武内崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たけうち たかし
武内崇
プロフィール
生誕 1973年8月28日
所属 TYPE-MOON
公式サイト 竹箒
代表作
アダルトゲーム 月姫
Fate/stay night
挿絵 空の境界

武内 崇(たけうち たかし、1973年8月28日 - )は、イラストレーター、同人作家。TYPE-MOON代表。有限会社ノーツ代表取締役

本名は竹内 友崇(たけうち ともたか)[1]千葉県八千代市出身[1]。アニメ製作の際には役職によって名義を同時に使い分けている。キャラクター原案などの原作サイドの活動は武内名義、プロデューサーなどのアニメスタッフとしての活動は竹内名義となる。

略歴[編集]

漫画家時代
当初は漫画家を目指しており、1996年に第3回エニックス21世紀マンガ大賞で「武内崇」名義にて『F』で佳作受賞、月刊少年ガンガンWING1997年冬季号に短編『勇者部ただいま活動中!!』を遺すものの、定着は出来なかった。
社会人時代
コンパイルでCGグラフィックの仕事をしていたが、同社が1998年和議法を申請したため退社した。先輩のつてを頼りに、東京にあるアーケードゲーム開発中心の会社(ライジング)に再就職し、格闘ゲームやシューティングゲームのモーションデザインをする。
同人サークルの運営
中学時代からの友人である奈須きのこ同人サークル「竹箒」を結成した。これにコンパイル時代の元同僚であるプログラマー清兵衛作曲家Kateが加わると、2000年に同人サークル「TYPE-MOON」に発展し、『月姫』を制作する。制作開始後、ホームページ竹箒で知り合いであったOKSGが、雑用およびサークルホームページ管理として加わる。
『月姫』製作中も前述の会社には勤めていたため、帰宅すると朝4時まで『月姫』を制作する生活を行っていた。仕事と同人作家の二足のわらじを履きながら、7ヶ月かけてグラフィック総数約400枚を仕上げる。『月姫』時代は東京都大田区に住んでいた。
ゲーム制作会社設立
2004年にTYPE-MOONを法人化する形でゲーム制作会社「ノーツ」を設立し(TYPE-MOONはそのブランドに)、代表に就任。

人物[編集]

メイド好き、アルトリア顔好き
極度のメイド好きで、『月姫』や『Fate/stay night』でメイドが登場するのは、彼の嗜好である。
『Fate/stay night』のセイバーは特に気に入っており、彼女の顔をベースにした派生キャラクター、通称アルトリア顔サーヴァントが大量に作られるようになった。その結果「セイバー系ヒロインを殺す」ことを目的に動くアルトリア顔の少女謎のヒロインXが誕生した。
自画像と愛称
自画像は「作務衣を着た熱血野郎」として描かれ、『MELTY BLOOD』ではメカヒスイを選択した時に、極めて低い確率ながらその姿を見ることが出来る。TYPE-MOON社内、および同人誌即売会等の場では「武ちゃん」の愛称で親しまれている。
影響を受けた作品
好きな絵描きは内藤泰弘[2]赤井孝美[2]田島昭宇[2]冨樫義博[2]。一時期『幽☆遊☆白書』に影響を受けた。中学生時代には石川賢の漫画版『魔界転生』より奈須と共に多大な影響を受ける[3]石ノ森章太郎のファンでもある。他にも漫画『ヒカルの碁』の登場キャラクター藤崎あかりをモデルとして、『月姫』の弓塚さつきを造形するなど、原画家として漫画から影響を受けている。またアニメからの影響も受けてもおり、『Fate/hollow ataraxia』に登場するキャラクターのカレン・オルテンシアは『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイ[4]バゼット・フラガ・マクレミッツは『妖獣都市』の麻紀絵[5]などアニメのキャラクターよりインスピレーションを得ている。

主な作品[編集]

ゲーム[編集]

小説挿絵[編集]

アニメ[編集]

漫画[編集]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 通信販売の責任者欄や月姫資料集の巻末の連絡先から。
  2. ^ a b c d 武内崇profile (Internet Archive)”. 竹箒(1998年12月08日更新). 竹箒(公式ホームページ) (1999年4月29日). 2012年2月3日閲覧。
  3. ^ TYPE-MOON 武内崇×奈須きのこ×OKSG スタッフ座談会第二夜
  4. ^ コンプティーク2006年02月号 奈須きのこ×武内崇 10000字インタビュー
  5. ^ 奈須きのこCharacter materialTYPE-MOON、2006年、75頁
  6. ^ TYPE-MOONエース』Fate/Grand Order、KADOKAWA2015年8月10日

外部リンク[編集]