橋野桂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

橋野 桂(はしの かつら)は、日本ゲームクリエイター。株式会社アトラスに所属。

来歴[編集]

真・女神転生if...』から開発に携わるようになり、『真・女神転生デビルサマナー』、『デビルサマナー ソウルハッカーズ』では、忠誠度を使った戦闘やインストールソフトなどのゲームシステムを担当。『魔剣X』シリーズよりディレクターとなる。『真・女神転生III-NOCTURNE』では、プレスターンバトルや仲魔の育成システムといった、従来の『女神転生』シリーズになかったシステムを構築。『ペルソナ3』、『ペルソナ4』、『ペルソナ5』では、ディレクションと同時にプロデューサーも兼任。

RPG制作以外では、『超執刀 カドゥケウス』シリーズの原案とプロデュースや、『キャサリン』のディレクションとプロデュースを手掛けている。

自分でプレイしたいと思い、ユーザーの人もプレイしたいと思えるゲームを目指したいと語っている。

参加作品[編集]

代表作[編集]

外部リンク[編集]