西洋の冠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デンマークのクリスチャン4世の王冠

西洋の冠(せいようのかんむり)では、西洋の君主(特に国王)が自らの権威を示すために頭にかぶるについて記述する。英語で crown と呼ばれるもので、日本語では一般に王冠と訳され、皇帝の場合には特に帝冠(英語:imperial crown)とも呼ばれる。トヨタ自動車で生産されている人気高級乗用車クラウンの名称もここから因む。

概説[編集]

典型的サークレット部のみの王冠、リチャード2世の肖像

権力者が権威の象徴として頭の上にをかぶることは、古くから世界中で行われてきた。古代エジプトではファラオが着けたプスケントがあり、ペルシアや中央アジアの遊牧民族でも宝冠や額飾りなどが使用され、新羅の金冠や古代の日本でも同様なものが出土している。

ヨーロッパではローマ帝国コンスタンティヌス大帝がペルシア風の額帯を採用し、以降の皇帝に伝えた。

また、放射状(ぎざぎざ)の冠は、太陽の象徴として古代ギリシア・ローマで使用された。世界の七不思議の1つとされるヘリオスの巨像がかぶっていたと言われ、近代では自由の女神像に使用されている。

図式化された放射状の王冠

ヨーロッパで最も古い王冠の1つにランゴバルド王国の王冠であったロンバルディアの鉄王冠がある。当初はこのように単なる輪や、それに放射状のぎざぎざ(栓の王冠や図式的な王冠のイメージ)や少し複雑な装飾模様を付けたものが多かった。このようなサークレット部のみのものは上級貴族の宝冠(コロネット)、英:coronet)としても使用され、現在でもイギリスの貴族の正装では身分ごとのコロネットが規定されている。

ハーフ・アーチや帽子部が付いた王冠

日本では、一般に西洋の君主が着用する冠は王冠とのみ訳されるが、西洋では議会開会式など平時に着用する冠「State crown」と、特に戴冠式にのみ着用する冠「戴冠(Coronation crown)」とは区別されている。

戴冠式に使用する冠には、ベルベット等の布で作った帽子部とそれを保護するアーチまたはハーフ・アーチがつけられるようになった。ハーフ・アーチはイギリスでは4本、大陸では8本が標準である。戴冠用の王冠は、多くの宝石が取り付けられたため非常に重くなり、重要な儀式の時にしか使用されず、通常の公式行事においてはより軽いコロネット型のものや女性の場合、ティアラ型のものが使用されることが多い。

有名な西洋の冠[編集]

コロネット[編集]

コロネット (coronet) は、宝冠などと訳される貴族用の小型のである。イギリスでは爵位ごとに形式が定められており、国王女王)の戴冠式などの正式な儀式において着用する。また紋章の要素の1つとして盾の上部に配置する。

栓としての王冠[編集]

王冠(おうかん)とは、を密封するための

1892年アメリカのウイリアム・ペインター(William Painter)により発明された。金属製の本体の側面に21本の溝が刻まれており、溝の上部が瓶の飲み口部の膨らみに噛み合い密閉される。瓶の飲み口部と王冠の寸法は規格化されており、口径は27mm、王冠の高さは5.97mmとなっている。本体の裏側にはパッキンが貼り付けられており、瓶の飲み口部に密着することで密封度が保たれる。パッキンには、コルクシート、PVC樹脂など様々な素材が利用されるが、現在ではほとんどの物がポリエチレン樹脂を用いている。

日本での歴史は、1900年東京麦酒(前身は桜田麦酒で、後に大日本麦酒に吸収される)が利用したのが最初であるといわれている。

コレクションの対象物となることもある。

関連項目[編集]