スーパーマリオランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリオシリーズ > スーパーマリオシリーズ > マリオランドシリーズ > スーパーマリオランド
スーパーマリオランド
SUPER MARIO LAND
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 ゲームボーイ
開発元 任天堂開発第一部
発売元 任天堂
プロデューサー 横井軍平
ディレクター 岡田智
プログラマー 山本雅央
原田貴裕
音楽 田中宏和
美術 松岡洋史
真下雅彦
シリーズ マリオランドシリーズ
人数 1人
メディア 512キロビットロムカセット[1]
発売日 日本 198904211989年4月21日
アメリカ合衆国 198908111989年8月11日
ヨーロッパ 1990年
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
売上本数 日本 約419万本
世界 約1814万本
その他 型式:日本 DMG-MLA
アメリカ合衆国 DMG-ML-USA
テンプレートを表示

スーパーマリオランド』(Super Mario Land)は、任天堂ゲームボーイで発売した横スクロールアクションゲーム。日本では、販売本数約419万本で、ゲームボーイソフト史上売り上げNo.2(1位は『テトリス』の424万本)。初代ゲームボーイ発売時のローンチタイトルでもある。後のマリオシリーズにも登場するキャラクター「デイジー」の初登場作品である。

また、『スーパーマリオランド2 6つの金貨』『スーパーマリオランド3 ワリオランド』へと続くシリーズの名称でもある。

概要[編集]

この作品は岡田智松岡洋史などそれまでのマリオシリーズには関わってなかったスタッフが制作しており、本作品独自のシステムがいくつか見られる。

このゲームは横スクロールアクションゲームであり、基本的なシステムは『スーパーマリオブラザーズ』(1985年)を踏襲している。プレイヤーはマリオを操作し、待ち受ける敵を倒しあるいは避け、右へ右へと進んでいき[2]、各エリアのゴールにたどり着くのが目的である。ゴール地点には上下2つの入り口があり、上のゴールに入った場合にはボーナスステージ(マリオの残り人数が増えるなど)に挑戦できる。上のゴールへ行くには落ちるブロックを踏み台にしたり、ゴール以前の区間から上層部を進む方法など様々でかなりのテクニックが必要な場所もある。

各ワールドは3つのエリアに分かれている。3つ目のエリアには各ワールドのボスが待っている。シューティングゲームの様式になっているステージもある。3つ目のエリアのクリア条件は、ボスを倒したかどうかに関係なく、奥にあるスイッチを踏むことである。また、クリア時に必ずボーナスステージに挑戦可能。ただし最終ステージのみスイッチがなく、ボスを倒すとそのままラスボスであるタタンガ戦に突入する。

他のマリオシリーズのアクションゲームと比較して珍しい点として、甲羅を蹴るなどの敵を使ったアクションが一切ないことが挙げられる。エリアが計12しかないこともあり、ワープして近道(短縮)をする要素もない。このため旧作に比べてゲーム要素が簡素になっているが、これについてはゲームボーイの初期作及びローンチタイトルであったため、当時の技術では再現できなかったとされている[3]

高得点を稼ぐとゲームオーバーになった時にコンティニューが可能。10万点ごとにコンティニュー回数が1回追加され、タイトル画面でキノコのカーソルを動かして「CONTINUE」を選べばそのステージから再開できる。

ゲーム内容[編集]

アイテム[編集]

スーパーキノコ
マリオが巨大化し「スーパーマリオ」になる。巨大化した状態では敵に当たっても小さくなるだけでミスにならない。ブロックを下から突き上げて壊す事もできる。『スーパーマリオブラザーズ』等と異なり、出現させると同時に右に向かって跳ね上がる。着地後は右に滑っていくが、段差を落ちる際に横方向の慣性が働かず、垂直に落ちていく。
フラワー
本作では他のマリオシリーズ作品と異なり、ファイアマリオではなく、スーパーボールを投げることができる「スーパーボールマリオ」に変身する(小さいマリオの状態で取った場合はスーパーマリオにしかならない)。外見はスーパーマリオと同様。スーパーボールを敵に当てると、当たった敵を倒すことができる(一部の敵には無効)。また、投げたボールがコインに触れるとコインを獲得できる。スーパーボールでしか取れない場所に配置されているコインもある。ファイアボールと異なり、射出後は斜め下45度の角度で直進し、上空や穴に消えるか一定時間で消えるまで、地面や壁に当たると斜め直角に跳ね返り続ける。画面上から消えるまで、次のボールは発射できない。
スーパーマリオの時にキノコの出るブロックを叩くと出現するが、シューティング面ではスーパーマリオの時でもキノコが出現し、フラワーは出現しない。スーパーボールマリオの時にキノコを取ってもスーパーマリオには戻らない。
スーパーボールマリオは本作のみに登場する変身マリオ。
スーパースター
取るとマリオが一定時間無敵になる。出現させるとキノコと同様に飛び上がるが、地面に落ちるとそのまま貫通して画面外に消えてしまう。無敵状態では敵は触れるだけで倒せるが、得点は低くなる(飛び道具を1発以上当ててからならば通常通りの得点となる)。無敵中のBGMは他のマリオシリーズ作品に用いられているものとは異なり、オッフェンバック作曲の『天国と地獄』が採用されている。
コイン
100枚取るとマリオの残り人数が1つ増える。空中や、ブロックの中に配置されている。
1UPハート
取るとマリオの残り人数が1つ増える。挙動はキノコと同様。他のマリオシリーズ作品のような1UPキノコではないのは、ゲームボーイがモノクロなため、スーパーキノコと見分けがつかないため。
エレベーター
一部ステージ限定(例:1-3)のアイテムで他のアイテムと違い飛び出さずにブロックの上に設置される。これに乗ると上昇して天井裏に行くことができる。

