アンヴァル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アンヴァル佐藤俊之 著作の表記。近代アイルランド語: Aonḃáɼɼ /Aonbhárr)は、ダナーン神族のひとり長腕のルーの馬で、海神マナナーン・マク・リールからの借物とされる。海も陸も同様に平気で駆けることができ、乗り手の無事を守る魔法の馬であった。

語意[編集]

Enbarrは「飛沫(しぶき)」の意味であると中世の辞典『コルマクの語彙集』英語版には定義されている[1]

また「単一のたてがみ[注 1]の意味だとするユジーン・オカリー英語版説や[2]、「鳥の頭を持つことを意味する」というジョン・リース英語版の解説もある[3]

近年のケルト神話辞典には「唯一の超越性」という説明もみられる[注 2][4]

表記[編集]

「アンヴァル」というカナ表記は、佐藤俊之の著述にみられる[5]。しかし『トゥレンの子らの最期』の和訳には馬の名が明記されていない例が多い(井村君江ヤン・ブレキリアン英語版のケルト神話入門書に所収される訳文)[6][7]

アイルランド語ではアイルランド語: Aonḃáɼɼ Mhannanáin /Aonbhárr Mhannanáin[8]等。発音は、英語風に表記すれば"ain-barr"とされる[9]

英訳としては、Aenbharr[8]、Œnbarr[注 3][10]、Énbarr[3][4]、"Enbarr of the flowing mane, that is, the driving wind"[注 4][11]、"Enbarr of the Flowing Mane"[12]、"Aonbharr, of the One Mane"[13]、"Splendid Mane"[14]、Aenbarr of Mananan[15]、Anbarr[9]などが挙げられる。

伝承文学[編集]

トゥレンの子らの最期[編集]

近代物語版『トゥレンの子らの最期』によれば、ルーはマナナーンから帷子や胸甲、剣フラガラハを借り受けて装備させられており、馬も海神が融通したものであった。原文通りの文言を引くならば、この馬アンヴァル(エーンバル)は、「海も陸も同じで、その背にある騎乗者は殺されることはない」という魔性の馬である[16]。また、これに勝る速さの馬も強さの馬もいないと記述される[17]

トゥレンの子らは、課せられた賠償品を世界から集めるためにこの馬の借用を願い出たが拒否されており、そのかわりルーから魔法の船の「静波号」〔ウェイヴ・スウィーパー[注 5]の使用をかなえられた。ルーは、持ち前の馬以外にも、シチリア国王ドバールが所持する二頭の馬を賠償として所望するが、この二頭もやはり「海も陸も同じく(平気に走る)、速さも力もこれらに勝る血統の馬はいなかった」という、性質のよく似た馬たちである[注 6][6]

考察[編集]

ウェールズの伝承[編集]

アイルランドのルーに相当するウェールズの神は「手先器用な」の異名をもつスェウ・スァウ・ゲフェス英語版だが、その馬は「黄白色の足跡の駒」の意の名(ウェールズ語: Melyngan Gamre[20]、または「薄黄色の種馬」の意の名(Melyngan Mangre)だとされている[注 7][21]

この言及は、『ウェールズの三題詩』の一編に含まれる。スェウの馬は、「ブリテン島の三頭の贈答馬」のひとつであることが、海神からの借物であるルーの馬と共通するとリース英語版教授は指摘している[3][19]

また、タリエシンの書英語版の一編では、スェウの馬は「半ば馴らされた」馬と形容されるが[22]、察するに野獣や猛獣をてなづけるような調教の苦労が偲ばれるのではないか、とされている[3]

白馬[編集]

邦書には、このマナナーンの馬が白馬であるとする参考書が相当数あり[5]、洋書にも例はある[注 8][23]

