ウィリアム・ハーバート (第3代ペンブルック伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィリアム・ハーバート
William Herbert
第3代ペンブルック伯
WilliamHerbert3rdEarlofPembroke.jpg
第3代ペンブルック伯の肖像画(ダニエル・マイテンス画、1625年)

出生 (1580-04-08) 1580年4月8日
死去 (1630-04-10) 1630年4月10日(50歳没)
配偶者 メアリー・タルボット
父親 第2代ペンブルック伯ヘンリー・ハーバート英語版
母親 メアリー・シドニー英語版
テンプレートを表示

第3代ペンブルック伯爵ウィリアム・ハーバート英語: William Herbert, 3rd Earl of Pembroke, KG, 1580年4月8日 - 1630年4月10日)は、イングランドの貴族。

経歴[編集]

第3代ペンブルック伯の肖像画(ダニエル・マイテンス画)

1580年4月8日に第2代ペンブルック伯爵ヘンリー・ハーバート英語版とその妻でヘンリー・シドニー英語版の娘メアリー・シドニー英語版の間の長男として生まれる。母方の伯父にフィリップ・シドニー、弟に第4代ペンブルック伯爵となるフィリップ・ハーバートがいる[1]

1601年の父の死で爵位とウィルトシャーの領地を相続したが[2]、愛人メアリー・フィットン英語版が庶子を死産したことがエリザベス1世の怒りに触れ、ペンブルック伯は投獄された上大陸へ追放、女王が死ぬまで許されなかった[3]

ジェームズ1世に代替わりすると一転して厚遇されスズ鉱山裁判所長官英語版コーンウォール知事英語版(在職:1604年 - 1630年)、家政長官英語版(在職:1615年 - 1625年)、軍務伯委員会委員(在職:1616年 - 1621年)、サマセット知事英語版ウィルトシャー知事英語版(在職:1621年 - 1630年)、宮内長官英語版(在職:1626年 - 1630年)等の官職を歴任した[4]。1616年から1630年にかけてはオックスフォード大学学長英語版を務めた[4]1618年から1630年にかけてフリーメイソンのグランドマスターを務めた[4]

庭園造営の趣味があり、ウィルトシャー・ソールズベリーウィルトン・ハウス英語版イニゴー・ジョーンズの弟子アイザック・ド・コーズ英語版が庭園を造営、詩人ジョン・テイラー英語版が訪れて称賛した庭園は後の世代に引き継がれた。また学芸庇護者として名高くベン・ジョンソンらを庇護、ジョン・オーブリーから当代随一の学芸庇護者と絶賛された。ジェームズ1世からも気に入られ、国王は1620年1623年にウィルトンを行幸している[5]

1623年、ウィリアム・シェイクスピアの作品集『ファースト・フォリオ』を編集したジョン・ヘミングスとヘンリー・コンデルから献呈され、弟フィリップ共々「世に並ぶものなき兄弟」と称えられた。一方、『ソネット集』で言及される「W・H氏」に擬せられ、愛人メアリー・フィットンも同じソネット集に登場する黒い肌の女性ではないかとされている[3][6]

ステュアート朝初期の宮廷において国王秘書長官英語版ラルフ・ウィンウッド英語版とともに強硬なプロテスタントとして知られ、カトリックの初代サフォーク伯トマス・ハワードらと鋭く対立した。特にサフォーク伯らが親スペイン政策を唱えることに警戒感を持っていた。その対抗としてジョージ・ヴィリアーズ(後の初代バッキンガム公)を国王側近として出世させ、サフォーク伯らカトリックを国王から遠ざけさせた[7]

1630年4月10日に死去。子が無かったため爵位は弟のフィリップが継承した[4][6]

栄典[編集]

爵位[編集]

1601年1月19日に父の死により以下の爵位を継承した[4]

(1551年10月11日創設イングランド貴族爵位)
  • グラモーガン州におけるカーディフのカーディフの第3代ハーバート男爵 (3rd Baron Herbert of Cardiff, of Cardiff in the County of Glamorgan)
(1551年10月10日創設イングランド貴族爵位)

勲章[編集]

家族[編集]

1604年に第7代シュルーズベリー伯爵ギルバート・タルボット英語版の娘メアリー・ハーバート英語版と結婚したが、子供はなかった[2][4][8]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Lundy, Darryl. “Henry Herbert, 2nd Earl of Pembroke” (英語). thepeerage.com. 2015年9月29日閲覧。
  2. ^ a b ロイ・ストロング 2003, p. 246.
  3. ^ a b 高橋康也他編 2000, p. 659.
  4. ^ a b c d e f g Heraldic Media Limited. “Pembroke, Earl of (E, 1551)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年9月29日閲覧。
  5. ^ ロイ・ストロング 2003, p. 17/245-246.
  6. ^ a b ロイ・ストロング 2003, p. 292.
  7. ^ 今井宏編 1990, p. 159/163.
  8. ^ Lundy, Darryl. “William Herbert, 3rd Earl of Pembroke” (英語). thepeerage.com. 2015年9月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 今井宏編『イギリス史〈2〉近世』山川出版社〈世界歴史大系〉、1990年。ISBN 978-4634460201
  • 高橋康也他編『研究社シェイクスピア辞典』研究者出版、2000年。
  • ロイ・ストロング著、圓月勝博桑木野幸司訳『イングランドのルネサンス庭園』ありな書房、2003年。

外部リンク[編集]

公職
先代:
ジョン・ハーバート英語版
グラモーガン首席治安判事英語版
1603年 - 1630年
次代:
第4代ペンブルック伯爵
先代:
サー・ウォルター・ローリー
スズ鉱山裁判所長官英語版
コーンウォール知事英語版

1604年 - 1630年
先代:
サー・フランシス・ゴドルフィン英語版
コーンウォール首席治安判事英語版
1606年 - 1630年
先代:
初代サマセット伯爵
家政長官英語版
1615年 - 1625年
先代:
初代ハートフォード伯爵
サマセット知事英語版
ウィルトシャー知事英語版

1621年 - 1630年
先代:
サー・ウィリアム・ウイガン英語版
ペンブルックシャー首席治安判事英語版
1625年 - 1630年
先代:
第4代ウスター伯爵
モンマスシャー首席治安判事英語版
1628年 - 1630年
先代:
第2代ハミルトン侯爵
宮内長官英語版
1625年 - 1630年
次代:
第21代アランデル伯爵
司法職
先代:
初代バッキンガム公爵
巡回判事英語版
トレント南部

1629年 - 1630年
次代:
初代ホランド伯爵英語版
学職
先代:
初代ブラックリー子爵
オックスフォード大学学長英語版
1616年 - 1630年
次代:
ウィリアム・ロード
イングランドの爵位
先代:
ヘンリー・ハーバート英語版
第3代ペンブルック伯爵
1601年 - 1630年
次代:
フィリップ・ハーバート