Pocket WiFi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イー・モバイルD25HW

Pocket WiFi(ポケット ワイファイ)とは、モバイルWi-Fiルーター、あるいはその機能(Wi-Fiテザリング)であり、ワイモバイルの登録商標。登録番号は(第5329146号)(第5340117号)である[1]

モバイルWi-Fiルーター[編集]

モバイルWi-Fiルーターとしては、以下の商品がリリースされている。特記なきものは、華為技術(ファーウェイ)製(以下同)。

  • D25HW - イー・モバイルからリリースされたモデル。
  • SoftBank C01HW - ソフトバンクモバイルからリリースされた、イー・モバイルより回線が提供されるデータ定額プラン契約者向け。
  • S31HW Pocket WiFi S - イー・モバイルからリリースされたAndroid搭載スマートフォン。スペックが低いため、テザリングを前面に販売している。
  • GP01 - イー・モバイルからリリースされたモデル。受信通信速度が高速化(HSPA+に対応)され、待機時間も延びた。コネクタもminiUSBからmicroUSBに変更。
  • S41HW Pocket WiFi SII - イー・アクセスからリリースされたAndroid搭載スマートフォンで、S31HWの後継にあたる。
  • GP02 - イー・アクセスからリリースされたモデル。EMOBILE G4DC-HSDPA)に対応。
  • GP03 - イー・アクセスがMVNO事業者向けに供給するモデル(市販されない)。EMOBILE G4(DC-HSDPA)に対応。製造は、バッファローが担当。
  • GL09PZTEジャパン製) - EMOBILE 4GEMOBILE LTEのデュアルモードに対応。
  • GL10P - EMOBILE 4GとEMOBILE LTEのデュアルモードに対応。

LTE通信対応のPocket WiFi[編集]

以下の商品は、EMOBILE LTEに対応しているため、Pocket WiFi LTEと称している。

Pocket WiFi機能を持つ端末[編集]

Pocket WiFi機能を持つ商品としては、以下の商品がリリースされている。

D25HWの主な特徴[編集]

  • 最大受信通信速度7.2Mbps、最大送信通信速度5.8Mbps
  • 5台までのWi-Fi機器を同時接続可能
  • 連続通信時間は約4時間
  • 連続動作時間は約100時間
  • 重さは電池パック装着時で約80g
  • WPS対応
  • microSDHCカード対応カードスロット搭載
  • USBケーブル接続でのデータ通信利用が可能

歴史[編集]

  • 2009年
    • 10月29日 - イー・モバイル、Pocket WiFi(D25HW)を発表
    • 11月18日 - イー・モバイル、Pocket WiFi(D25HW)を発売
  • 2010年
    • 3月18日 - ソフトバンクモバイル、Pocket WiFi C01HWを発表
    • 3月26日 - ソフトバンクモバイル、Pocket WiFi C01HWを発売
    • 12月14日 - イー・モバイル、Pocket WiFi S(S31HW)を発表
  • 2011年
    • 1月14日 - イー・モバイル、Pocket WiFi S(S31HW)を発売
    • 3月4日 - イー・モバイル、Pocket WiFi(GP01)を発表
    • 3月12日 - イー・モバイル、Pocket WiFi(GP01)を発売
    • 6月14日 - イー・アクセス、Pocket WiFi(GP02)、Pocket WiFi S II(S41HW)を発表

脚注・出典[編集]

  1. ^ 商標・登録商標について|ソフトバンク

関連項目[編集]

  • テザリング
  • HW-01C - D25HWのベースモデルの後継機種をドコモ向けにカスタマイズした製品。
  • F01HW - D25HWのドッキングステーション。Pocket WiFi Dock。
  • SoftBank 203Z - SBM初のPocket Wifiブランド端末だが、事実上、GL09Pのリモデルとなった端末。
  • SoftBank 301HW - SBMのPocket Wifiブランド端末だが、事実上、GL10Pのリモデルとなった端末。