思い出きろく帳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

思い出きろく帳』(おもいできろくちょう)は、任天堂携帯型ゲーム機であるニンテンドー3DS/Newニンテンドー3DS(以下3DS)の本体に内蔵されているソフトウェア。

概要[編集]

3DS本体内蔵のモーションセンサーを用いた歩数計と、3DSのソフト(内蔵ソフト、パッケージソフト)のプレイ時間を自動的に記録[1]し、グラフ形式で表示する。記録は約10年間分が保存され、記録が一杯になると古いものから削除される。

毎日のきろく[編集]

ニンテンドーDS用ソフト『歩いてわかる 生活リズムDS』の「みんなの記録」の歩数グラフのように、1日・1週間・1ヶ月・1年の歩数、3DSのソフトのプレイ時間をチェック出来る。ソフトの場合はその日に一番プレイしたゲームが上部に表示されるほか、「できごとリスト」には Wii伝言板のように各ソフト毎のプレイ時間が表示される。

なお、削除するには本体を初期化するしかない。

ソフト図鑑[編集]

3DSで遊んだソフト(DS / DSiソフトを含む)の一覧(最大256本)をチェックできる。ソフト毎に、合計プレイ時間、起動回数、一回あたりの平均プレイ時間、初回起動日、最終起動日が記録され、閲覧できるほか、ランキング形式でも表示される。

ソフトごとに削除可能である。

ゲームコイン[編集]

100歩歩く毎に1枚貯まる3DS内通貨。1日に10枚まで、合計300枚まで貯められる。「すれちがいMii広場」や「ARゲームズ」のほか、対応ソフト[2]ではゲームコインをアイテム等に交換することができる。ただしゲームコインを他の3DSに移す手段はない[3]

コインの枚数はHOMEメニューでも歩数と交互に表示される。

脚注[編集]

  1. ^ DS / DSiのソフトを終了させていない場合は7日分の記録に限られる。
  2. ^ 例えば、『戦国無双 Chronicle』ではゲームコイン1枚=金100に交換できる。
  3. ^ 1本のパッケージソフトを2台以上の3DSで使用して、それぞれの3DSでゲームコインを使うことは可能。

外部リンク[編集]