ベルヘン・オプ・ゾーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベルヘン・オプ・ゾーム
ヘメーンテ
マルキーゼンホフ・ホール
マルキーゼンホフ・ホール
Flag of Bergen op Zoom
Coat of arms of Bergen op Zoom
紋章
Location of ベルヘン・オプ・ゾーム
ベルヘン・オプ・ゾームの位置(オランダ内)
ベルヘン・オプ・ゾーム
ベルヘン・オプ・ゾーム
ベルヘン・オプ・ゾームの位置(ベネルクス内)
ベルヘン・オプ・ゾーム
ベルヘン・オプ・ゾーム
ベルヘン・オプ・ゾームの位置(北欧と中欧内)
ベルヘン・オプ・ゾーム
ベルヘン・オプ・ゾーム
北緯51度30分 東経4度18分 / 北緯51.500度 東経4.300度 / 51.500; 4.300
オランダの旗 オランダ
北ブラバント州の旗 北ブラバント州
面積
(2006年)
 • 合計 93.13 km2
 • 陸地 80.76 km2
 • 水面 12.38 km2
人口
(2007年1月1日)
 • 合計 65,454人
 • 密度 810人/km2
  出典: CBS, Statline.
等時帯 UTC+1 (CET)
 • 夏時間 UTC+2 (CEST)

ベルヘン・オプ・ゾームオランダ語: Bergen op Zoom [ˈbɛrɣə(n) ɔp ˌsoːm] ( 音声ファイル))は、オランダ南部に位置する都市、ないしそれを含むヘメーンテ(基礎自治体)である。

歴史[編集]

1649年の市街。左側と右上が沼沢地で、スヘルデ川から引かれた運河と堅い防備が確認できる

都市権の取得は1266年のこととされる。1287年に周辺地域もろともブレダから分立して領区となり、1559年に辺境伯領に昇格した。1795年までいくつかの家系が世襲で治めたが、17世紀には肩書きだけの存在となった。

近世初期にネーデルラント連邦共和国屈指の城塞として、主要な武器庫が置かれた。沼沢地と氾濫しやすいポルダーに囲まれていたため、もともと天然要塞としての性格を有していた。包囲軍に港を封鎖されない限り、海からの救援や補給も期待できた。

このような地勢ゆえ、八十年戦争ではオランダ反乱軍の拠点という戦略的要衝となった。1587年のアレッサンドロ・ファルネーゼによる第一次、および1622年のアンブロジオ・スピノラによる第二次包囲はいずれも失敗に終わった。以後、この戦争で街が包囲されることはなかった。

オーストリア継承戦争下の1747年には、フランス軍にみたび包囲された。先立つ17世紀初頭のメンノ・フォン・クーホルンによる防備強化では周囲に3つの砦が築かれ、外堀にはスヘルデ川から運河が引かれた。しかし防衛の第二線を張らなかったことと要塞の不備が災いして、7日間の包囲の末に街は降伏。市街は殲滅され、兵舎では虐殺が起こった。

ベルヘン・オプ・ゾーム市[編集]

市内最古の史跡であるヘファンヘンポールト
フローテ広場
ヘルトルディス教会

15世紀から16世紀のマルキーゼンホフ・ホールは文化センターと博物館になっており、企画展も開かれる。

主な雇用主はSABICイノベーティブ・プラスチックスとフィリップモリスの二社で、いずれも市内に大規模工場を置いている。

交通[編集]

オランダ鉄道のベルヘン・オプ・ゾーム駅がある。

ゆかりの芸術家[編集]

古来、この地には多くの文化人が居を構えてきた。以下に挙げる人物はその一例である。

  • ヤーコプ・オブレヒト(1457年 - 1505年) - 作曲家
  • デジデリウス・エラスムス(1466年 - 1536年) - 人文主義者、哲学者、作家
  • ロヴェイス・ポルコイン(1511年 - 1573年) - 作家
  • アベル・フリンマー(1570年 - 1619年) - 芸術家
  • サミュエル・デ・スヴァエフ(1597年 - 1636年) - 印刷工、作家
  • ヘリト・ハウックヘースト(1600年 - 1661年) - 画家
  • マルクス・ズーリウス・ボクスホルン(1612年 - 1653年) - 歴史家、作家
  • ベルナルドゥス・ボッシュ(1746年 - 1803年) - 政治家、出版業者、作家
  • ローデヴェイク・ファン・デイセル(1864年 - 1952年) - 評論家、小説家
  • マルゴー・シャルテン=アンティンク(1868年 - 1957年) - 小説家
  • ヴィレム・ファン・ドールト(1875年 - 1922年) - 画家
  • A・M・デ・ヨング(1888年 - 1943年) - 政治家、小説家
  • アントン・ファン・ドインケルケン(1903年 - 1968年) - 詩人、評論家

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • A Ballad on the Taking of Bergen-Op Zoom. London: M. Cooper, 1747.
  • Bot, Marie-Louise, and Gouke J. Bonsel. The Bergen Op Zoom-Quality of Life Survey: A Dutch Contribution to the Collaborative Study of the European Common Core Group. Rotterdam: Dept. of Public Health and Social Medicine/Institute for Medical Technology Assessment, Erasmus University Rotterdam, 1989. ISBN 9072245458
  • Edler, Florence. Attendance at the Fairs of Bergen-Op-Zoom 1538-1544. Bergen op Zoom: [s.n.], 1936.
  • Smyth, James Carmichael. Plans of the Attacks Upon Antwerp, Bergen-Op-Zoom, Cambray, Peronne, Maubeuge, Landrecy, Marienbourg, Philippeville and Rocroy, By the British and Prussian Armies in the Campaigns of 1814 and of 1815. 1817.
  • 1939-1945 The War Dead of the Commonwealth: The Register of the Names of Those Who Fell and Are Buried in Cemeteries in the Netherlands : Bergen Op Zoom Canadian War Cemetery. Maidenhead: Commonwealth War Graves Commission, 1994.

外部リンク[編集]