メトロイドプライム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メトロイドプライム
METROID PRIME
ジャンル ファーストパーソンアドベンチャー
対応機種 ニンテンドーゲームキューブ
Wii
開発元 レトロスタジオ
発売元 任天堂
シリーズ メトロイドシリーズ
人数 1人
メディア 光ディスク
発売日 GC
アメリカ合衆国の旗 2002年11月15日
日本の旗 2003年2月28日
欧州連合の旗 2003年3月21日
Wii
日本の旗 2009年2月19日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRBT(13歳以上)
PEGI12
OFLC:M(Mature)
コンテンツ
アイコン
暴力(PEGI
デバイス Wii
ヌンチャク対応
売上本数 日本の旗 約12万本
アメリカ合衆国の旗 約198万本
世界 約283万本
その他 GBAケーブル対応
テンプレートを表示

メトロイドプライム』(METROID PRIME)は、レトロスタジオ開発、任天堂発売のニンテンドーゲームキューブ専用ゲームソフト

概要[編集]

メトロイドシリーズ』の『プライム』三部作の第一弾。時系列は『メトロイド』と『メトロイドII』の間で、ストーリーはメトロイドと、フェイゾンという物質が深く関わる話となっている。 今作は主人公であるサムスの視点(主観視点)によるプレイ、ファーストパーソン・シューティング方式が採用されている。また謎解き要素が多く、アイテムや仕掛けの種類がRPG作品並みに多いのも特徴。

『プライム』シリーズ三部作の中で唯一CEROの対象年齢A(全年齢対象)とされている作品で、Wii版でも変更されることがなかった。

2009年2月19日に『Wiiであそぶ メトロイドプライム』としてWiiに移植された。

Wii版での変更点[編集]

『Wiiであそぶセレクション』版では一部の仕様が、『メトロイドプライム3 コラプション』を基準としたものに変更されている。詳しくは『プライム3』の項も参照。

操作はWiiリモコンヌンチャクにのみ対応しており、他のコントローラ及びWiiリモコン単体には対応していない。操作方法は『プライム3 コラプション』とほぼ同様であり、Wiiリモコンのポインタで照準と視界を調整し、GC版と違い攻撃しながらサムスを動かすことも可能。ビームの種類変更はバイザー変更と同様の方法で行う。

おまけ要素の入手方法もGC版のスキャン率とゲームクリアに応じた解禁から変更され、『プライム3 コラプション』と同様にスキャン率増加やボス敵の撃破などで収集できる「クレジット」を交換して入手し、ゲーム進行(主に新パワードスーツの入手)に応じて交換可能な項目が増えていく。

また、『プライム3 コラプション』からの要素として、ゲームクリア後にスキャン率データを受け継いでの2周目プレイが行えるようになり、スキャン率100%への難易度が若干下がっている。

メトロイドフュージョン』との連動要素はカットされたため、初代『メトロイド』は遊べなくなったが、フュージョンスーツでのプレイはゲームクリア後にクレジット交換で可能となる。

また、ハードの性能上昇に伴ってGC版に比べて画質が大幅に向上している。

ストーリー[編集]

サムス・アランの活躍によりスペースパイレーツは全滅したと思われていたが、惑星ゼーベスの軌道上では戦禍を逃れたパイレーツの一団が居た。

生き残った部隊は二つの部隊に別れ、一方はゼーベスに再び戻り要塞の再建を目指し、もう一方は新たな星での要塞再建を目指して強力なエネルギー反応のある惑星ターロンIVに降り立った。そこで目にしたものはかつて鳥人族の文明がその場所にあったことを示す遺跡の数々だった。

やがて彼らは、謎のエネルギーが遺跡の一つである神殿の地下に封印されている隕石から漏れ出していることを突き止めた。後にこのエネルギー物質を「フェイゾン」と名付け、この物質には生物を突然変異させる特性があることが分かったスペースパイレーツは、ターロンIVの生物にフェイゾンを組み合わせる生物実験を始めると共に神殿地下に封印されたフェイゾンの核である隕石を手に入れようとするが、神殿の封印を解くことが出来ず、入手に困難を極めていた。

その頃、サムスのスターシップのレーダーがターロンIVの軌道上に浮かんでいるスペースパイレーツの船を発見する。船の内部に進入したサムスは、そこでフェイゾンでの生物実験の結果を目撃する。

