ジェイムズ・ステュワート (初代リッチモンド公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初代リッチモンド公
ジェイムズ・ステュワート
James Stewart
1st Duke of Richmond
リッチモンド公レノックス公ステュワート家
James Stuart Louvre.jpg
アンソニー・ヴァン・ダイク画のリッチモンド公
続柄 3代レノックス公の長男
称号 初代リッチモンド公爵、4代レノックス公爵、2代マーチ伯爵英語版、4代レノックス伯爵英語版、4代ダーンリー伯爵、3代クリフトン男爵英語版、2代ステュアート男爵、4代ダーンリー=オウビニー=ダルキース卿、4代オウビニー=ダルキース=トーボルトン=アバーダー卿、ガーター勲章勲爵士(KG)
出生 1612年4月6日
死去 (1655-03-30) 1655年3月30日(42歳没)
埋葬 1655年4月18日
ウェストミンスター寺院
配偶者 メアリー(旧姓ヴィリアーズ)
子女 2代レノックス公英語版、メアリー・ステュワート
父親 3代レノックス公英語版
母親 2代クリフトン女男爵英語版
テンプレートを表示
初代リッチモンド公の肖像画(アンソニー・ヴァン・ダイク画)

初代リッチモンド公爵・第4代レノックス公爵ジェイムズ・ステュワート: James Stewart, 1st Duke of Richmond, 4th Duke of Lennox1612年4月6日 - 1655年3月30日)は、スコットランドおよびイングランドの貴族。

1624年に父からスコットランド貴族爵位レノックス公爵位を継承し、1641年にはイングランド貴族爵位リッチモンド公爵位に叙された。

経歴[編集]

1612年4月6日スコットランド貴族の第3代レノックス公爵エズメ・ステュワート英語版とその妻第2代クリフトン女男爵英語版キャサリン・クリフトン英語版の長男として生まれる[1][2]

1633年ガーター勲章を受勲し、スコットランドとイングランドの枢密顧問官に列する[1][2]。1637年には母からクリフトン男爵位を継承した[1][3]

1640年から1642年にかけて五港長官英語版を務めた[1][2]。1641年には宮内長官英語版に就任[1][2]

1641年8月にイングランド貴族爵位のリッチモンド公爵に叙せられた。この爵位は特別継承権で弟ジョージ・ステュアートにも継承が認められている[1][2]

ピューリタン革命では王党派として行動し、1645年には皇太子評議会議長(President of the Council of the Prince of Wales)となる[1][2]。同年のネイズビーの戦いにも参加した[2]

共和政期の1655年3月30日に死去。4月18日にロンドン・ウェストミンスター寺院に葬られた[2]。爵位は長男エズメ・ステュワート英語版が継承した[1][2]

栄典[編集]

爵位[編集]

1580年3月5日に父の死により以下の爵位を新規に与えられた[1]

  • 第4代レノックス公爵 (4th Duke of Lennox)
    1581年8月5日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第2代マーチ伯爵英語版 (2nd Earl of March)
    1619年6月7日の勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • 第4代レノックス伯爵英語版 (4th Earl of Lennox)
    1580年3月5日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第4代ダーンリー伯爵 (4th Earl of Darnley)
    (1581年8月5日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • レイトン・ブロムズウォルドのレイトン・ボルムズウォルドの第2代ステュアート男爵 (2nd Baron Stuart of Leighton Bromswold, of Leighton Bromswold)
    (1619年6月7日の勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • 第4代ダーンリー=オウビニー=ダルキース卿 (4th Lord Darnley, Aubigny and Dalkeith)
    (1580年3月5日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第4代オウビニー=ダルキース=トーボルトン=アバーダー卿 (4th Lord Aubigny, Dalkeith, Torboltoun and Aberdour)
    (1581年8月5日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)

1637年8月21日に母の死により以下の爵位を継承した[1][3]

1641年8月8日に以下の爵位を新規に叙せられた[1]

勲章[編集]

家族[編集]

初代バッキンガム公爵ジョージ・ヴィリアーズの娘メアリーと結婚。彼女との間に以下の2子を儲けた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Heraldic Media Limited. “Lennox, Duke of (S, 1581 - 1672)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j Lundy, Darryl. “James Stuart, 4th Duke of Lennox” (英語). thepeerage.com. 2016年1月16日閲覧。
  3. ^ a b Heraldic Media Limited. “Lennox, Duke of (S, 1581 - 1672)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]

名誉職
先代:
初代ポートランド伯爵英語版
ハンプシャー知事英語版
共同就任者
第4代サウサンプトン伯爵英語版 1641–1646
第2代ポートランド伯爵英語版

1635年 – 1646年
次代:
共和政で廃止
公職
先代:
第2代サフォーク伯爵英語版
五港長官英語版
1641年 – 1642年
次代:
エドワード・ボイズ英語版
スコットランドの爵位
先代:
エズメ・ステュワート英語版
第4代レノックス公爵
1624年 – 1655年
次代:
エズメ・ステュワート英語版
イングランドの爵位
先代:
キャサリン・クリフトン英語版
第3代クリフトン男爵英語版
1637年 – 1655年
次代:
エズメ・ステュワート英語版
先代:
新設
初代リッチモンド公爵
1641年 – 1655年
次代:
エズメ・ステュワート英語版