ[1]、同年五港長官英語版に就任した[3]1605年にはガイ・フォークスの裁判で審問委員を務めた[3]。1608年には王璽尚書に就任した[3]

1611年に大蔵卿初代ソールズベリー伯爵ロバート・セシルが死去すると大蔵卿のポストは空席となり、委員会制になったが、ノーサンプトン伯がその第一卿英語版として実質的な後任となった。ロンドンの商人ライオネル・クランフィールド英語版を抜擢して財政改革にあたらせた[4]

しかしカトリックだったノーサンプトン伯は、国王秘書長官英語版ラルフ・ウィンウッド英語版侍従長英語版ペンブルック伯ウィリアム・ハーバートら宮中内のプロテスタント勢力との対立を深めた[5]

1613年には親族のサマセット伯爵夫人フランセスに協力してトマス・オーヴァーベリー英語版の殺害に一役買ったといわれている[3]

1614年6月15日に死去した。生涯結婚せず、子供がなかったため、保有爵位は彼の死とともに廃絶した[1]

彼の政治的立場は甥の初代サフォーク伯トマス・ハワードに継承されるが、サフォーク伯は最終的にプロテスタント勢力の後押しを受けるバッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズとの闘争に敗れて失脚している[6]

栄典[編集]

爵位[編集]

1604年3月13日に以下の爵位を新規に与えられた[1]

勲章[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Lundy, Darryl. “Henry Howard, 1st Earl of Northampton” (英語). thepeerage.com. 2015年12月3日閲覧。
  2. ^  "Howard, Henry, Earl of Northampton". Dictionary of National Biography. London: Smith, Elder & Co. 1885–1900. 
  3. ^ a b c d e f g 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 338.
  4. ^ 今井宏(編) 1990, p. 155.
  5. ^ 今井宏(編) 1990, p. 162.
  6. ^ 今井宏(編) 1990, p. 162-163.

参考文献[編集]

公職
先代:
第11代コバム男爵英語版
五港長官英語版
1604年–1614年
次代:
初代サマセット伯
先代:
初代ソールズベリー伯
王璽尚書
1608年–1614年
先代:
無し
(最後の在任者:初代ハンズドン男爵英語版)
ノーフォーク知事英語版
1605年–1614年
次代:
第21代アランデル伯
先代:
初代ソールズベリー伯
(大蔵卿)
第一大蔵卿英語版
1612年–1613年
次代:
初代エレズミア男爵
イングランドの爵位
新設 初代ノーサンプトン伯爵
1604年–1614年
廃絶
マン島の爵位
先代:
無し
(最後の在任者:第5代ダービー伯英語版)
マン卿英語版
1607年–1608年
次代:
初代ソールズベリー伯