フェイゾン[編集]

英語表記はPhazon。生物の遺伝子に影響を与える放射性物質。被曝した生物は死亡、もしくは突然変異を起こし、その毒性に耐えられるように身体機能が著しく変化する。基本的には岩石に浸透して鉱石の形になるが、この鉱石は非常に危険な性質を持っており、生身で触れれば、たとえフェイゾンによって突然変異をした生命体でも一瞬にして死に至ってしまう。またサムスが接触しただけでもかなりのダメージを負い、バイザーの危険感知機能から警告文が表示される。パイレーツはこの鉱石を採掘し、仲間のパイレーツやメトロイドに注入して実験を行った。また、この鉱石の中には意思を持つものも存在しており、これをコアとしたサーダスと呼ばれる無機生命体が存在する。通常は毒々しい青色をしているが、濃度の濃いものは赤色(一部攻略本では『フェイゾンマグマ』と表記)や黒色に変色する。なお、ターロンIVと同時期にエーテルでも確認されているが、どちらの惑星もフェイゾンを含有する隕石の襲来によりフェイゾンがもたらされ、その隕石の発生源は、惑星フェイザである。

ステージ[編集]

惑星ターロンIV (Planet Tallon IV)
今作の冒険の舞台。ゼーベスと同じ星系の第五惑星。かつては鳥人族が暮らしており、豊かな生態系が存在していた。しかしフェイゾンの隕石が落下したことにより惑星中がフェイゾンに汚染され、生態系が大きく変化した。鳥人族はフェイゾンの核である隕石を封印するためにクレーターに神殿を建造し、12個のチョウゾアーティファクトを鍵として封じ込め、さらにフェイゾンを根絶してくれる者がいつか訪れることを願い、数々の武器を遺跡に配置した。その後パイレーツがこの惑星を発見し、基地を設けてフェイゾンを採掘し様々な実験を行っている。元来のメトロイドの舞台であったゼーベスやSR388と異なり、行動範囲は地下に限らず、多種多様なエリアが探索の舞台となる。惑星の質量は5.1兆テラトンである。
主なエリア
フリゲートオルフェオン(Frigate Orepheon)
惑星ターロンIVの軌道上に浮かぶパイレーツの宇宙船。サムスが救難信号をキャッチし初めに訪れる場所である。ゼーベスの戦火を逃れたパイレーツがフェイゾンを使用して生体実験を行っていたが、サムスの到着時には実験体の暴走によりパイレーツは大きなダメージを受けていた。また、ゼーベスで死亡したリドリーをメタリドリーとして復活させる作業も行われていた。サムスが実験体のひとつであるパラサイトクイーンを動力炉に落とした事で壊滅し、ターロンIVに墜落する。
ここもステージの一つとなっておりマップステーションや仕掛けなどが存在する。
ターロンオーバーワールド(Tallon Overworld)
サムスが最初に降り立つエリア。森に覆われ常に雨が降り注ぎ、様々な生物が生息している。フェイゾンの隕石が落下したクレーターがある地点であり、アーティファクト神殿はここに存在する。オルフェオンが墜落したのもこのエリアであり内部に侵入することも出来る。なお、このエリアはストーリーを進めるとBGMが変化する。(最初に訪れた際のBGMは『メトロイド』のエリアの一つである『ブリンスタ』のBGMのアレンジ版である。)