これは古典にそう明記した原典は見つからないが、例えば M・オールドフィールド・ハウィーという著者の 『魔法と伝説の馬たち』(1923年)は、「海に嵐が起きるとき、アイルランドではそのくだける波がマナナーン・マクリルの白馬たちであるといわれる」としている[24]石田英一郎の英文論文でも同著書から引用しているが、その右欄外に"Mannanán’s white horse"という見出しがついている[25]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ "One Mane".
  2. ^ "unique supremacy"。
  3. ^ 船は Ocean-Sweeper[10]
  4. ^ 剣は Frecart.
  5. ^ 「静波号」は井村による和訳名。原名は「波の箒(ほうき)」の意のアイルランド語: Sguaba Tuinne(O'Curry (1863), pp. 193, 192n).
  6. ^ 『来寇の書』英語版によれば、ルーが賠償に求めた二頭の馬は、ガーニア(?)とレー(?) (アイルランド語: Gainne & Rea)という[18]
  7. ^ ブロムウィッチは、詩の英訳では"Pale Yellow of the Stud"「馬小屋の薄黄色[馬]」と表記しているが、解説部分では別の用例を引いて mangre を "stud-horse"と訳している。リースは「住処の黄白のもの」"the Yellow-white one of the Habitation"と訳している[19]
  8. ^ ハリー・マウンテン編の百科事典第4巻 p. 840では、"すばらしきたてがみとアンヴァルという二頭の白馬 (two white horses Splendid Mane and Aonbarr)"をもちいて二頭立ての馬車を御すと記載されるが、これは勘違いである。「すばらしきたてがみ("Splendid Mane")」とは前述したようにアンヴァルの意訳名のひとつに過ぎない[14]
出典
  1. ^ O'Donovan tr. (1868), "Enbarr", Sanas Chormaic, p.66: "froth. én "water" + barr "cacumen, spuma".
  2. ^ O'Curry (1863), p. 163, note 145
  3. ^ a b c d e Rhys, John (1891), Studies in the Arthurian, Clarendon, https://books.google.com/books?id=hHw6AAAAMAAJ&pg=PA221 
  4. ^ a b Mackillop, James (1998). “Énbarr”. Dictionary of Celtic Mythology. Oxford University Press. ISBN 0192801201. 
  5. ^ a b 佐藤俊之 監修『伝説の「武器・防具」がよくわかる本」』(PHP 文庫 2007年), p.144 "ルーには、聖剣フラガラックや、絶対に落馬しない白馬アンヴァル、..光の槍ブリューナクを与えられた(p.144)"
  6. ^ a b 井村君江, 1990 & 157-240.
  7. ^ ヤン・ブレキリアン (2011), 下、42頁
  8. ^ a b O'Curry (1863), pp. 162/163.
  9. ^ a b Rolleston, T. W. (1911), Myths & Legends of the Celtic Race, Constable, pp. 125, 422, https://books.google.com/books?id=yhcSAQAAIAAJ&pg=PA422 
  10. ^ a b O'Grady, Standish (1881), History of Ireland, 1, Sampson Low, p. 110, https://books.google.com/books?id=odsvAAAAMAAJ&pg=PA110 
  11. ^ MacBain, Alexander (1884), “Celtic Mythology X”, Celtic Magazine 9: 170, https://books.google.com/books?id=nmVJAAAAMAAJ&pg=PA170 ; 同 (1885), Celtic Mythology and Religion, p. 71
  12. ^ Joyce, P. W. (1894), “The Fate of the Children of Turenn; or, The Quest for the Eric-Fine”, Old Celtic Romances: pp. 37-95, https://books.google.com/books?id=c98YAAAAYAAJ&pg=PA37 
  13. ^ Lady Gregory (1905), Gods and Fighting Men, p. 22, https://books.google.com/books?id=3uDxKXNg8iUC&pg=PA22 
  14. ^ a b Squire, Charles (1904), Celtic Myth and Legend: Poetry & Romance, pp. 60, 89, 92, https://books.google.com/books?id=t3WjqN6yfewC&pg=PA60 
  15. ^ Cross, Tom Peete; Slover, Clark Harris (1936), Ancient Irish Tales, H. Holte, p. 22, https://books.google.com/books?id=3uDxKXNg8iUC&pg=PA22 
  16. ^ O'Curry (1863), pp. 162/3: "And thus was the personal array of Lugh of the Long-Arms, namely: the Aenbharr.. she was as fleet as the naked cold wind of spring, and sea and land were the same to her, and [the charm was such that] her rider was never killed off her back."
  17. ^ >O'Curry (1863), pp. 190/191: "sea and land is equally convenient to them; and there are not swifter or stronger steeds than they; (fuil="blood, stock (DIL)"; laidre/láthar="vigor, energy(DIL)")
  18. ^ Macalister, R.A.S. ed., tr., Book 4, "Part VII: Invasion of the Tuatha De Danann" ¶317.
  19. ^ a b c Rhys, John (1888), The Hibbert Lectures, Clarendon, https://books.google.com/books?id=MWRIAAAAMAAJ&pg=PA385 
  20. ^ Myvr. Arch. Triads ii. 50 = ヘルゲストの赤本版の表記。英語での意訳"Steed of the Yellow-white Footsteps"はリースによる[3][19]
  21. ^ Bromwich, Rachel, ed. (2014) [1961], “Triad 26, 26WR: Three Powerful Swineherds of the Island of Britain”, Trioedd Ynys Prydain (Cardiff: University of Wales Press): pp. 50–58, 103–104, https://books.google.com/books?id=K2euBwAAQBAJ&pg=PA103 
  22. ^ Skene, Poem XXVIII (Book of Taliessin XXV), The Four Ancient books of Wales I, p. 308. "the steed of Lleu half domesticated"; 原文: II, p. 176 "march ƚƚeu ƚƚetuegin".
  23. ^ Mountain, Harry (1998). “Manannan”. The Celtic Encyclopedia. 4. Universal-Publishers. https://books.google.com/books?id=DeCTYUagBcUC&pg=PA840. 
  24. ^ Howey, Mary Oldfield (2002) [1923], The Horse in Magic and Myth, Dover, p. 143, https://books.google.com/books?id=NSArXBknWlQC&pg=PA143 
  25. ^ Eiichirô, Ishida; Yoshida, Ken'ichi (1950). “"Kappa" Legend. A Comparative Ethnological Study on the Japanese Water-Spirit "Kappa"and Its Habit of Trying to Lure Horses into the Water” (pdf). Folklore Studies 9: 35. https://nirc.nanzan-u.ac.jp/nfile/1304.  (JSTOR) (SCRIBD)

参考文献[編集]

一次資料