トマス・ハワード (第21代アランデル伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第21代アランデル伯
トマス・ハワード
Thomas Howard
21st Earl of Arundel
アランデル伯爵ハワード家
Anthony van Dyck - Thomas Howard, Second Earl of Arundel - Google Art Project.jpg
1620年から1621年頃に描かれたアランデル伯(アンソニー・ヴァン・ダイク画)
続柄 先代の長男
称号 第21代アランデル伯爵、第4代サリー伯爵、初代ノーフォーク伯爵、第14代モウブレー男爵、第15代セグレイブ男爵、第11代マルトレイヴァース男爵英語版、フィッツアラン=クラン=オズワルデスタ男爵、ガーター勲章勲爵士(KG)、枢密顧問官(PC)
敬称 My Lord
出生 1586年7月7日
イングランド王国の旗 イングランド王国 エセックスフィンチングフィールド英語版
死去 (1646-10-04) 1646年10月4日(60歳没)
Flag of Most Serene Republic of Venice.svg ヴェネツィア共和国パドヴァ
配偶者 アレシア(旧姓タルボット)英語版
子女 長男マルトレイヴァース卿ジェイムズ
次男22代アランデル伯ヘンリー
三男初代スタッフォード子爵ウィリアム
父親 20代アランデル伯フィリップ
母親 アン(旧姓デイカー)英語版
役職 軍務伯(1622年-1646年)、王室家政長官英語版(1640年-1641年)、枢密顧問官貴族院議員
テンプレートを表示

第21代アランデル伯爵トマス・ハワード英語: Thomas Howard, 21st Earl of Arundel, KG, PC1586年7月7日 - 1646年10月4日)は、イングランドの貴族。

第20代アランデル伯爵フィリップ・ハワードの子でステュアート朝前期に官職を歴任した。

経歴[編集]

第21代アランデル伯トマス・ハワード(ピーテル・パウル・ルーベンス画)

1586年7月7日に第20代アランデル伯爵フィリップ・ハワードとその妻アン英語版(第4代デイカー男爵英語版トマス・デイカー英語版の娘)の一人息子としてエセックスフィンチングフィールド英語版に生まれた[1][2][3]

儀礼称号でマルトレイヴァース卿(Lord Maltravers)と呼ばれていたが、1589年には父が大逆罪で私権剥奪されたので1595年に父がロンドン塔で獄死したとき、彼に爵位と土地の継承権はなかった[1]

ウェストミンスター・スクールを経てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで学んだ[1]

ジェームズ1世が即位した後の1604年4月18日の議会で血統の回復が行われ[1]、父が保有していたアランデル伯爵位、および祖父第4代ノーフォーク公トマスが保有していた爵位のうちサリー伯爵位とモウブレー男爵セグレイブ男爵について継承が認められた[2][3]1609年には病気療養のために低地諸国やフランス、イタリアなどを旅行した[1]

母からはローマ・カトリック教徒として育てられたが、1615年12月に国教会に加入している(母はこれに反対し、彼をローマ・カトリックに戻すべく説得を続けた)。この改宗は政治的な理由であるとして非難されたが、彼はプロテスタントの飾り気のない儀式に惹かれていた[1]

1615年4月にはノーフォーク州統監英語版に就任[3]1616年7月には枢密顧問官に列し[3]、その翌年にはスコットランドとアイルランドの枢密顧問官にも就任した[1]。1616年9月には軍務伯委員会の委員となる[3]1620年11月にはニューイングランドプランテーション委員会の委員となった[1]

1621年4月には大法官フランシス・ベーコン)に不利な証拠について検討する貴族院委員会を主宰し、ベーコンを擁護した[1]。ベーコン失脚後の同年5月から7月にかけては王璽尚書委員会の共同委員に就任。1621年5月8日にイェルバートン英語版事件[注釈 1]が貴族院で審議された際、彼はイェルバートンの貴族院証人喚問に反対したが、その件でウォームレイトンの初代スペンサー男爵ロバート・スペンサーと激しい口論になり、この時の暴言が原因で貴族院から懲罰を受けて一時ロンドン塔に投獄された[1]

1621年8月に軍務伯に就任した[3][1]。1625年のジェームズ1世の大葬ではサポーターの一人を務めた[1]

チャールズ1世即位後は国王寵臣の初代バッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズと敵対するようになったため、国王の命令でロンドン塔ついで自邸に軟禁された。貴族院でその件についての批判が高まり、アランデル伯釈放が要求されたため、1626年6月に一時的に解放されたが、その月のうちに再び軟禁され、それは再度貴族院がアランデル伯の釈放を要求する1628年3月まで続いた[1]

その後、初代ポートランド男爵リチャード・ウェストン英語版の仲介で国王と和解し、枢密顧問官に復帰した[1]。ボヘミア王フリードリヒ1世が崩御した直後の1632年12月にはフリードリヒ1世の王妃エリザベス(ジェームズ1世の娘)を迎えにハーグに派遣されたが、彼女は帰国を拒否した[1]

1633年から1635年にかけてはフリーメイソンのグランドマスターを務めた[3][2]。1633年にはノーサンバランド統監英語版ウェストモーランド統監英語版カンバーランド州統監英語版に就任(すべて共同就任)[3][2]。1634年にはトレント北部の巡回裁判官英語版に就任した[1]

1636年4月にはプファルツ問題を議するためにウィーンに派遣された[1]

1640年から1641年にかけて王室家政長官英語版を務め、1641年の初代ストラフォード伯トマス・ウェントワースの裁判の際には大家令英語版を務めた[3]

1644年6月には祖父が保有していたノーフォーク公爵位の復権の請願を行ったが、認められず、代わりにノーフォーク伯爵位を新規に与えられた[3]

