古希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

古希(こき。原文は古稀。「稀」は常用漢字にはないので現在では古「希」と表記する場合が多い)とは数え70歳。

の詩人・杜甫の詩・曲江(きょっこう)「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」(酒代の付けは私が普通行く所には、どこにでもある。(しかし)七十年生きる人は古くから稀である)が典拠。

還暦数え61歳(≒満60歳)であるが、古希は数え70歳(≒満69歳)。古希は長寿と考えられている。喜寿と同じく祝色は紫色

長寿の祝いには他に還暦(かんれき)、喜寿(きじゅ)、盤寿(ばんじゅ)、傘寿(さんじゅ)、米寿(べいじゅ)、卆寿(そつじゅ)、白寿(はくじゅ)、百寿(ひゃくじゅ)などがある。

乾隆帝は「古稀天子」と自称し印判などにも用いた。中国史上古稀を迎えた天子は乾隆帝の他は武帝南宋高宗など僅かであり統一王朝の皇帝では極めて少ない。

慣用句[編集]

1939年双葉山安藝ノ海に負けて連勝が69で止まると、当時の大相撲ラジオ中継の和田信賢アナウンサーがこれを引用し「やはり七十古来稀なり」との名言が全国に放送された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]