顔シューティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
顔シューティング
ジャンル ファーストパーソン・シューティングゲーム
対応機種 ニンテンドー3DS
Newニンテンドー3DS
開発元 任天堂
HAL研究所[1]
発売元 任天堂
人数 1人
メディア 内蔵
発売日 2011年2月26日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)[2]
テンプレートを表示

顔シューティング』(かおシューティング、Face Raiders) は、ニンテンドー3DS/Newニンテンドー3DS本体に内蔵されている3Dシューティングゲーム

概要[編集]

次々と襲い掛かる「顔」をニンテンドー3DS本体を動かして撃つゲーム。

自分の顔や家族、友達の顔などをニンテンドー3DS内蔵のカメラで撮影すると、その顔写真をモデルにした敵キャラクターになる。顔写真、PC・スマートフォン、テレビの画面などに映された顔、漫画・アニメのコマに描かれている顔でも認識されるため、真正面の顔が描かれた写真や絵があれば、架空の人物も敵キャラクターにすることができる。ただし、顔ではなくてもゲーム上は問題ない。

ステージ[編集]

ステージ1
ヘリコプター型の敵はしばらくすると、背景の壁を突き破って、壁の破片を飛ばしてしまう。ピンク色の物は画面にキスをしてしまう。ラスボスは武士を模した顔で、最初は何もしてこないが、3回タマを当てると緑のシールドが張られる。×印の敵に攻撃して当てれば、ダメージを与える事が出来る。
ステージ2
赤の敵は撃つとトゲの向きに方向変換して青に変わり、再度撃たないと倒す事が出来ない。しばらくするとトゲを回転させながら壁を壊して逃げてしまう。ダイバー型の敵は額に表示された数字の回数分撃たないと倒せない。またボスは顔が2つあり、次々と本物の顔を撃てば倒せる。偽物や違う顔を撃てば攻撃されてしまうので要注意。
ステージ3
ブロック型の敵は撃てば倒すことができる。点滅しているものは攻撃を仕掛ける。こちらはしばらくすると風景から離れてしまう。地球を身につけた敵はすべて逆さにすると倒せる。ボスは太陽を身につけており、口から5体の逆さにするタイプの(下部が凹んでいる、黒い球を身につけているなど多少の相違点はある)敵を吐き出す。その敵を全て逆さにすると弱点が出てくるので、それを撃てば倒せる。なおこれらの顔は登録された顔だが、助けた顔に登録されないため助けることは出来ない。
ファイナルステージ
テニスラケット型の敵は、玉を跳ね返す性質を持っている。あまり撃ち過ぎると、跳ね返された玉が大量に向かってくる。したがって、1回だけ敵に当て、その後、その玉で撃ち合いをするのが有効である。その後次々と現れる八角形の敵は早く倒さないと画面に衝突して大ダメージを受ける。
ボスはサッカーボールに似ており、砲台を複数構えている。また、初めは顔がついていない。最初は右回りに回り、砲台からレーザー光線を周りのクリスタルのような物体に放つ。この物体は2つのパーツで構成されていて、銀色の部分に当たった光線はそのままプレイヤーの方に反射するが、紫色のクリスタルのような部分に当たった光線は、他の物体もしくはボス本体に向けて屈折する。また、その物体にボールを当てると、物体の向きが上下反対になる。これらを利用し、屈折させた光線をボスの砲台に当てて破壊する。具体的には、初めボスは左方向に光線を放つので、左にあるものを順番に当てていく。1回当てると今度は左回りになり、光線は右方向に放つ。
1回目同様、右にある物を跳ね返す。これをくりかえす。このボスの第二形態はアフロ型をしており、装飾がすべて取れた顔が現れる。攻撃としては、アフロを投げ、左右に顔を出す。そのときに、アフロにボールを打つと、回避不能のダメージを受ける。また、早く顔に当てないと、アフロが画面に当たり、ダメージを受ける。顔の部分を5回撃てば倒せる。
ボーナスステージ
ステージ2で出てきたダイバー型の敵を、落とさずに撃ち続けるステージ。ボーナスステージのためボスはなし。
エクストラステージ
ボーナスステージ以外のボスが集結するステージ。ステージ1 - ファイナルステージの4つのステージを続けて行う。体力回復はなし。また、ゲームオーバーになっても、ゲームオーバーしたステージからやり直せるが、スコアは0に戻ってしまう。(ペナルティはない。)
ちなみに、このゲームではゲームオーバー時にヒントを見る事が出来るが、エクストラステージでヒントを見ようとしても「ここまできたあなたならきっとクリアできるはず!」とのみ表示される。

脚注[編集]

  1. ^ 社長が訊く『ニンテンドー3DS』 内蔵ソフト 篇 6. 悔しさをバネに『顔シューティング』”. 任天堂 (2011年3月10日). 2011年4月5日閲覧。
  2. ^ 現在は公式ページから削除されている

外部リンク[編集]