ティアマト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティアマット

ティアマトアッカド語: tiamat)は、バビロニア神話en)の女神である。

呼称[編集]

古代バビロニア神話では、アッカド語で全ての神々を生み出した「生命の母[1]」の意である。

神話[編集]

アプスーとティアマトは多くの神々を生んだが、増えるにつれて増大する、神々の起こす騒ぎに耐えかねたアプスーは、ティアマトに彼らを殺すよう持ちかけた。 しかし、母なるティアマトはそれを拒否。 更にアプスーは計画を悟ったエア魔術によって眠らされて殺されてしまう。

ティアマトは、更に続く神々の起こす騒動に耐えていたが、エアの子であり父をはるかに凌ぐ力を持つマルドゥクの誕生と、アヌによって贈られた4つの風によって遊び、騒がせるマルドゥクに苛立ち、配下の神々の批判もあってついに戦いを決意する。

ティアマトは権威の象徴たる「天命の書板」をキングーという神に授けて最高神の地位に据え、更に11の合成獣軍団を創造し、戦いの準備を進めていく。 後に神々により選ばれティアマト討伐に来たマルドゥクを迎え撃つが、マルドゥクの威容を見たキングーは戦意を喪失。 ティアマトは一人でマルドゥクに挑み、彼を飲み込もうと襲い掛かったが、飲み込もうと口をあけた瞬間にマルドゥクが送り込んだ暴風により口を閉じることがかなわなくなったところを、弓で心臓を射抜かれて倒された。

その後彼女の体は二つに引き裂かれ、それぞれが天と地の素材となった。 彼女の乳房は山になり、そのそばに泉が作られ、その眼からはチグリスユーフラテスの二大河川が生じたとされる。 こうして、母なる神ティアマトは、世界の基となった。

出土した粘土板等で実際の女神について確認できる記述は、彼女が「角」と「尾」を持っていたことのみである。

ティアマトが生み出した11の魔物[編集]

フィクションにおけるティアマト[編集]

ティアマトはフィクション作品でしばしばドラゴン)とされる(下半身がという説もある[2])。テーブルトークRPGダンジョンズ&ドラゴンズ』に登場する女神Tiamatは多頭のドラゴンでもある。日本においても、ロールプレイングゲーム真・女神転生』シリーズで「邪龍」に分類され、同じロールプレイングゲームの、『オウガバトルサーガ』や『ファイナルファンタジーシリーズ』ではドラゴンの姿で登場する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ti (生命) + ama (母) = tiamat
  2. ^ 『図説 幻獣辞典』 幻冬舎コミックス

関連項目[編集]