西谷史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西谷 史(にしたに あや、1955年3月14日[1] ‐ )は、日本の小説家。男性。三重県多気町生まれ。北海道大学経済学部卒業[1]東京都国立市在住[1]。血液型はO型。

経歴[編集]

電機メーカー勤務を経て作家となる。会社員であった当時は、パソコンに対して強い苦手意識を抱きつつもOA業務と向き合い、その経験が後の小説『デジタル・デビル・ストーリー』に生かされることとなる[2]パソコン通信時代にBBSSFショート小説をいくつか送り込み、それが評判を呼び、BBSの参加者たちの強い要望によって活字化される。1980年代半ばに、ソフトバンクより出版されていたパソコン誌『Oh!PC』にそのショートショートが連載されていたことがある。そのショートショートの中の1作品に、『デジタル・デビル・ストーリー』の原点ともいうべきアイデアが登場している。

1986年に発表された初の長編SF『デジタル・デビル・ストーリー』の第1巻「女神転生」は、OVA化やゲーム化などをされて、当時では珍しいメディアミックス作品として成長した。ファミコンソフト『デジタル・デビル物語 女神転生』は人気を博し、20年以上にわたり続編を出す人気シリーズとなっている(その後のゲーム版女神転生シリーズでは、原作者としてコピーライトに名前を残すのみでほとんど関与していない)。朱砂(しゅさ)という別ペンネームも持っている。

主な作品[編集]

  • デジタル・デビル・ストーリー
    • デジタル・デビル・ストーリー 女神転生
    • デジタル・デビル・ストーリー2 魔都の戦士
    • デジタル・デビル・ストーリー3 転生の終焉
    • 新デジタル・デビル・ストーリー1 捕われの女神
    • 新デジタル・デビル・ストーリー2 氷界の女王
    • 新デジタル・デビル・ストーリー3 神魔の惑星
    • 新デジタル・デビル・ストーリー4 怒りの妖帝
    • 新デジタル・デビル・ストーリー5 女神よ永遠に
    • 新デジタル・デビル・ストーリー6 転生の絆
    • 愛蔵版 女神転生 デジタル・デビル・ストーリー1~3
  • 介&光
    • 介&光1 ブレイン・介
    • 介&光2 デザイア・介
  • 東京SHADOW
    • 東京シャドウ1 赤い稲妻
    • 東京シャドウ2 黒い蝶
    • 東京シャドウ3 灰色の闇
    • 東京シャドウ4 朱の迷宮
  • ウルティマ妖魔変
    • ウルティマ妖魔変1 水竜の章
    • ウルティマ妖魔変2 魔道の章
    • ウルティマ妖魔変3 紅霧の章
  • 神々の血脈1~10
  • 神々の血脈NU
  • ダビデの刻印1~3
  • ブラディー・セイント女鬼1~3
  • 転生X 妖星キローン
  • 転生Y 太陽の巫女
  • 伊弉冉 -イザナミ-
  • 秘神録 水神の巫女
  • 記憶
  • トレジャーシーカーS&M アマゾンの聖石
  • アスラの聖地 The Death City
  • タイム・ダイブ1986
  • 黄金の剣は夢を見る
  • 聖杯は迷宮に誘う
  • 銀のコインは愛を伝える
  • どーしてねこ年はないのか!? 猫を101倍好きになる本
  • 社にほへと ※神社本庁等の抗議等もあり開発中止

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『文藝年鑑 2015』日本文藝家協会/編、2015年6月発行 巻末「文化各界人名簿」より。
  2. ^ 西谷史 「西谷史先生直伝! ライトノベル創作講座 あなただけの発想力を磨こう」『ライトノベルを書きたい人の本』 榎本秋、成美堂出版、2008年10月10日、56-57頁。ISBN 978-4-415-30387-1

外部リンク[編集]