マッハ (ケルト神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マッハはアルスターの住民たちに「五日間の産みの苦しみ」を受ける呪いをかけたという。

マッハMacha)は、ケルト神話に伝わる戦いの三女神の一柱[1]。正確には古アイルランド語でヴァハと呼ばれ[2]、その名は「戦」[3]、または「怒り」を意味する[4]。 「赤い鬣(たてがみ)のマッハMacha Mong Ruad)」または「赤毛のマッハMacha Dearg)」と呼ばれることもある[3]

、戦い、豊饒、および主権を司ると言われる[5]。赤い髪に真っ赤なドレスとマントに身を包み、赤い一本足の馬に引かせた戦車で戦場を駆け巡り[3]、戦士達を戦闘の狂気の渦へ導くとされている[6]モリガンが魔法の他に槍を用いて戦うのに対し、マッハは常に魔法のみを用いて戦う[4]。戦死者の首を食べるとされ、敵の首を門に飾るケルトの風習は「ヴァハの木の実の餌」と呼ばれ、彼女への供物だといわれている[2][7]

神話ではデルバイス英語版神と女神エルンワス英語版の間の娘で[8]、モリガン、バズヴとは三姉妹だとされている[1]フィル・ヴォルグ族との戦いでは魔法を駆使してトゥアハ・デ・ダナーンの勝利に貢献したが[6]フォモール族との戦いでバロールにヌアザと共に殺された。マッハは何度も転生を繰り返し、ネヴェズ族の族長の妻やミレ族の王女、クルンヌッフ英語版(クルンチュー)の妻たる妖精となって度々神話に登場している[3]

クルンヌッフの妻となった際は、アルスター競馬が行われた時、夫が自分の妻は国王の馬よりも速く走れると自慢したため、国王から挑戦を受ける。マッハは出産間近であることを理由に断ったが、夫を処刑すると脅された。結局、マッハは国王の馬と競争して勝つが、双子を産んだ後に絶命してしまう。この時、マッハはアルスター中の男たちに、9世代にわたり重要な局面では5日分の陣痛と同じ苦しみを受ける、という強力な呪いをかけている。

出典[編集]

  1. ^ a b 『虚空の神々』170頁。
  2. ^ a b 『世界の神々の事典』202頁。
  3. ^ a b c d 『虚空の神々』171頁。
  4. ^ a b 『西洋神名事典』199頁。
  5. ^ 『ケルト神話』141頁。
  6. ^ a b 『虚空の神々』169頁。
  7. ^ 『ケルト』66頁。
  8. ^ 『ケルト神話』348頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]