栖原隆史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すはら たかし
栖原 隆史
生誕 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
職業 アニメーター
アニメーション演出家

栖原 隆史(すはら たかし)は、日本アニメーター演出家。アニメ制作会社ufotable所属。

来歴・作風[編集]

大阪芸術大学出身。大学時代は、後輩であり2018年現在のufotableデジタル映像部チーフである寺尾優一の自主制作アニメの制作を手伝っていた。大学卒業後、絵を描くのが好きだった栖原は、寺尾がufotableに入社したことを聞き、2006年春にufotableに入社した[1]

入社後は動画、第2原画として活動し、2009年公開の『劇場版 空の境界 第七章』にて初の原画を担当。さらに、演出をやりたいとufotable代表の近藤光に伝えていたことから、第七章にて近藤が制作した絵コンテの清書を担当した。その後、2011年から2012年にかけて放送されたテレビアニメ『Fate/Zero』で演出の仕事を進められるもアニメーターとしてのキャリアが5年程度と短いことから一度は断っていた。しかし、最終的には第9話「主と従者」の絵コンテ・演出を担当することになり、さらに第4話「魔槍の刃」の絵コンテ・演出も務めることになり演出家デビューを果たす[1][2]

2014年から2015年にかけて放送されたテレビアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』では、本作最大の勝負話数として脚本段階で原作者の奈須きのこ自身が大幅に手を加えた第20話「Unlimited Blade Works.」の絵コンテ・演出を担当。奈須曰く「最大の無茶ぶり」と評したシナリオをアニメーション向けに再構成した。奈須節の表現や心象風景の演出は奈須やキャラクター原案の武内崇、監督の三浦貴博をはじめ、視聴者からも高い評価を受けた[2][3]

2017年放送のテレビアニメ『活撃 刀剣乱舞』では第9話「元の主(あるじ)」にて絵コンテ・演出のほか共同脚本も担当し脚本家デビューも果たしている。

時代劇が好きな影響から、殺陣のある話数の絵コンテ・演出を務めることが多い[2]。目標として演出家の平尾隆之を挙げており、アプリゲーム『GOD EATER ONLINE』以降のゲーム『ゴッドイーター』シリーズのアニメーションパートの演出をufotableデジタル映像部の武中敬吾と共に平尾から引き継いでいる[1]。また、同ゲーム開発チームが手掛ける『CODE VEIN』のアニメーションパートの監督も務めた。

作品リスト[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場版アニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

実写映画[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “クライマックス突入記念! 『Fate/Zero』の舞台裏に迫る!! 制作会社 ufotable ニューカマーピックアップ:「演出」栖原隆史さん”. (2012年5月26日). https://news.mynavi.jp/article/20120526-s_fatezero/2 2018年11月25日閲覧。 
  2. ^ a b c Fate/stay night [Unlimited Blade Works] BDBOXⅡAnimation Material P9-P10、P30
  3. ^ Fate/stay night [Unlimited Blade Works] アニメビジュアルガイド (2015年10月24日発行)、KADOKAWA、P150

関連項目[編集]

外部リンク[編集]