バイオハザード6 CODE:Veronica

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バイオハザード6 CODE:Veronica
著者 S・D・ペリー
訳者 野下祥子
発行日 2006年1月25日
発行元 中央公論新社
ジャンル ノベライズ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 新書
コード ISBN 978-4-1250-0927-8
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

バイオハザード6 CODE:Veronica』(バイオハザード6 コード:ベロニカ)は、カプコンのゲームソフト『バイオハザードシリーズ』をS・D・ペリーが小説化したホラーゲームノベライズ。シリーズ第6弾である。ゲーム版『バイオハザード CODE:Veronica』に忠実にストーリーが展開される。翻訳野下祥子

出版経緯[編集]

書籍情報
バイオハザード6 CODE:Veronica 2006年 ISBN 4125009279

あらすじ[編集]

アンブレラに捕まったクレアは南海の孤島で牢獄に繋がれる。その直後、正体不明の軍隊による爆撃が彼女を、そしてTウイルスと最強のバイオ生物をも縛めから解き放つ! クレアは、謎の男スティーブと出会い、死の脱出行を共にするが、アンブレラ創立者の末裔アシュフォード兄妹の仕掛けた狂気の罠と怪物たちが次々と行く手を阻む。二人は無事生き延びられるのか? 妹の救援に向かうクリスは間に合うのか!?

登場キャラクター[編集]

登場人物[編集]

S.T.A.R.S.の元隊員たち[編集]

その他[編集]

  • アンブレラ創立者の末裔 - アルフレッド・アシュフォードAlfred Ashford
  • アルフレッドの双子の妹 - アレクシア・アシュフォードAlexia Ashford
  • アンブレラ保安部隊隊長 - ロドリゴ・ファン・ラバルRodrigo Juan Raval
  • クリスの元上官 - アルバート・ウェスカーAlbert Wesker
  • Tウィルス生物 - バンダースナッチBandersnatch
  • 謎の男 - トレント

関連項目[編集]

外部リンク[編集]