チョウゾルーインズ(Chozo Ruins)
ターロンIVに住んでいた鳥人族が遺した遺跡。すでに鳥人族は存在しておらず荒廃、砂漠化が進んでいる。数々の防衛兵器やパワードスーツのアイテムはそのまま残っている。フェイゾンの影響で変異した植物フラーグラの排出する毒素に遺跡全体が汚染され、遺跡内に流れる水は全て強酸性となっている。遺跡には鳥人族の碑文(チョウゾロア)もあり、鳥人族の歴史や当時の苦しみを知ることが出来る。ステージの多くのエリアに複雑な謎解きや仕掛けが用意されている。
ラヴァケイブス(Lava Caves)
灼熱の溶岩に満たされた洞窟。一直線に近い構造になっており、かつては鳥人族が各エリアに移動する際に用いていた連絡通路だった。ノルフェア同様に高熱エリアがあるが、空が見える場所もあり、そこまで地下というわけでもない。すでにスペースパイレーツの手が加えられており、簡易基地や地熱を利用した発電所が設けられている。またこのステージは高温地帯なのでバリアスーツを入手していないとダメージを受け続けるので探索は不可能である。
BGMには『スーパーメトロイド』でのノルフェア深部のアレンジ版が使用されている。
アイスバレイ(Ice Valley)
氷と雪に閉ざされた極寒の地。ルーインズ程ではないが鳥人族の遺跡が点在している。また、低温気候によりメトロイド保管に適しているため、パイレーツはこの場所に研究所を兼ねた基地を建造して実験をしており、フェイゾン鉱石を使用した無機生命体サーダスの戦闘実験も行われている。 
エリア最端部は広大な地底湖が広がる鍾乳洞が存在し、水没地点が多くパイレーツの手が加えられていない(ドローンやフライングパイレーツ等による偵察は行われている)。
フェイゾンマインズ(Phazon Mines)
ターロンIVにおけるスペースパイレーツの本拠地。最もフェイゾンが集中しているクレーター付近に建造されており、パイレーツはここでフェイゾンの採掘を行なっている。また、エリア内には遺伝子変化によるフェイゾン強化パイレーツが配置されており攻略は非常に困難である。大きく分けて三層に分けられ、研究をメインとする1F、強化パイレーツであるエリートパイレーツを低温冬眠タンクで保存するB1、そして多くのメトロイドを放ち、最深部に最強のエリートパイレーツでありボスであるオメガパイレーツが配置されたB2となっている。ゲーム中盤で訪れることが出来る最後のステージだけあって敵クリーチャーも厄介な者が多く、仕掛けや謎解きもより複雑であるため難易度はかなり高い。
インパクトクレーター(Impact Crater)
ラストステージ。隕石の衝突地点。12個全てのチョウゾアーティファクトを集め、アーティファクト神殿を経由して到達することが出来る。クレーターには洞窟のようなものが出来ていて、内部には非常に高濃度の赤色フェイゾンが存在しており、デバイドメトロイドが無限に湧いてくる。最深部にはターロンIVのフェイゾンの発生源であり本作のラスボスメトロイドプライム'が眠っている。

