中村里美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中村 里美
生誕 ????1月26日
日本の旗 日本岐阜県
職業 漫画家
ジャンル 4コマ漫画
テンプレートを表示

中村 里美(なかむら さとみ、1月26日 - )は、日本漫画家イラストレーター。主にテレビゲームに関する4コマ漫画、オリジナル作品などを手がけている。岐阜県出身。「中村里美」は本名で、夫は同業のなかむら治彦だが、なかむらの日記などの言動からは2004年頃に離婚したとも受け取れる。

自身の名前を縮める際の呼称は「なかみん」。代表作は4コマまんが王国の「ピーチ姫シリーズ」など。

ささいみりかとの同一人物説がある。

作者の変遷[編集]

  • 双葉社が刊行しているゲームコミック「4コマまんが王国」シリーズで1991年から2001年ごろまで多数の漫画を描いている。同シリーズの編集部においても主力作家とみなされていたとみられる。
  • 4コマまんが王国マリオシリーズ系4コマ漫画では、独特のキャラクター性をもったピーチ姫を中心に漫画を描いたいわゆる「ピーチ姫シリーズ」が人気を集めた。こうした完全オリジナルストーリーものは1996年末頃に姿を消したが、この後の中村里美のマリオ4コマもピーチ姫が前面に出たものとなっている。しかしそのネタ自体は題材となるゲームソフトに忠実となった。
  • 4コマまんが王国での最後の漫画は「マリオパーティ3 4コマまんが王国」の「スター★トリック3」と思われる。これ以降同レーベルへの掲載は確認されていない。
  • それ以降は一部のポケットモンスター系の出版物にイラスト担当として名前を連ねている。
  • 2002年10月13日に自身のサイト「中村里美HP・うらなか!」を閉鎖している。

特徴[編集]

  • 淡白な絵と内容が特徴。余分すぎる描き込みが少ないためあっさりしている。一見守備範囲が狭そうな印象を受けるものの、星のカービィからストリートファイターIIに至るまで、4コマまんが王国ではあらゆるゲームの漫画を描いていたことより、オールラウンドさも兼ね揃えているようだ。

作品リスト[編集]

ゲームコミック[編集]