ミスラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローマのミトラス

ミスラ(Miθra)とはイラン神話に登場し、英雄神として西アジアからギリシアローマに至る広い範囲で崇められたインド神話の神ミトラ(मित्र [mitra])と起源を同じくする、インドイラン共通時代にまで遡る古い神格である。その名は本来「契約」を意味する。

本項では、イランでのミスラの他、インドのミトラやギリシア・ローマのミトラース(ミトラス)についても説明する。

インドのミトラ[編集]

インド神話では、契約によって結ばれた「盟友」をも意味し、友情・友愛の守護神とされるようになった。また、インドラ神など他の神格の役割も併せ持った。『リグ・ヴェーダ』などではヴァルナとは表裏一体を成すとされる。この場合ミトラが契約を祝福し、ヴァルナが契約の履行を監視し、契約に背いた者には罰を与えるという。

ミタンニ文書でも、ミトラはヴァルナ、インドラナーサティヤとともに現れる[1]

後世のインド神話ではあまり活躍しない。アディティの産んだ十二柱の太陽神(アーディティヤ神群)の一柱で、毎年6月の一カ月間、太陽戦車に乗って天空を駆けるという。

イランのミスラ[編集]

「ミスラ」という語形はインドのミトラに対応するアヴェスター語形で、パフラヴィー語ではミフル(Mihr)、ソグド語ではミシ(Miši)[2]バクトリア語ミイロ(Miiro)という。古くは、インドと同じく契約・約束の神だったが、中世以降は友愛の神、太陽の神という性格を強めた。民間での信仰は盛んで、ミスラを主神とする教団も有った。ミトラ一神教という動きもあった。

ゾロアスター教のミスラ[編集]

ミスラ(右側)

ミスラは、司法神であり、光明神であり、闇を打ち払う戦士・軍神であり、牧畜の守護神としても崇められた。古くはアフラ・マズダーと表裏一体を成す天則の神だったが、ゾロアスター教に於いてはアフラ・マズダーが絶対神とされ、ミスラはヤザタの筆頭神に位置づけられた。このような変化があったものの、「ミトラはアフラ・マズダーと同等」であることが、経典の中に記され、初期の一体性が保存された。中世の神学では特に司法神としての性格が強調され、千の耳と万の目を以て世界を監視するとされる。また、死後の裁判を司るという。

マニ教のミスラ[編集]

マニ教におけるミスラ(ミフル神)の役割は、言語によって異なる。パルティア語ではミフル神は「第三の使者」と同一視され、中世ペルシア語では「生ける霊」と同一視される[3][2]

曜日名[編集]

ミスラ神の光明神としての性格が強調され、太陽と同一視された結果、中世ペルシア語では日曜日のこともミフルと呼ぶようになった。これがソグド語に借用されてミールになり[4](バクトリア語からの借用とも[5])、「蜜」と漢訳された[6]

宿曜道とともに平安時代の日本にも伝えられ、当時の具註暦では、日曜日に「密」「みつ」「みち」などと朱書きされていた。

他宗教への影響[編集]

岩から生まれるミトラス神(アテネ国立考古学博物館

ミスラ信仰はペルシャ帝国期、マギ神官 (magi) によって小アジアシリアメソポタミアに伝道され、ギリシアローマにも取り入れられた。ギリシャ語形・ラテン語形でミトラース(Μίθρας [Mithras])と呼ばれ、太陽神、英雄神として崇められた。

その信仰はミトラス教 (Mithraism) と呼ばれる密儀宗教となって、1世紀後半から4世紀半ばまでのローマ帝政期、ローマとその属州で広く信奉され、善悪二元論終末思想が説かれた。最大のミトラス祭儀は冬至の後で太陽の復活を祝う12月25日の祭で、キリスト教クリスマス(降誕祭)の原型とされる。のちに新プラトン主義と結合し、キリスト教と争ったが、圧迫されて衰退した。

また弥勒菩薩(マイトレーヤ)は、名の語源を同じくする事から、ミスラを起源とする説も唱えられている。これによると、弥勒菩薩の救世主的性格はミスラから受け継いだものだという。

ユダヤ教の天使メタトロン (Metatron) の起源もミスラであるという説がある。メタトロンは神の住居といわれる第七天に住み、小ヤハウェともいわれるほどの実力者である。タルムードの賢者アヘルは、これを第二の神としたために異端者とされた。一方のミスラもアフラ・マズダを凌ぐほどの崇拝を受け、ゾロアスター教の正統に拮抗する勢力を保持した。また、ミトラの持つ「契約の神」「丈高き者」「万の目を持つ者」「万人の監視者」「太陽神」といった性格を、メタトロンも同じように保持していることが分かっている。メタトロンは「契約の天使」「非常な長身」「無数の眼の持ち主」「夜警」「太陽のような顔」といった性格を備えており、その異称「ミトロン (Mittron) 」からもミスラの影響がうかがえる。

脚注[編集]

  1. ^ Paul Thieme (1960). "The 'Aryan' Gods of the Mitanni Treaties". Journal of the American Oriental Society 80 (4): 301–317. JSTOR 595878. 
  2. ^ a b Werner Sundermann (2002). “MITHRA iii. IN MANICHEISM”. イラン百科事典. http://www.iranicaonline.org/articles/mithra-in-manicheism-1. 
  3. ^ ミシェル・タルデュー 『マニ教』 大貫隆; 中野千恵美訳、白水社2002年、157,159。
  4. ^ Yutaka Yoshida (2013). “Sogdian”. In Gernot Windfuhr. Iranian Languages. Routledge. p. 329. 
  5. ^ Badri Gharib (2012). “HAFTA”. イラン百科事典. XI Fasc. 5. p. 530. http://www.iranicaonline.org/articles/hafta-week-history-of-the-weeky-calendar-in-iran-1. 
  6. ^ 『宿曜経』下:日曜、太陽。胡名「蜜」、波斯名「曜森勿」、天竺名「阿你(泥以反)底耶(二合)」。

関連項目[編集]