ブリギッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブリード(Brigit, Brighit, Brid, Briid, Brigid[1])は、ケルト神話に登場する女神で、キリスト教到来以前に、アイルランドで広く信仰されていた。火、金属細工、豊穣、家畜、作物の実り、そして詩の女神である。その名はアイルランド語で「崇拝される者[1]」あるいは「高貴な者」という称号から来ている[2]ブリギッドブリーイッドブリギッテとも呼ばれる。

概説[編集]

ブリードは、ダグザ(Dagda)の娘であり、後世の伝承では、Senchan Torpeist の妻とされた[1]。女神は単独で考えられていたが、また同時に3人の女神(ブレグ(偽り)、メング(狡猾)、メイベル(醜さ))でもあった[3]。ブリードの祭日は2月1日のインボルクの祭りである。この祭りは、牝牛の乳搾りに関係しており、この種の祭りとして、アイルランドの四大祭の一つでもあった[2]

ブリードは、しばしばローマ神話ミネルウァウェスタと比較され、またブリテンの偉大な女神であるブリガンティア(Brigantia)と関連付けて考えられた。アイルランドには、ブリギッド、ブリジット(Beigid, Brigit)の名を持つ聖女が十五名いるが、神話のなかの女神であったブリードは、またキリスト教の聖女ブリギッドとも見なされた[4]。ウェスタと比較されるように、ブリードは処女神であったが、キルデアの聖ブリギッドとしては、豊穣の女神の側面が強調された[2]

ブリギッドはフォモール族(Fomorians)のブレス(Bres)の妻である。

家族関係[編集]

Tuireann によると、ブリギッドは Creidne、Luchataine、ゴヴニュ(Goidniu)の母親である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Oxford Dictionary, pp.58–59。
  2. ^ a b c グリーン、pp.216–217。
  3. ^ 『知っておきたい 日本と世界の神々』(松村一男/著、西東社)p.147。
  4. ^ Oxford Dictionary, p.216。

参考文献[編集]

関連項目[編集]