ボス[編集]

パラサイトクイーン(Parasite Queen)
フリゲートオルフェオン内で行われていたパイレーツのフェイゾン実験による、パラサイトの強大な突然変異体。口から破壊力のあるエネルギービームを発射する事が可能な人工強化パラサイト。口の中が比較的弱く、最初のボスなので耐久力は低いが、フリゲート艦のメイン動力部に展開されているシールドの内側にいるため、攻撃を当て辛くなっている。また、攻撃を跳ね返すシールドを時々高速回転させて、こちらの攻撃を妨害する(なぜパラサイトクイーンがシールドを操れるのかは不明だが、パラサイトクイーンのビームはシールドを貫通する)。
突然変異の影響で、顎の周りに異常発達した筋肉組織を持ち、前足には金属をも貫通する強度を持った爪が備わっている。また、口内に酸を含んだ流動性の液胞を持ち、成長と共に反射機能を兼ね備え硬度を増した甲羅など、外部からの攻撃にも十分に対応する事が出来る。尾の先端に生殖器官の一部である開口部を持ち、パラサイトの卵は不溶解性の殻により、母親の酸性の体液から身体を保護しているようだが、作中で幼生パラサイトを産む描写はない。
フェイゾン注入実験による最初の成功例のようで、全ての実験体で力や大きさ、攻撃性の増幅が認められ、数体は形状の変化も発生したが、他の実験体は第3注入後も生存している実験体の大半が、制御不能で処分せざるを得ず、第4注入後の死亡率は100%であった。メトロイドプライム3でも、惑星エリシアのパイレーツ生物研究所にパラサイトクイーンと思われる個体が存在する(内骨格が透けているため死骸のように見えるが、よく見ると小刻みに動いており、生きていることが分かる)。この個体は強い突然変異の影響で、元の生物を特定出来なかった。
大乱闘スマッシュブラザーズX』にも、フィギュア及びフリゲートオルフェオンの背景として登場しているが、何もしてこない。
ハイブトーテム(Hive Mecha)
鳥人族の創造したアイテム防御ユニット。武装は無く有機的なユニットを保護、連動する事で敵を排除する防御メカノイドで、高硬度の金属装甲を持つが、有機ユニットの誘導時に未装甲部分が露出する
ハイブトーテム自体は攻撃をしてこないが、特殊なシグナルを出してブラッドワスプを呼び出し攻撃させる。ブラッドワスプを全滅させると、新たに呼び寄せる時に、弱点が露出する。
ジャイアントビートル(Plated Beetle)
ターロンビートルのボス的存在。チョウゾルーインズに生息しており頭部の甲殻は金属よりも硬く、角状の部分を武器に突進攻撃をする。
頭部とは対照的に腹部は弱い。ゲーム中盤になると普通の雑魚敵同様に登場するようになるが、耐久力は以前戦った時よりも低くなっている。
アサルトバーナAO-1837(Incinerator Drone)
チョウゾルーインズに配備されている鳥人族が造った火炎放射型の防御ユニット。内部はアイテムを保管出来る造りになっている。
敵を排除するようにプログラムされており回転しながら火炎を放射する。回転を維持するために一時的に内部構造を露出する。ダメージを受けると、上部のポイズンワスプの巣に火炎を放射してしまい、ポイズンワスプが同時に襲ってくるようになる。ポイズンワスプハイブは、火炎放射以外では破壊出来ない。
フラーグラ(Flaahgra)
チョウゾルーインズの噴水に取り付いたフェイゾンの影響による突然変異植物。巨大な花の中央から、蟷螂のような外見のめしべが生えている。基本的に植物の特性を強く持ちながら動物の運動機能を合わせ持つクリーチャー。細胞に特殊な葉緑素を持ち、超高速の光合成により活動エネルギーを得ている。その際酸素ではなく強力な毒素を発生するためルーインズの水質が汚染された(撃破後、浄化される)。強い攻撃性を持っているが、太陽光線がなければ活動する事が出来ない。また、身体は厚く硬い外皮に覆われており、武器による攻撃も本体にダメージを与える事は不可能であるが、攻撃により気絶状態に至らせ、暫くの間、運動機能を停止させる事は可能。フラーグラが排水溝に沿って生やしている触手の奥には、フラーグラの弱点である中央神経系統が位置している。
攻撃手段はめしべからの毒性の弾を吐く、鎌状の葉を振り下ろす、毒性の草を発生させるなどである。こちらからの反撃は方法が分かりにくいため、戦い半分謎解き半分となる。: ウェイブバスターで直にダメージを与えられるという裏設定がある(対峙したその時点でのウェイブバスター入手は不可能)。
シーゴース(Sheegoth)
ベビーゴースのボス的存在。アイスバレイでは最強とされる捕食動物である。
背中にエネルギーを吸収する事が可能な特殊クリスタルの甲羅を持っている。攻撃手段は口から冷気を放射する、吸収したエネルギーを変換した冷気弾を吐く、体当たりなどである。
弱点は柔らかい腹部や、攻撃後に無防備になった口。また熱にも弱い。ジャイアントビートル同様、ゲーム中盤になると耐久力が低くなった個体が出現するようになる。
サーダス(Thardus)
スペースパイレーツが行った『プロジェクト・タイタン』の実験体。フェイゾン鉱石化した岩石で構成されている無機生命体。フェイゾンエネルギーをコアとする岩石が意思を持ち、集合体として機能している。サーダス自身が放つフェイゾン放射線により自動ターゲットシステムは機能せず、サーモバイザーを切り替えてターゲットポイントをサーチする必要がある。
