ジャック・オッフェンバック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジャック・オッフェンバック
Jacques Offenbach
Jacques Offenbach 01.jpg
基本情報
出生名 ヤーコプ・レヴィ・エーベルスト
Jakob Levy Eberst
生誕 1819年6月20日
Flag of the German Confederation (war).svg ドイツ連邦
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 ラインラント州 ケルン
死没 (1880-10-05) 1880年10月5日(61歳没)
フランスの旗 フランス共和国 パリ
ジャンル クラシック音楽
オペレッタ
職業 作曲家
チェリスト
担当楽器 チェロ

ジャック・オッフェンバックJacques Offenbach, 1819年6月20日 - 1880年10月5日)は、ドイツ生まれでフランスで活躍(後に帰化)した作曲家チェリストである。ジャック・オッフェンバックは父親の出身地(ドイツ・フランクフルト近郊のオッフェンバッハ・アム・マイン)からとったペンネームで、本名はヤーコプ・レヴィ・エーベルスト(Jakob Levy Eberst)。オペレッタの原型を作ったといわれ、音楽と喜劇との融合を果たした作曲家である。なお、ドイツ語読みでオッフェンバッハと呼ばれることもある。

生涯[編集]

ジャック・オッフェンバックは1819年プロイセン王国ラインラント州ケルンに生まれる。1833年に、チェロを学ぶためフランスのパリへ出る。1848年二月革命を避けドイツに一時帰国するが、まもなく戻り、その後は終生パリに住んでいる。演奏の傍ら作曲活動を続け、1850年にテアトル・フランセの指揮者になる。後の1855年には、自らブフ・パリジャン座フランス語版英語版という劇場を開き、いくつものオペレッタを上演、人気を博す。美しいメロディーを次々と生み出すことから、ロッシーニはオッフェンバックを“シャンゼリゼのモーツァルト”と評した。1880年に没するまでに幾度もの上演が行われた。爆発的な人気と反比例するかのように、痛烈な風刺、退廃的な快楽主義は知識人からの批判も多かった。エミール・ゾラは「オペレッタとは、邪悪な獣のように駆逐されるべき存在」とまで書いているが、今日では第二帝政期フランスを代表する文化のひとつとして歴史的評価も作品的評価も高い。

晩年はフランスでは一時の人気を失い、オペラ『ホフマン物語』に新生を懸けていた。死後には、各作品は彼自身が監修したウィーン版に源を発するドイツ語上演が、フランスに代わって主流を占める(有名なオペレッタ『天国と地獄』の序曲はウィーン版のためのオリジナルである)。特に戦後は東ベルリンでのフェルゼンシュタイン演出による『青ひげ』や『ホフマン物語』が歴史的な成功を収めた。近年は、マルク・ミンコフスキらによるオーセンティックなフランス語上演も急速に盛り返し、もともと上演の盛んだったドイツ圏とあわせ活況を呈している。目下はフランスのリヨン国立オペラなどが上演に意欲的である[1]

作品[編集]

オペレッタ[編集]

  • バタクラン英語版フランス語版』(1855年)
  • オペラ・ブッフ地獄のオルフェ(天国と地獄)』(1858年)
  • 『ダフニスとクロエ』(1860年)
  • オペラ・ブッフ『美しきエレーヌ』(1864年)
  • オペラ・ブッフ『青ひげ』(1866年)
  • オペラ・ブッフ『パリの生活英語版フランス語版』(1866年)
  • オペラ・コミック『ロビンソン・クルーソ』(1867年)
  • オペラ・ブッフ『ラ・ペリコール』(1868年)
  • 童話オペラ『月世界旅行』(1875年)
  • オペラ・コミック『鼓手長の娘』(1879年)
  • 『トトの城』
  • 『羊飼い』
  • 『フォルトゥニオ』
  • 『ブラバントのジュヌヴィエーヴ』
  • 『小さなりんご(ポムダピ)』
  • 『ジェロルスティン大公妃殿下」(ブン大将)』
  • 『盗賊』
  • 『可愛い香水屋』
  • 『ため息橋』
  • 『西インド諸島の女』
  • 『10時間の外出』
  • 『二人の漁師』
  • 『ドニ夫妻』
  • 『美しいリュレット』
  • 『歌姫』
  • 『サンフルールの薔薇』
  • 『チュリパタン島』
  • 『雪玉』
  • 『パン屋の女将はお金持ち』
  • 『白夜』
  • 『ファゴット氏』
  • 『ペロニラ先生』
  • 『魔法使いの兵士』
  • 『ニンジンの王』
  • 『密告者』
  • 『カカドゥ』
  • 『66』
  • 『コスコレット』

オペラ[編集]

バレエ音楽[編集]

器楽曲[編集]

自身がチェロ奏者だったこともあり、チェロのための楽曲なども作曲している。

脚注[編集]

  1. ^ 季刊誌「OPERA」の欧州歌劇場上演スケジュール、雑誌「音楽の友」の海外ニュースなど

参考書籍[編集]

外部リンク[編集]