GetAmped

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

GetAmped(ゲットアンプド)はサイバーステップが開発したオンライン3D対戦アクションゲーム。1.5~2頭身のキャラクターが格闘を繰り広げる。最大16人まで同時対戦が可能。何度もサービス開始・停止を繰り返してきたが、現在はサイバーステップが「ゲットアンプドX」でサービス運営中。主に「GA」と称される。

当初のGAはネット対戦自体が課金制度だったが、ガンホー・オンライン・エンターテイメントに運営が移管されてからは一部のアイテム購入時に課金する方式をとり、プレイ自体は無料へと変わった。

歴史[編集]

GetAmpedはネットワークゲームがまだまだ一般的ではなかった2002年にサービスが開始した。 JAVAを使い、Windows、Macintoshの両方で動作が可能。

2001年12月17日 お試し版運用を開始。(~2002年1月31日まで)

2002年4月26日 サイバーステップが正式サービスを開始。そして2年後程にサービス停止。オフラインは無料で、オンライン対戦は有料という方式を採用。この頃はネット対戦自体が課金制だった。

2004年4月27日、ガンホー・オンライン・エンターテイメントが運営を開始。運営が思わしくなかった為か、2006年1月31日に運営を停止。

2006年5月8日 サイバーステップが再び、「ゲットアンプドX」として運営を開始。現在サービス運営中。

2007年4月24日 超神ネイガーとコラボを果たす。これ以降アップデートではネイガーに関するアイテムも出てきている。

2008年11月 「ゲットアンプド2」正式サービス開始。

オリジナルスキンエディットシステム[編集]

GetAmpedには他のゲームにはない、「オリジナルスキンエディットシステム」というシステムがあり、 頭部パーツを変形させたり、頭や顔のテクスチャを編集でき、自分だけのオリジナルのキャラを作成することができる。

このオリジナルスキンは配布することもでき、配布されているスキンは誰でも利用可能。(ただし、加工して使うことは不可)

スキンは最大3つまで登録することができる。4つ目から登録するときは、既存のスキンを上書きすることになる。有料のゲーム内アイテムを使うことにより、登録できるスキンの数を増やすことも可能。(最大5つまで)

スタイル[編集]

ゲットアンプドの世界には「スタイル」というjobのようなものが存在し、スタイルによって攻撃力や防御力などのパラメータや、攻撃方法に変化がある。

この「スタイル」がゲットアンプドの醍醐味の1つでもある。

現在「ゲットアンプドR」で実装されているスタイル

  • 格闘家

パラメータにばらつきがない、バランスの取れたスタイル。

  • 軍人

素手や、武器で戦うことが得意だが、移動能力が多少低いスタイル。 

  • スパイ

移動能力が高く武器扱いが得意だが、攻撃力と防御力が低いスタイル。

  • 超人

圧倒的な攻撃力を持つ。その反面移動能力は軍人以上に低いスタイル。

  • アーマー

圧倒的な防御力を持つ。しかしその他のパラメータが低いスタイル。

  • エスパー

強力な魔法が使えるスタイル。しかしパラメータの値は軒並み低いスタイル。

  • 宇宙刑事

攻撃力・移動力・防御力が軒並み高いが、その反面ジャンプ力や武器扱いが低いスタイル。

  • 未来力士

攻撃力の高さに加え、移動能力が高いが、その反面防御力が低いスタイル。

  • アンドロイド

1アクションする度にMPを消費する特殊タイプ。パラメータは軒並みどれも高いスタイル。

  • 忍者

スパイ以上の移動力を備えているが、その反面防御力が低いスタイル。

  • コロボックル

圧倒的な手数で戦えるが、武器扱い、またはジャンプ力が低いスタイル。

  • 獣人(ビースト)

HPが半分以下になると強力な野獣に変身することができる特殊スタイル。

  • モンク

格闘家とエスパーを合わせたスタイル。気功術が得意。

  • ジャッジメント

超人と宇宙刑事を合わせたスタイル。氷結が得意。

  • 剣豪

未来力士と忍者を合わせたスタイル。長いリーチで敵を斬れる。

  • ハーフブルート 

コロボックルと獣人を合わせたスタイル。HPに関係なく、変身(覚醒)が可能。

  • マーシナリー 

軍人とスパイを合わせたスタイル。走りながらアイテムが拾えたり、移動力がアイテムに影響されない。

  • ファランクス 

アーマーとアンドロイドを合わせたスタイル。スーパーアーマーなどで、敵に一方的に打撃を加えることが可能。

外部リンク[編集]