光BOX+

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

光BOX+(ひかりボックスプラス)とは、NTT西日本が提供しているAndroid搭載のセットトップボックス。HB-100は2012年3月22日販売開始、HB-1000は2013年6月25日販売開始。

概要[編集]

HDMIを使いテレビディスプレイと接続して利用するセットトップボックス。HuluYouTubeバスケットボールジャパンTVテレビドラゼミradikoで再生したり、ウェブブラウザの利用や囲碁対局ができる。

HB-100[編集]

アプリストアはAndroid標準のGoogle Playが利用できないが、光アプリ市場を利用可能。

リモコンはジャイロセンサーを内蔵しておりカーソルを操作できる。USBマウスも利用可能。

プリンタは、ePrint対応のWi-Fiプリンタが利用可能。

Smart TVボックスとしては、日本で初めての商用製品。

NTT西日本からの販売であるものの、東京などNTT東日本の管轄エリアでも、何の問題もなく利用できる。NTT以外の光ファイバー、ADSL、CATVインターネット、3Gデータ回線などでも利用可能。

仕様[編集]

製品名 光BOX+ HB-100 光BOX+ HB-1000
OS Android 2.3 Android 4.2[1]
映像・音声出力 HDMI 1.3 HDMI
USB USB 2.0 ホスト × 2 USB 2.0 ホスト × 2
イーサーネット 10/100Base-TX × 1 10/100/1000Base-TX × 1
無線LAN IEEE 802.11 b/g/n IEEE 802.11 b/g/n
Bluetooth なし 4.0
CPU ARM Cortex-A8 1GHz ARM Cortex-A9 2コア
DRAM 512MB (DDR2 SDRAM) 1GB (DDR3 SDRAM)
フラッシュメモリ 4GB 4GB
SDメモリカードスロット あり あり
大きさ 122×100×27.2mm 115×105×31.5mm
重さ 240g

価格[編集]

HB-100は税込み9,240円で販売している。月額使用料などは特にない。NTT西日本との回線契約も不要。光iフレームとは異なりレンタル契約がない。

HB-1000は税込み8,800円で販売している。

関連項目[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]