クロム・クルアハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クロウ・クルワッハから転送)
移動先: 案内検索

クロム・クルアハCrom Cruach)は、アイルランドで信仰されていたとされる。人身御供を捧げる儀式が行われていたとされる[1]。偽史書であるアイルランド来寇の書英語版ミレー族がこの神を信仰していたとする。息子はClonnach[2]Crom Dubh英語版はこの神を元にエウヘメリズムによって創りだされた架空の人物であり[3]、ClonnachはこのCrom Dubhの息子だともされる[2]

概要[編集]

伝説上の王ティゲルンワス英語版は、アイルランドを統一したミレー族エーレウォーン英語版玄孫にあたる。来寇の書には彼が王として成した功績が並べ上げられているが、その治世の最後[4]、彼はサウイン英語版の夜に自ら開いた大集会において四分の三の同胞たちと共に死亡し、伝説から姿を消す[5]。稿本によってはこの集会はクロム・クルアハを崇めるための物であったとしている [6]。この事件が由来となって集会が開かれた場所はマグ・シュレーフト英語版(礼拝の平原)[7]と名付けられた[8]

三部作パトリック伝英語版』もこの神について言及している[9]。マグ・シュレーフトに建てられたクロム・クルアハの像は金と銀で覆われており、その周囲には黄銅で覆われた12の像が配置されていた[10]聖パトリックはクロム・クルアハの偶像を破壊し、信仰を禁じたという。

この神の名から付けられた地名に、北アイルランドファーマナ州のクロム・クルーイック・ウェイ[11]や、オーストラリアワールンバングル国立公園英語版のセン・クルーイック山[12]がある。

[編集]

  1. ^ マルカル 2001, p. 62.
  2. ^ a b MacKillop 2004"Clonnach"
  3. ^ Crom Dubh - Oxford Reference”. Oxford University Press. 2015年11月26日閲覧。
  4. ^ アイルランド王国年代記英語版』においては紀元前1544年、『アイルランド史英語版』では紀元前1159年。
  5. ^ デイヴィス (2006, p. 113)はティゲルンワスの死因を「熱狂的な騒ぎに巻き込まれた」ためとしている。
  6. ^ Macalister 1956, p. 203[1]
  7. ^ 別宮訳(デイヴィス 2006, p. 113)
  8. ^ Macalister 1956, pp. 203,209[2][3]
  9. ^ ここではCenn Cruiachとされる。
  10. ^ Strokes 1887, pp. 91-93[4]
  11. ^ Crom Cruaich Way. 北緯54度17分57秒 西経7度52分20秒 / 北緯54.299159度 西経7.872187度 / 54.299159; -7.872187 (クロム・クルーイック・ウェイ)
  12. ^ Mount Cenn Cruaich. 南緯31度19分54秒 東経149度01分04秒 / 南緯31.331667度 東経149.017778度 / -31.331667; 149.017778 (セン・クルーイック山)

出典[編集]