スコットランド貴族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スコットランド貴族Peerage of Scotlandスコットランド・ゲール語:Moraireachd na h-Alba)は、1707年合同法以前にスコットランド王国で創設された貴族の総称。1707年のイングランド王国との合同後、グレートブリテン王国が成立したため、その後授爵された貴族にはグレートブリテン貴族が導入された。

合同後、スコットランド貴族は貴族院に16名の貴族代表議員を送っていた。1963年貴族法によって、全てのスコットランド貴族が貴族院に議席を持てるようになった[1]。しかし1999年貴族院法英語版の可決によってその権利を失っている。その他の多くの貴族とは異なり、スコットランド貴族称号の多くは女系による継承(爵位保持者の娘が継承する場合に限り)が可能である。

スコットランド貴族は、公爵侯爵伯爵子爵ロード・オブ・パーラメントで構成される[1]。スコットランドの子爵はイングランド貴族アイルランド貴族グレートブリテン貴族連合王国貴族とは異なり、爵位を称する際ofを用いる(例:Viscount of Oxfuird)。しかしこれは理論上の定義であり、多くの子爵はofを省いている。スコットランドの貴族は、スコットランド議会に議席を持っていた。

スコットランドの男爵は、ロード・オブ・パーラメントの下になる。男爵は高貴だが、貴族称号とは従来考えられていない。スコットランドの男爵称号は、他の貴族とは違い売買できるからである。

現存するスコットランド貴族一覧[編集]

公爵家[編集]

侯爵家[編集]

伯爵家[編集]

子爵家[編集]

ロード・オブ・パーラメント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Heraldic Media Limited. “TThe Peerage of Scotland” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2017年10月6日閲覧。

関連項目[編集]