ルドウィッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ルドウィッグ (Ludwig von Koopa) は、任天堂コンピュータゲームソフト『マリオシリーズ』に登場する架空のキャラクター。コクッパ7人衆の最年長。

概要[編集]

公式イラストでは左右分けで拡がるような青いロングヘアーで、口の中央に出っ歯が1本あるのが特徴。ただし、初期作品のゲーム中ドット絵では白い髪で、肌の色がやや濃く描かれていた。甲羅の色は初期作品の公式イラストなどでは緑色だが、『スーパーマリオワールド』のゲーム中ドット絵では黄色、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』以降は公式イラスト・ゲーム中共に髪と同じ青色になっている。

正々堂々と勝負を挑んでくることが多く、作品ごとに多彩なバリエーションの攻撃パターンを披露している。コクッパの中で体格はやや大きい方で、初期は地震攻撃も使用していたが、その後は重量級の立場を彼より太めのロイモートンに譲っており、『マリオカート8』での体重も標準的な中量級になっている。旧設定がリーダー格ということもあり最もラストを務めた回数(5回)が多い。

一人称は公式作品内でもブレがあり、『スーパーマリオブラザーズ3』の説明書では「オイラ」、『スーパーマリオアドバンス4』のカードe+のセリフでは「オレ」、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』のフィギュアの説明文では「ワタシ」、と一定していない。ややナマイキな性格でもあるらしく、『スーパーマリオブラザーズ3』の説明書では「イエーイ!」「ベイビー」等とノリノリだったり、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』ではマリオたちを見るや嘲笑のような含み笑いをしてくる。『New - 』では大人びた生意気な性格で、7人衆の中で一番の頭脳派と紹介され、『マリオカート8』では目立ちたがり屋とされている。『スマブラfor』の解説でもその両方が反映された上で、偉そうなしゃべり方をするとされ、『マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX』以降でもその設定がゲーム中のセリフとして反映された。また、この作品では今までリーダー格だと思われていたが実は自称で他の仲間からは「そんなの聞いたことない」などと言われリーダーとして認められていないことが判明した。その後の作品でもリーダーぶる態度が目立っている。

名前の由来はルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)とされている[1]。ただし、読み方はドイツ語ではなく英語読みに準じた「ルドウィッグ」になっている。また、名前の語源としてはイタリア語ルイージと同一である。

ゲームでの声優は、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』以降はマイク・ヴォーン英語版が担当、『マリオカート8』ではデイヴィッド・J・ゴールドファーブ (David J. Goldfarb) が担当。

歴史[編集]