乗り物[編集]

ワールド2-3と4-3は強制スクロールのシューティングステージとなっており、乗り物に乗って進むことになる。通常時との違いは以下の通り。

  • 十字キーで上下左右に自由に移動可能。
  • マリオの状態に関係なく飛び道具を発射できる。Bボタンで単発発射が、Aボタンを押し続ければ自動連射が可能。
  • 敵に対してはどこから衝突してもミスになる。
  • 谷底に落ちることは無いが、画面のスクロールと壁に挟まれて完全に姿が見えなくなるとミス。

乗り物の名前は以下の通り。どちらも操作方法やゲーム内の仕様に関しては共通。

マリンポップ号
ワールド2-3に登場。水中を自在に動き回る潜水艦魚雷を搭載している。
スカイポップ号
ワールド4-3に登場。マリオの自慢の戦闘機ミサイルを搭載している。後の作品『マリオとワリオ』のエンディングに登場する。

バグ技[編集]

画面ずらし等のバグ技が多数発見されているが、中でも有名なのが、2-3と4-3のシューティングステージで、マリオが左端から右端へ移ってしまうバグである。これを使うと、通常では入れない壁の内側に入ったり、ボスを倒さずに扉の裏側へ行くことができてしまう。

裏面[編集]

タタンガを倒すとタイトル画面のキノコがマリオに変わり、裏面に進める。ステージ構成は変わらないが敵と障害物の数が多くなる。ボス戦ではタマオーが2匹に増える以外は通常と同じである。裏面をクリアするとタイトル画面でステージセレクトが可能になる。選択できるのは裏面のみで、表面に戻ることはできない。

設定[編集]

ストーリー[編集]

ピラプト王国・ミューダ王国・イーストン王国・チャイ王国から成るサラサ・ランドと呼ばれる世界があった。

ある日、サラサ・ランドを征服する事を企む宇宙怪人タタンガが空から現れた。

タタンガは各王国の住民たちに宇宙催眠をかけ、思うがままに操ってあっという間にサラサ・ランドを乗っ取り、さらにサラサ・ランドの姫デイジー姫も連れ去ってしまった。

このことを知ったマリオはデイジー姫が捕らえられているというチャイ王国を目指す。

舞台[編集]

ゲームの舞台はサラサ・ランドとなっており、ピラプト王国・ミューダ王国・イーストン王国・チャイ王国の四王国から成り立っている。「サラサ・ランドの姫」としてデイジー姫が戴かれている。キノコ王国とは一定の親交がある模様であり、一部では共通した種族が住んでいる。


『スーパーマリオランド』以降長らく登場する機会がなかったが、マリオカートWiiではデイジーサーキットというコースとしてな登場した。この土地の内情は不明な点が多いが、デイジーだけはマリオファミリーの一員として他作品にも客演を続けている。

ステージ構成[編集]

各王国のモデルは、古代文明にや伝説にゆかりのある実在の国、地域であり、設定では各国の王はそれぞれ、『スーパーマリオランド』での中ボスとなっている。

ピラプト王国
モデルは、エジプト。王は、キング・トトメス
ミューダ王国
モデルは、バミューダ諸島。王は、ドラゴンザマス
イーストン王国
モデルは、イースター島。王は、ヒョイホイ
チャイ王国
モデルは、中国。王は、パオキントン

キャラクター[編集]

敵キャラクター[編集]

障害物[編集]

無敵状態でも倒せない障害物。

毒針
乗るとダメージを受ける。地面やブロックに生えている。ダメージを受けるブロックとして扱われるので、無敵状態であれば足場として上に乗ることが可能。
パンチハンド
4-3のステージ後半に出現する、マリオの行く手を邪魔する巨大な手。
煉瓦
一定時間経過すると上から降ってくる。上以外から触れるとダメージだが、上に乗ることは可能。
鍾乳石
マリオが真下を通ると上から降ってくる。上以外から触れるとダメージだが、上に乗ることは可能。

他機種版[編集]