フェイゾン鉱石は非常に耐久性が高く、衝撃に強い特性を持ち、そのエネルギーを介して互いに結合する。そのため鉱石製のシェルは防御力が極めて高いが、サーモイメージングで鉱石の結合剤となる高濃度の放射能を感知可能である。
岩石を飛ばす(こちらの攻撃で迎撃可能)、丸まって体当たり、サムスを凍らせる氷の波など敵を氷に閉じ込めるだけでなく、その巨体を利用した強烈なパワーで攻撃してくる。特定のアイテムがなければ回避不可能な技も多数繰り出してくる。
エリートパイレーツ(Elite Pirate)
プロジェクトヘリックスと呼ばれるフェイゾンを使ったDNA実験により生み出されたフェイゾン強化パイレーツ。
フェイゾンマインズ内の低温冬眠タンクに数体保管されており、一部の者はタンクを突き破りサムスに襲い掛かる。さらにゲームを進めると何度か登場する。
背中にはプラズマキャノン砲を装備している。またエネルギー吸収システムを装備しており、ビーム攻撃を吸収して衝撃波を生成する。
ドローンMK-II
ステルス装置を装備したドローン。攻撃は普通のドローンと同じだがステルス装置がある為ロックオン・スキャンは不可能。だがウェイブバスターが追尾するので、簡単に倒せる。スキャン不可能のため、ログブックにも記録されない。機械系の敵のため体温を持たず、サーモバイザーで捕捉不可能。
フェイゾンエリート(Phazon Elite)
高濃度のフェイゾンを注入されたエリートパイレーツの実験体である。
こちらはエリートパイレーツとは違いプラズマキャノンは装備していないが、耐久力は高く、動作も機敏。倒すとチョウゾアーティファクトが出現する。おそらくアーティファクトの1つを発見したパイレーツにより一緒に保管されていたものと思われる。
オメガパイレーツ(Omega Pirate)
エリートパイレーツプログラムの最終形態。
両肩と両足にフェイゾン装甲を持っており破壊されても近くにあるフェイゾンを吸収し再生する。
吸収の際には姿が透明になりテレポートをする。この時だけダメージを与えられるが、様々なビームやバイザーを使わなければならないので、バトル+謎解きとなる。攻撃手段はエリートパイレーツとほぼ同じだが攻撃力はかなり高くなっている。また、トゥルーパー系統を呼び出して再生の時間稼ぎをする。
メタリドリー(Meta Ridley)
パイレーツの遺伝子工学と機械化で復活したリドリーのメタフォーム。弱点でもある薄い胸部装甲を高反発性の表皮で保護しており、マルチミサイルシステムや追尾性ブレス、ボムランチャー等の武器を装備している。冷気系の攻撃が有効だが、動きが早いので当てるのは困難。一定ダメージを与えると翼が壊れて地上に降り、戦闘方法が変化する。
メトロイドプライム(スパイダー) (Metroid Prime)
フェイゾンが生んだ究極生物。ターロンIVのフェイゾン源と推察される異常生命体。完璧と言える甲殻は一切の攻撃を受け付けないが、頭部にある視界を得るための僅かな隙間の部分のみ攻撃が有効である。ビーム、冷気、ミサイル等多彩な攻撃能力を持ち、その能力に応じて身体特性も変化する。その変化に応じ、同じ属性のビームで攻撃する必要がある。
メトロイドプライム(ヘッド) (Second Form)
本作の最終ボスで、甲殻を脱いだメトロイドプライムの本体。フェイゾンエネルギーの身体には従来の武器は一切効果がなく、プライム(ヘッド)が攻撃時に生み出すフェイゾン溜まりをビームに変換し、フェイゾン融合を果たしたアームキャノンによる攻撃のみダメージを与える事が出来る。プライム(ヘッド)は他のメトロイドを産出する間に姿を消して敵の目を欺くが、特定のバイザーに切り替える事で再び視認可能となる。なお、切り替えるべきバイザーの順番には規則がある。

おまけ要素[編集]

  • ゲームをクリアすると難易度ハードモードが追加される。
  • GC版ではGBAケーブルを使いメトロイドフュージョンと連動させる事により第一作目であるメトロイドを遊ぶことが出来る。またクリア後にはフュージョン仕様のスーツを選べるようになる。Wii版では初代メトロイドは収録されていない。
  • スキャン率を上げるとイメージギャラリーが解除される。ギャラリーでは今作とメトロイドフュージョンの設定資料が見られる。
  • アイテム回収率を75%以上にしてクリアするとサムスの素顔が見られる。また100%にしてクリアするとエンディング後に隠しムービーを見ることが出来る。

その他[編集]

  • フェイゾンマインズのボスは最初の計画では「クレイド」になる予定だった。[1]
  • 大乱闘スマッシュブラザーズXに今作の曲が収録されている。原曲では「vsパラサイトクイーン」、「vsメタリドリー」。アレンジでは「オープニング/メニュー」。

出典[編集]

  1. ^ Generation-N - Did You Know? Classic Metroid enemy Kraid was planned to be in Metroid Prime

外部リンク[編集]