スーパーマリオブラザーズ3』(1988年
初登場作品。ワールド7「土管の国」の王様ファイアパックンSFC版『スーパーマリオコレクション』、GBA版『スーパーマリオアドバンス4』ではヨッシー)に変えていた。ロイと同様、ジャンプの着地時に地震を起こしてマリオの動きを止め、その隙にビームで攻撃するという戦法を使う。なお、地震による攻撃は本作が唯一であり次作以降では使用していない。、
スーパーマリオワールド』(1990年
4面「せんべい山」のボスとして登場。炎を4回吐くかマリオに踏まれると甲羅に入った状態になり、その後大きくジャンプし、再び炎を吐く。
本作のコクッパ7人衆は、イギーラリーモートンロイレミーウェンディのように、同じ戦法をとる者が2人ずつ居る中で、ルドウィッグは唯一、他のコクッパと被っていない独自の攻撃方法である。
Mario is Missing!』(1992年
日本未発売。PC版とSNES版でボスとして登場。
ヨッシーのロードハンティング』(1993年
2面「キノココース」のボスとして登場。最初は亀型ロボットで襲い掛かってくるが、攻撃は弾のみ。次に人型に変形し、ロケットパンチをしてくる。
Hotel Mario』(1994年
日本未発売。5面「Ludwig's Thump Castle Hotel」のボスとして登場。
スーパーマリオアドバンス4』(2003年
ゲーム本編では原作『スーパーマリオブラザーズ3』と同様だが、新たに『スーパーマリオアドバンス4 カードe+』のシリーズ2に収録された追加コースカード28「コクッパにだまされるな!」にてステージボスを務めている。このコースでは、分岐ルートを間違えるとルドウィッグの偽者が登場する(一度踏むだけで倒せる)が、こちらを倒してクリアしても先には進めない。正解のルートを進んで本物のルドウィッグを倒すとクリアになる。
マリオ&ルイージRPG』(2003年)
クッパ城の中ボスで、コクッパの4番手として登場。まずは、彼の甲羅アタックを避けるミニゲームをクリアした後、戦闘となる。技はイギーと同じ回転攻撃・炎・甲羅アタック。炎と回転攻撃はイギー同様。甲羅アタックは、ブーメラン状に戻ってくるものと、横から攻撃してくるパターンがある。これを2・3回繰り返して攻撃してくる。
『スーパーマリオ 不思議のジャンジャンランド』(2004年
スーパーマリオアドバンス4』のグラフィックを使用したカプコンアーケードメダルゲーム。ボーナスチャンス「コクッパバトル」で他のコクッパ達と共に登場。
大乱闘スマッシュブラザーズX』(2008年
コクッパの中で彼のみ「シール」の一枚に採用されている。
New スーパーマリオブラザーズ Wii』(2009年
ワールド7の砦と城のボスとして登場。砦のときは杖からマリオを追跡する弾を放ってくる。また、ヨッシーのようにふんばりジャンプをし、しばらくして急降下する。城のときはカメックの魔力により足場がブロック床から3つのリフトに変わり、ここでもふんばりジャンプを使う。杖から放つ弾も一気に四つになり、扇状に広がる。踏むたびに使ってくる甲羅アタックは別のリフトに乗り換えられれば怖くない。
フェイントを仕掛ける、側転宙返りをする、ふんばりジャンプをする、空中停止するなど、コクッパの中ではレミーと同等か、それ以上に身軽である。本作以降の『New』シリーズではすべての作品で最後に登場するコクッパでもある(『2』は順番が前後する可能性あり)。
太鼓の達人Wii みんなでパーティ☆3代目!』(2010年)、『太鼓の達人 Wii 決定版』(2011年)、『太鼓の達人 Wii 超ごうか版』(2012年
Wii版『太鼓の達人』シリーズの3 - 5作目に収録されたメドレー楽曲『New スーパーマリオブラザーズ Wii』にて、演奏中に魂ゲージが最大まで達すると、画面手前に他の7人衆やクッパJr.と一緒に登場する。
New スーパーマリオブラザーズ 2』(2012年
ワールド5のボス。上空にある鎖に掴まりながら、扇状の魔法攻撃を放ってくる。土管大砲に入って体当たりを当てると、下に落ちてしばらく気絶するので攻撃のチャンスとなる。とはいえ、空中にいても壁キックなどで強引に踏みつけることも可能である。
上記の他、ワールド6-城、ワールドスター-城では7人全員がクッパクラウンに乗って画面奥から石化攻撃を放ってくる。
New スーパーマリオブラザーズ U』(2012年)、『New スーパールイージ U』(2013年
ワールド7「マシュマロうんかい」のボス。空中で停止した状態から二体の分身とともに魔法弾を打ち出して攻撃してくる。そのあと下に降りてくるのでその時が攻撃のチャンス。分身は本物より打ち出す魔法弾の数が少ないので見分けるのは難しくないが踏みつけるごとに分身の動きも活発になるので難しくなる。
マリオカート8』(2014年
隠しレーサーとして参戦。他の7人衆と同様にゲームでは初めて操作可能になった。キャッチコピーは「目立ちたがりの悪役ヒーロー」。中量級でイギー、マリオ、ルイージと同等。「3DS パックンスライダー」のスタッフゴーストとしても登場する。
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』(2014年
クッパJr.のカラーバリエーションのひとつとして参戦。モーションを共有しつつ、カラー変更でグラフィックや音声などがそれぞれのキャラクターのものに変化するという非常に特殊な仕様となっており、性能は8名全員で共通している。クッパクラウンの色は青色。
パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション』(2015年
ワールド7のボスとして登場。火属性。「ルドウィッグボルケーノ」などのスキルを使う。また、ワールド8では7人全員がクッパと共にクッパクラウンに乗り込んで「クッパぐんだん(闇属性・属性変化あり)」として登場し、クッパJr.と並んで共に戦う。
裏ワールド7をクリアするとルドウィッグがサブキャラクターとして使用可能となる。
マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX』(2015年)
今作よりゲーム内では初めて明確に台詞を伴っての登場となり、一人称は「ワタシ」で「ワッハッハ」と笑う。ラリーとコンビを組んで登場しており、中盤のニテルデ諸島地下と最終ダンジョンで戦う。マリオ達のバトルカードに対抗してバトルカードを使い、マリオ達にダメージを与えてダークスターポイントを溜め、様々な効果を起こす。片方が倒されると強力な魔法攻撃を使用してくる。
本作ではリーダー格を自称しているが、ラリー達からは認められていない。
マリオ&ソニック AT リオオリンピック』(2016年
ニンテンドー3DS版のみ登場。卓球に出場する。
ペーパーマリオ カラースプラッシュ』(2016年)
クッパの命令により大ペンキスターの捜索に派遣され、コバルトドックにて来るべきマリオとの対決に備え新型戦艦「スーパー・ルドウィッグ・グレートラーニング・ヴァーリアス号(通称:スーパー・ルド号)」を建造していた。戦闘ではスーパー・ルド号で戦い、大破すると隠されていた潜水艦スーパー・ルドマリンに乗換えて潜水し、それも大破すると直接戦闘に移行する。
マリオカート8 デラックス』(2017年
最初から使用可能。中量級。今作ではWii U版とは違いイギーとは僅かに性能が差別化された。
マリオ&ルイージRPG1 DX』(2017年)
本編のボス戦では固有の台詞が追加されている他、行動パターンが変更されて先制で特大魔法弾攻撃を行うようになった。小型魔法弾を次々と飛ばし、これをしのぎながら特大魔法弾を打ち返さなければならない。新モード「クッパ軍団RPG」にも登場。

ゲーム作品以外[編集]

登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Nintendo Feature: 10 Amazing Mario Facts” (英語). Official Nintendo Magazine. (2010年4月30日). http://www.officialnintendomagazine.co.uk/16520/features/10-amazing-mario-facts/ 2014年5月9日閲覧。