LTEバンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

LTEバンド(英:LTE frequency band)とは、LTEで使用できる周波数帯のこと。[1]

LTEバンドは複数あり、それぞれをバンド1、バンド2という風に数字をつけて表記する。また、バンドの種類によって周波数が異なる。[1]

周波数帯域、チャネルの帯域幅[編集]

次の表は、3GPP TS 136.101の表5.5-1「E-UTRA動作帯域」および表5.6.1-1「E-UTRAチャネル帯域幅」から、LTEの指定周波数帯域および各帯域がサポートするチャンネル帯域幅を記したものである[2]

帯域 デュプレックス
モード
周波数
(MHz)
コモンネーム サブセットバンド アップリンク[A 1]
(MHz)
ダウンリンク[A 2]
(MHz)
デュプレックス・スペーシング
(MHz)
チャンネル帯域幅
(MHz)
1 FDD 2100 IMT 65 1920 – 1980 2110 – 2170 190 5, 10, 15, 20
2 FDD 1900 PCS (Blocks A–F) 25 1850 – 1910 1930 – 1990 80 1.4, 3, 5, 10, 15, 20
3 FDD 1800 DCS 1710 – 1785 1805 – 1880 95 1.4, 3, 5, 10, 15, 20
4 FDD 1700 AWS英語版 (Blocks A–F) 66 1710 – 1755 2110 – 2155 400 1.4, 3, 5, 10, 15, 20
5 FDD 850 CLR 26 824 – 849 869 – 894 45 1.4, 3, 5, 10
7 FDD 2600 IMT-E 2500 – 2570 2620 – 2690 120 5, 10, 15, 20
8 FDD 900 Extended GSM 880 – 915 925 – 960 45 1.4, 3, 5, 10
10 FDD 1700 Extended AWS‑1 (Blocks A–I) 66 1710 – 1770 2110 – 2170 400 5, 10, 15, 20
11 FDD 1500 Lower PDC 74 1427.9 – 1447.9 1475.9 – 1495.9 48 5, 10
12 FDD 700 Lower SMH (Blocks A–C) 85 699 – 716 729 – 746 30 1.4, 3, 5, 10
13 FDD 700 Upper SMH (Block C) 777 – 787 746 – 756 −31 5, 10
14 FDD 700 Upper SMH (Block D) 788 – 798 758 – 768 −30 5, 10
17 FDD 700 Lower SMH (Blocks B–C) 12 704 – 716 734 – 746 30 5, 10
18 FDD 850 Lower 800 (日本) 26 815 – 830 860 – 875 45 5, 10, 15
19 FDD 850 Upper 800 (日本) 26 830 – 845 875 – 890 45 5, 10, 15
20 FDD 800 EU Digital Dividend 832 – 862 791 – 821 −41 5, 10, 15, 20
21 FDD 1500 Upper PDC 74 1447.9 – 1462.9 1495.9 – 1510.9 48 5, 10, 15
22 FDD 3500 3410 – 3490 3510 – 3590 100 5, 10, 15, 20
24 FDD 1600 Upper L‑Band (アメリカ合衆国) 1626.5 – 1660.5 1525 – 1559 −101.5 5, 10
25 FDD 1900 Extended PCS (Blocks A–G) 1850 – 1915 1930 – 1995 80 1.4, 3, 5, 10, 15, 20
26 FDD 850 Extended CLR 814 – 849 859 – 894 45 1.4, 3, 5, 10, 15
27 FDD 800 SMR英語版 807 – 824 852 – 869 45 1.4, 3, 5, 10
28 FDD 700 APT英語版 703 – 748 758 – 803 55 3, 5, 10, 15, 20
29 SDL[A 3] 700 Lower SMH (Blocks D–E) N/A 717 – 728 N/A 3, 5, 10
30 FDD 2300 WCS英語版 (Blocks A–B) 2305 – 2315 2350 – 2360 45 5, 10
31 FDD 450 NMT 452.5 – 457.5 462.5 – 467.5 10 1.4, 3, 5
32 SDL[A 3] 1500 L‑Band (欧州連合) 75 N/A 1452 – 1496 N/A 5, 10, 15, 20
33 TDD 2100 IMT 39 1900 – 1920 N/A 5, 10, 15, 20
34 TDD 2100 IMT 2010 – 2025 N/A 5, 10, 15
35 TDD 1900 PCS (UL) 1850 – 1910 N/A 1.4, 3, 5, 10, 15, 20
36 TDD 1900 PCS (DL) 1930 – 1990 N/A 1.4, 3, 5, 10, 15, 20
37 TDD 1900 PCS (デュプレックス・スペーシング) 1910 – 1930 N/A 5, 10, 15, 20
38 TDD 2600 IMT-E (デュプレックス・スペーシング) 41 2570 – 2620 N/A 5, 10, 15, 20
39 TDD 1900 DCS–IMT Gap 1880 – 1920 N/A 5, 10, 15, 20
40 TDD 2300 2300 – 2400 N/A 5, 10, 15, 20
41 TDD 2500 BRS / EBS 2496 – 2690 N/A 5, 10, 15, 20
42 TDD 3500 CBRS (欧州連合、 日本) 3400 – 3600 N/A 5, 10, 15, 20
43 TDD 3700 3600 – 3800 N/A 5, 10, 15, 20
44 TDD 700 APT 703 – 803 N/A 3, 5, 10, 15, 20
45 TDD 1500 L‑Band (中華人民共和国) 50 1447 – 1467 N/A 5, 10, 15, 20
46 TDD 5200 U-NII 5150 – 5925 N/A 10, 20
47 TDD 5900 U-NII-4 46 5855 – 5925 N/A 10, 20
48 TDD 3600 CBRS (US) 3550 – 3700 N/A 5, 10, 15, 20
49 TDD 3600 48 3550 – 3700 N/A 10, 20
50 TDD 1500 L‑Band (欧州連合) 1432 – 1517 N/A 3, 5, 10, 15, 20
51 TDD 1500 Extended L‑Band (欧州連合) 1427 – 1432 N/A 3, 5
52 TDD 3300 3300 – 3400 N/A 5, 10, 15, 20
65 FDD 2100 Extended IMT 1920 – 2010 2110 – 2200 190 5, 10, 15, 20
66 FDD 1700 Extended AWS (Blocks A–J) (AWS‑1+AWS‑3) 1710 – 1780 2110 – 2200[3] 400 1.4, 3, 5, 10, 15, 20
67 SDL[A 3] 700 EU 700 N/A 738 – 758 N/A 5, 10, 15, 20
68 FDD 700 ME 700 698 – 728 753 – 783 55 5, 10, 15
69 SDL[A 3] 2600 IMT-E (デュプレックス・スペーシング) N/A 2570 – 2620 N/A 5
70 FDD 2000 AWS‑4 1695 – 1710 1995 – 2020 295 – 300[4] 5, 10, 15
71 FDD 600 US Digital Dividend 663 – 698 617 – 652 −46 5, 10, 15, 20
72 FDD 450 PMR / PAMR英語版(欧州連合) 451 – 456 461 – 466 10 1.4, 3, 5
73 FDD 450 PMR / PAMR (APT) 450 – 455 460 – 465 10 1.4, 3, 5
74 FDD 1500 Lower L‑Band (アメリカ合衆国) 1427 – 1470 1475 – 1518 48 1.4, 3, 5, 10, 15, 20
75 SDL[A 3] 1500 L‑Band (欧州連合) N/A 1432 – 1517 N/A 5, 10, 15 20
76 SDL[A 3] 1500 Extended L‑Band (欧州連合) N/A 1427 – 1432 N/A 5
85 FDD 700 Extended Lower SMH (Blocks A–C) 698 – 716 728 – 746 30 5, 10
252 TDD 5200 U-NII-1 46 5150 – 5250 N/A 20
255 TDD 5800 U-NII-3 46 5725 – 5850 N/A 20
帯域 デュプレックス
モード
周波数
(MHz)
コモンネーム サブセットバンド アップリンク[A 1]
(MHz)
ダウンリンク[A 2]
(MHz)
デュプレックス・スペーシング
(MHz)
チャンネル帯域幅
(MHz)
  1. ^ a b UL: BS receive; UE transmit
  2. ^ a b DL: BS transmit; UE receive
  3. ^ a b c d e f Supplemental Downlink