No. 発売日 対応機種 タイトル 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 日本 200003012000年3月1日
ゲームボーイ
ニンテンドウパワー
スーパーマリオランド 任天堂開発第一部 任天堂 フラッシュロムカセット - - -
2 日本 201108032011年8月3日
ニンテンドー3DS
バーチャルコンソール
スーパーマリオランド 任天堂開発第一部 任天堂 ダウンロード CTR-RAAJ-JAN - -

音楽[編集]

サウンドトラック
  • 『スーパーマリオランド/マリオ・フリークス・オーケストラ』(1989年9月1日 日本コロムビア
    ゲームBGMのアレンジ版と、メドレー形式でオリジナル版を収録。
  • 『GAME BOY MUSIC』(1990年3月21日 ポニーキャニオン
  • 『ゲームボーイグラフィティ』(1990年5月21日 日本コロムビア)
  • 『SUPER MARIO LAND Ambassadors of Funk feat. MC Mario』(1993年3月21日 アルファレコード

スタッフ[編集]

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
Computer and Video Games 93% (GB)[4]
Electronic Gaming Monthly 31/40点 (GB)[5]
Eurogamer 7/10点 (VC)[6]
ファミ通 26/40点 (GB)[7]
IGN 7.5/10点 (VC)[8]
ファミリーコンピュータMagazine 21.72/30点 (GB)[1]
Mean Machines 90% (GB)[9]
Player One 98% (GB)[10]
The Games Machine 94% (GB)[11]
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、6・7・7・6の合計26点となっている[12][7]。レビュアーの意見としては、「残像があるためアクションゲームは向かないんじゃないかってあちこちで言われるけど、この『マリオ』に関してはかなりいい線いってると思う」、「元祖『スーパーマリオ』に比べたらマリオの動きもなんだかチャチいし、敵も魅力的じゃない」などと評されている[12]
  • ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、21.72点(満30点)となっている[1]。また、同雑誌1991年5月24日号特別付録の「ゲームボーイ オールカタログ」では、「このゲームには、今までのシリーズにはなかった、マリオのシューティング面が入っているぞ。それだけでなく、マリオの残り数が増えるボーナスステージも新しく加わっている。各ワールドのボスも、クッパではなく、オリジナルのボスになっているぞ。もちろん、水辺を進む面、地下を通る面、隠しコインのある面など、今までのシリーズにあった面も、豊富に取り込まれている。液晶画面のことを考えて作られているので敵やトラップはやや簡単になっている」と紹介されている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.71 3.60 3.64 3.71 3.77 3.29 21.72

関連作品[編集]

ゲーム作品[編集]

  • 大乱闘スマッシュブラザーズX』 - 本作のワールド1-3,3-2,3-3のBGMが使用されている。
  • 『大合奏バンドブラザーズP』 - ニンテンドー3DSソフト。2016年12月25日に「スーパーマリオランドメドレー」が配信された。
  • Super Mario Run』 - リミックス10のモードのオリジナルのBGMで本作のBGMのリミックス曲が使用されている。

漫画作品[編集]

コミックボンボン』で、本作のコミカライズ版が本山一城によって連載されているが、ゲームには出てこないピーチ姫、メカクリボー、ナンチャン道士、ナンキンくん、ミンメイ、スーちゃんなども登場する。なおスーパーマリオランド本編に関しては第1巻のみで終了し、第2巻では『テトリス』、第3巻では三大スポーツ(『ゴルフ』、『ベースボール』、『テニス』)、第4巻では『クイックス』と『ソーラーストライカー』を扱っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「5月24日号特別付録 ファミコンディスクカード ゲームボーイ スーパーファミコン オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第10号、徳間書店1991年5月24日、 126 - 127頁。
  2. ^ 『スーパーマリオブラザーズ1』・『2』同様、スクロールは右方向への一方通行となり左側へ引き返すことは不可能。
  3. ^ M.B.MOOK『懐かしゲームボーイパーフェクトガイド』 (ISBN 9784866400259)、4ページから5ページ
  4. ^ Marioland”. Computer and Video Games (1989年11月). 2015年4月11日閲覧。
  5. ^ Harris, Steve; Semrad, Ed; Nauert, Donn; Allee, Jim (September 1989). “Electronic Gaming Review Crew”. Electronic Gaming Monthly (3).  The magazine's review score is a composite of four reviews: 8, 8, 7, 8.
  6. ^ 3DS eStore Games Roundup”. Eurogamer. p. 2 (2011年6月13日). 2015年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月12日閲覧。
  7. ^ a b アレイウェイ まとめ [ゲームボーイ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年1月14日閲覧。
  8. ^ Thomas, Lucas M. (2011年6月15日). “Super Mario Land Review”. IGN. 2015年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月10日閲覧。
  9. ^ Super Mario Land review”. Mean Machines (1990年11月). 2015年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月12日閲覧。
  10. ^ “Super Mario Land”. Player One (2). (October 1990). 
  11. ^ Boy Friends”. The Games Machine (1990年9月). 2015年4月11日閲覧。
  12. ^ a b ファミコン通信』第12号、アスキー1989年6月9日

外部リンク[編集]