フォモール族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォモール族(フォモールぞく、Fomoire フォウォレ)は、アイルランド神話に伝わる巨人族。

山羊などの頭を持った獣面の蛮族として描かれる事が多い。インデッハや邪眼のバロールといった王に率いられた。 太古からアイルランドに棲みついており、西方から訪れた種族の侵入を再三にわたって阻んだ。巨石を苦もなく扱い、人喰いの怪物とされる。

最初に侵入してきたパーソロン族は彼らと何度か戦闘を重ねたが最後はフォモール族によってペストに感染させられ全滅した。次に侵略してきたネヴェズ族はフォモール族に敗れ、彼らに隷属を強いられ年貢として牛と子供を納めなければならなくなった。

フォモール族の支配に最初に成功したのはフィル・ボルグ族であるが、彼らはフォモール族とは平和的に共存していた。最後の侵入者であるトゥアハ・デ・ダナーン神族はフィル・ボルグ族よりも巧妙にフォモール族を懐柔し、フォモール族の隙を付いて彼らをアイルランドから駆逐した。その後生き延びた者は妖精としてひっそりと暮らしているといわれている。

関連項目[編集]