ペルソナ4 ダンシング・オールナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペルソナ4 ダンシング・オールナイト
ジャンル Pサウンドアクション
対応機種 PlayStation Vita
開発元 アトラス
ディンゴ(開発協力)
発売元 日本の旗 アメリカ合衆国の旗 アトラス
欧州連合の旗 日本一ソフトウェア
オーストラリアの旗 バンダイナムコエンターテインメント
韓国の旗 ソニー・コンピュータエンタテインメント
プロデューサー 和田和久
橋野桂 (クリエイティブプロデューサー)
ディレクター 和田和久
音楽 小塚良太 (サウンドコンポーザー)
目黒将司 (サウンドディレクター)
美術 副島成記(キャラクターデザイン)
シリーズ ペルソナシリーズ
人数 1人
メディア PS Vitaカード
ダウンロード (2755MB)
発売日 日本の旗 2015年6月25日
アメリカ合衆国の旗 2015年9月29日
欧州連合の旗 2015年11月6日
オーストラリアの旗 2015年11月6日
韓国の旗 2015年12月24日[1]
対象年齢 日本の旗 CEROB(12才以上対象)
アメリカ合衆国の旗 ESRBT (13歳以上)
欧州連合の旗 PEGI:「12
オーストラリアの旗 OFLC(豪州): M
韓国の旗 GRB:12(12歳未満提供禁止)
コンテンツ
アイコン
CERO:
セクシャル、言葉・その他
ESRB:
Language
Mild Blood
Mild Violence
Partial Nudity
Suggestive Themes
PEGI:
Mild bad language
OFLC:
Sexual references and sexualised imagery
売上本数 日本の旗 119,090本[2]
テンプレートを表示

ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』(ペルソナフォー ダンシング・オールナイト)は、アトラスより2015年6月25日に発売されたPlayStation Vitaゲームソフト

概要[編集]

ペルソナシリーズ』の外伝的な位置付けであるが、内容は同シリーズの楽曲を使用したリズムアクションゲームペルソナ4のBGMのアレンジ楽曲に加え、テレビアニメで使用された楽曲が登場。登場する曲のアレンジャーにはシリーズサウンドディレクターである目黒将司と同社コンポーザーの小塚良太に加えて、浅倉大介と小室哲哉を起用[3]が発表されている。

追加楽曲やコスチューム、アクセサリーはDLCとして有料配信されている。初回特典でコスチュームのDLCが付いているが、通常版でも有償DLできる。

ストーリー[編集]

事件解決後の夏。都会に戻った久慈川りせはアイドル活動を再開し、忙しい毎日を過ごしている。都会では最近、「午前0時にあるサイトで流れる奇妙な動画を開くと”向こう側”に連れて行かれ、二度と目を覚まさない」という奇妙な都市伝説が流行していた。

とあるきっかけで”向こう側”に連れていたかれたりせはその世界が『マヨナカステージ』と呼ばれ、後輩アイドルの真下かなみが所属するグループ「かなみんキッチン」のメンバーが連れて行かれた事を知る。鳴上ら「特別捜査隊」の仲間にSOSを出し、かなみ達の救出に挑む。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

鳴上 悠(なるかみ ゆう)
- 浪川大輔
本作の主人公。名前はテレビアニメ版である。現在は高校三年生になって都会に戻り元の暮らしをしていたが、りせからの『お願い』がきっかけで陽介ら特別捜索隊の面々や従妹の菜々子、叔父の遼太郎と再会する事になる。
久慈川 りせ(くじかわ りせ)
声 - 釘宮理恵
今をときめく売れっ子アイドルの高校二年生。同じ事務所で後輩のかなみが所属する「かなみんキッチン」のメンバーが「マヨナカステージ」にいる事を知り、救出を決意する。
そして、主人公ら「特別捜索隊」に”絆フェス”と呼ばれる多くのアイドル達が出場するイベントでバックダンサーの出演を依頼する『お願い』を主人公らに持ちかけた。
真下 かなみ(ました かなみ)
声 - 寿美菜子
りせと同じ事務所のアイドルグループ「かなみんキッチン」のメンバーでりせの妹分として人気のアイドルである高校一年生。
アイドルになるきっかけになった憧れの人物がいる。普段の時は黒髪に黒いナイロールフレームのメガネをかけた地味な見た目の少女。
PVでは事件の始まりと思われる謎の動画を目撃している姿が描かれている。
アニメ版ペルソナ4で登場した姿と異なるのは、ゲーム本編で名前以外の登場がなかったために放映時はアニメ版スタッフの手によってオリジナルの姿が描かれた。
続編である「ペルソナ4ザ・ゴールデン the Animation」で八十稲羽警察署内にはられているポスターに登場した際はゲームの姿が使用されている。
花村 陽介(はなむら ようすけ)
声 - 森久保祥太郎
ダンススタイル:ヒップホップ[4]
主人公のよき”相棒”の高校三年生。とあるきっかけで、他の特別捜索隊のメンバーと一緒に主人公とりせに再会。
かなみのファンでもあり写真撮影をしていたかなみを目撃した際に「生かなみんとかマジでありがとうございます!」とやや興奮気味に喜びを表している。
持ち前の軽い身のこなしを生かしたヒップホップダンスで敵に挑む
里中 千枝(さとなか ちえ)
声 - 堀江由衣
ダンススタイル:ストリート系カンフーダンス[4]
特別捜索隊の一人で主人公と同じ高校三年生。カンフーが得意でダンスにも取り入れている。
天城 雪子(あまぎ ゆきこ)
声 - 小清水亜美
ダンススタイル:オリジナル[4]
特別捜索隊の一人で主人公と同じ高校三年生。流れるような動きやバレエの動きに雪子の個性が加わったオリジナルダンスで華麗に舞う。
白鐘 直斗(しろがね なおと)
声 - 朴璐美
ダンススタイル:ステージ系ダンス[4]
特別捜索隊の一人でりせや完二と同じ高校二年生。代々警察に協力してきた探偵「白鐘家」の5代目の出自もあり、頭脳明晰。
社交ダンスの経験があるのか、主人公との会話で「社交ダンスなら何とかなるが、この類はてんでダメ」と語っている。
巽 完二(たつみ かんじ)
声 - 関智一
ダンススタイル:ロッキンベースのパワフル系ダンス[4]
特別捜索隊の一人でりせや直斗と同じ高校二年生。大柄な体格といかつい見た目に反して料理や裁縫が得意な一面も持つ。
クマ
声 - 山口勝平
ダンススタイル:教育番組風創作ダンス[4]
ペルソナ4でシャドウ達が存在する「テレビの中の異世界」にいた自由奔放な着ぐるみで、主人公達と事件を追っていくうちに人の姿を得た不思議な存在。
2種類のティザームービーが発表された時点ではゲームの概要を説明しながら踊っているだけだったが、「ペルソナチャンネル特番」にて公開されたPVやOPムービー内で正式に参戦が判明。エルヴィス・プレスリーを思わせる白いダンス衣裳は、マヨナカステージで目立ちたいがために夜なべして作った特別製[4]

