ロバート・カー (初代サマセット伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
初代サマセット公爵ロバート・カー(ジョン・ホスキンズ画)

初代サマセット伯爵ロバート・カー英語: Robert Carr, 1st Earl of Somerset, KG1587年頃 - 1645年7月17日)は、イングランドスコットランドの廷臣、政治家、貴族

1615年頃までイングランド王ジェームズ1世(スコットランド王ジェームズ6世)の寵臣だった。1611年にロチェスター子爵、1613年にサマセット伯爵に叙された。

経歴[編集]

1587年頃にサー・トマス・カーとその妻ジャネット(旧姓スコット)の間の息子としてスコットランドに生まれた[1][2]

早くからスコットランド王ジェームズ6世の宮廷に仕え、1603年にジェームズがイングランド王に即位すると彼もジェームズに従ってロンドンへ移った[2]。君寵を得て出世し[2]1607年にはナイトに叙され[1]1611年にはロチェスター城英語版を与えられるとともにイングランド貴族爵位ロチェスター子爵に叙された[1]1612年には枢密顧問官に列するとともに国王秘書長官英語版に就任[1]1613年にはイングランド貴族爵位サマセット伯爵に叙される[1]1614年から1615年にかけては家政長官英語版五港長官英語版王璽尚書を務めた[1]

彼はジェームズ1世の宮廷内ではスコットランド系廷臣を代表する立場であり[3]、また初代ソールズベリー伯爵ロバート・セシルの死後、宮廷内の権力を握った初代ノーサンプトン伯爵ヘンリー・ハワードや初代サフォーク伯爵トマス・ハワードカトリックハワード家を支持していた[4]

詩人トマス・オーヴァーベリー英語版を宮廷内で取り立てたのはカーであった。しかし1613年にカーが初代サフォーク伯爵トマス・ハワードの娘で第3代エセックス伯爵ロバート・デヴァルー夫人フランセス・ハワードと恋仲になった際、オーヴァーベリーに結婚を反対されたことでカーとフランセスはオーヴァーベリーを恨むようになった。そして同年4月にオーヴァーベリーが外交官勤務を断って不敬としてロンドン塔投獄となった際、フランセスはオーヴァーベリーに少しずつ毒を盛って9月に彼を殺害した(毒殺の主犯はフランセスであり、カーの方は必ずしも積極的には関与しなかったという)。そして同年末に至ってフランセスとカーは結婚した[5]

しかし1614年から1615年頃にかけて君寵をジョージ・ヴィリアーズ(後の初代バッキンガム公)に奪われるようになり、その結果1616年にはオーヴァーベリー毒殺容疑で妻とともに逮捕されて失脚した。1622年に釈放されるもその後は引退生活を送った[2]

1645年7月17日に死去。男子はなく彼の死とともに保有爵位は廃絶した[1]

栄典[編集]

爵位[編集]

1611年3月25日に以下の爵位を新規に叙された[1]

1613年11月3日に以下の爵位を新規に叙された[1]

  • 初代サマセット伯爵 (1st Earl of Somerset)
    (勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • ダラム州における初代ブランセペス男爵 (1st Baron Brancepeth, in the County of Durham)
    (勅許状によるイングランド貴族爵位)

勲章[編集]

家族[編集]

1613年に初代サフォーク伯爵トマス・ハワードの娘フランセス・ハワード(1590-1632)と結婚。彼女との間に一人娘のアン・カー英語版(1615-1684)を儲けた。彼女は第5代ベッドフォード伯爵ウィリアム・ラッセル(後の初代ベッドフォード公爵)と結婚した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k Lundy, Darryl. “Robert Carr, 1st and last Earl of Somerset” (英語). thepeerage.com. 2016年7月30日閲覧。
  2. ^ a b c d 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 124.
  3. ^ 今井宏(編) 1990, p. 162.
  4. ^ 塚田富治 2001, p. 54.
  5. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 124/547.

栄典[編集]

公職
先代:
初代ソールズベリー伯爵
国王秘書長官英語版
1612年–1614年
共同就任者
ジョン・ハーバート英語版
次代:
ジョン・ハーバート英語版
サー・ラルフ・ウィンウッド英語版
先代:
初代サフォーク伯爵
家政長官英語版
1614年–1615年
次代:
第3代ペンブルック伯爵
先代:
初代ノーサンプトン伯爵
五港長官英語版
1614年–1615年
次代:
第11代ズーチ男爵英語版
王璽尚書
1614年–1616年
次代:
第4代ウスター伯爵
空席
最後の就任者
第3代ハンティンドン伯爵英語版
ダラム統監英語版
1615年–1617年
次代:
リチャード・ニール英語版
イングランドの爵位
新設 初代ロチェスター子爵
1611年–1645年
廃絶
新設 初代サマセット伯爵
1613年–1645年