1642年2月半ばに王妃ヘンリエッタ護衛の名目でピューリタン革命に揺れるイングランドを離れた。ヘンリエッタとはすぐに別れ、フランスを経てイタリアへ向かった[1]1646年10月4日ヴェネツィア共和国パドヴァで死去した。爵位は次男のヘンリー・ハワードが継承した[3]

人物[編集]

美術品収集を趣味としており、そのために多額の財産を浪費した[4]

フランシス・ベーコンと親しかった。ベーコンは病気治療のために駆け込んだアランデル伯の屋敷で死去している。ベーコンが書き残した最後の手紙もアランデル伯に宛てた「閣下の管理人から丁重な扱いを受けた」ことに感謝を示す手紙であった[5]

栄典[編集]

爵位[編集]

1604年4月18日の議会法により父フィリップや祖父トマスが保有していた剥奪爵位のうち以下の爵位の継承が認められた[2][3]

1627年の議会法により以下の爵位がアランデル伯爵に恒久的に付属する爵位として認められた[2][3]

  • 第11代マルトレイヴァース男爵英語版 (11th Baron Maltravers)
    (1330年6月5日の議会召集令状によるイングランド貴族爵位)
  • 初代フィッツアラン=クラン=オズワルデスタ男爵 (1st Baron FitzAlan, Clun and Oswaldestre)
    (議会法によるイングランド貴族爵位)

1644年6月6日勅許状で以下の爵位を新規に叙される[2][3]

勲章[編集]

家族[編集]

1606年に第7代シュルーズベリー伯爵ギルバート・タルボット英語版の娘アレシア英語版と結婚した。彼女はシュルーズベリー伯爵家の財産の女子相続人であったので[注釈 2]、美術品収集で破産の危機に瀕していたアランデル伯爵家の家計を救った[4]。彼女との間に以下の3人の男子を儲けている[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ヘンリー・イェルバートン英語版が庶民院で初代バッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズを批判してロンドン塔送りになった事件。
  2. ^ シュルーズベリー伯爵位の継承は男系男子に限定されるので伯爵位そのものは彼女の叔父エドワード・タルボット英語版に継承されている[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r  "Howard, Thomas (1586-1646)". Dictionary of National Biography. London: Smith, Elder & Co. 1885–1900. 
  2. ^ a b c d e f g h i Heraldic Media Limited. “Arundel, Earl of (E, c.1139)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2011年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Lundy, Darryl. “Thomas Howard, 21st Earl of Arundel” (英語). thepeerage.com. 2016年6月23日閲覧。
  4. ^ a b c 海保眞夫 1999, p. 246.
  5. ^ 海保眞夫 1999, p. 183-184.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
初代ドーセット伯爵
サセックス州首席治安判事英語版
1608年以前 - 1636年
次代:
マルトレイヴァース男爵
先代:
フィリップ・ウッドハウス準男爵英語版
ノーフォーク州首席治安判事英語版
1617年 - 1636年
先代:
サー・フランシス・ハワード
サリー州首席治安判事英語版
1624年 - 1636年
委員会制 軍務伯
1622年 - 1646年
次代:
第22代アランデル伯爵
先代:
第4代カンバーランド伯爵英語版
カンバーランド男爵英語版
第2代サフォーク伯爵英語版
第10代ノーサンバランド伯爵英語版
ノーサンバランド統監英語版
共同就任者
マルトレイヴァース男爵
第4代カンバーランド伯爵英語版
カンバーランド男爵英語版
第2代サフォーク伯爵英語版
第10代ノーサンバランド伯爵英語版

1632年 - 1639年
次代:
第10代ノーサンバランド伯爵英語版
ウェストモーランド統監英語版
共同就任者
マルトレイヴァース男爵
第4代カンバーランド伯爵英語版
カンバーランド男爵英語版
第2代サフォーク伯爵英語版
第10代ノーサンバランド伯爵英語版

1632年 - 1639年
次代:
第4代カンバーランド伯爵英語版
カンバーランド男爵英語版
カンバーランド州統監英語版
共同就任者
マルトレイヴァース男爵 1632年 – 1642年
第4代カンバーランド伯爵英語版 1632年 – 1639年
カンバーランド男爵英語版 1632年 – 1639年
第2代サフォーク伯爵英語版 1632年 – 1639年
第10代ノーサンバランド伯爵英語版 1632年 – 1639年

1632年 - 1642年
空位
先代:
初代ノーサンプトン伯爵
ノーフォーク州統監英語版
マルトレイヴァース男爵 1633年 – 1642年

1615年 - 1642年
先代:
第2代ノッティンガム伯爵英語版
初代ウィンブルドン子爵英語版
サリー州統監英語版
共同就任者
第2代ノッティンガム伯爵英語版 1635年 – 1642年
初代ウィンブルドン子爵英語版 1635年 – 1638年
マルトレイヴァース男爵 1636年 – 1642年

1635年 - 1642年
空席
最後の在任者
第3代ペンブルック伯爵
王室家政長官英語版
1640年 - 1641年
次代:
初代リッチモンド公
司法職
先代:
第6代ラトランド伯爵英語版
巡回裁判官英語版
トレント北部

1634年 - 1646年
次代:
第8代ラトランド伯爵英語版
イングランドの爵位
1589年から剥奪
最後の保持者
フィリップ・ハワード
第21代アランデル伯爵
第11代マルトレイヴァース男爵英語版

1604年 - 1646年
次代:
ヘンリー・ハワード
1572年から剥奪
最後の保持者
トマス・ハワード
第4代サリー伯爵
1604年 - 1646年
第14代モウブレー男爵
第15代セグレイヴ男爵

1604年 - 1646年
新設 初代ノーフォーク伯爵
1644年 - 1646年