サブキャラクター[編集]

堂島 菜々子(どうじま ななこ)
声 - 神田朱未
「ペルソナチャンネル特番」で公開されたPVで登場が判明。(PVでは主人公と一緒にダンスをしている)
直接的な戦闘には加わらないものの[5]、現実世界でかなみと出会い、ダンスの才能を見いだされた事で行方不明のかなみんキッチンのメンバーの代わりに”絆フェス”に参加すると同時にかなみ・遼太郎ともに事件の真相を追うことになる。
堂島 遼太郎(どうじま りょうたろう)
声 - 石塚運昇
ストーリー内容を紹介するPV第2弾で登場が判明。主人公の母方の叔父で菜々子の父親であり、八十稲羽署では『鬼刑事』と言われているベテラン。
りせと共に”絆フェス”に参加する主人公達に逢う菜々子の付き添いとして都会に出向いた際に、かなみから「かなみんキッチン」のメンバーが行方不明になった事を聞き、かなみ・菜々子と共に現実世界から、アイドル失踪事件の謎と犯人を追うことになる。
井上 実(いのうえ みのる)
声 - 内匠靖明
りせ・かなみが所属する事務所のマネージャーでかつてはりせを受け持っていた。現在は「かなみんキッチン」の担当を務めている。
かなみに「呪いの動画」の存在を話している。
かなみんキッチン
真下かなみがセンターを務めるアイドルグループ。
かなみ以外のメンバーは、王子様キャラの中原のぞみ(声 - 石原夏織)、お笑い担当の上杉たまみ(声 - 内田彩)、ぷにロリキャラの右島すもも(声 - 小見川千明)、リーダーでお姉さんキャラの左山ともえ(声 - 本名陽子)の4人。
落水 鏡花(おちみず きょうか)
声 - 久川綾
かなみんキッチンのプロデュースを手掛けている女性。”絆フェス”の総合プロデューサーも務めている。自分にも他人にも厳しいことで有名であり、ファンの間でも恐れられている。

その他のキャラクター[編集]

マーガレット
声 - 大原さやか
ベルベットルームの住人。ストーリーモードの導入部の案内も務める。
一定の条件を満たすことで、フリーダンスの専用曲をプレイできる。
マリー
声 - 花澤香菜
『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』に登場したベルベットルームの住人。
DLCを購入することで、フリーダンスの専用曲をプレイできる。
足立 透(あだち とおる)
声 - 真殿光昭
『ペルソナ4』に登場した八十稲羽署の刑事。
DLCを購入することで、フリーダンスの専用曲をプレイできる。
初音 ミク(はつね ミク)
声 - 藤田咲
バーチャルシンガー。詳細は該当記事を参照。
DLCを購入することで、フリーダンスの専用曲をプレイできる。

発表と発売[編集]

2013年11月にニコニコ動画にて行われた「緊急放送!マヨナカ前まで生テレビ」内で発表されたタイトルの一つで、発表時は2014年秋の発売を予定していたが、東京ゲームショー2014におけるアトラス新作発表内で『ペルソナ5』と共に2015年への延期が発表された[6]。また発表当初はディンゴとの共同開発とアナウンスされたが、アトラスのペルソナチームによる主導開発へと変更されディンゴは開発協力となっている。

本作の早期購入特典として『ペルソナ5』の特典映像ブルーレイが付属する。

コラボレーション[編集]

  • maimai ORANGE PLUS - セガ・インタラクティブから発売されている「maimai ORANGE PLUS」と、2015年稼働開始の「チュウニズム」とのコラボレーションが実施された。「maimai ORANGE PLUS」並びに「CHUNITHM」に本作の楽曲が登場する[7]
  • DENON - オーディオブランド「DENON」とのコラボレーション。ゲーム中で装備可能なアクセサリーに、DENONのヘッドフォンが登場している。
  • パセラ - 「カラオケパセラ」とのコラボレーション。期間中、コラボメニューや楽曲の配信などが行われた。
  • 初音ミク - ゲーム中に「Heaven feat.Hatsune Miku(ATOLS Remix)」の楽曲が配信され、初音ミク本人も登場した[8]

注釈[編集]

外部リンク[編集]