地域別帯域配置[編集]

次の表は、標準化されたLTE帯域とその地域別使用状況を示している。メインのLTEバンドは太字で表示されている。

  • LTE帯域7、28(LTE-FDD)上のネットワークは、ITU地域の第1、第2および第3地域におけるグローバルローミングに適している。
  • LTE帯域1、3(LTE-FDD)上のネットワークは、ITU地域の第1、第3地域およびコスタリカブラジル、一部カリブ諸国でのローミングに適している。
  • LTE帯域20(LTE-FDD)上のネットワークは、ITU地域の第1地域のみのローミングに適している。
  • LTE帯域5(LTE-FDD)上のネットワークは、ITU地域の第2、第3地域におけるローミングに適している。
  • LTE帯域38、40(LTE-TDD)上のネットワークは、将来グローバルローミングを可能にする可能性がある(ITU地域の第1、第2および第3地域)。
  • LTE帯域8(LTE-FDD)上のネットワークは、将来グローバルローミングを可能にする可能性がある(ITU地域の第1、第2および第3地域)。
  • LTE帯域2、4(LTE-FDD)上のネットワークは、ITU地域の第2地域(南北アメリカ)でのローミングにのみ適している。
帯域 デュプレックスモード

周波数 (MHz)

コモンネーム 北アメリカ

ラテンアメリカ / カリブ諸国

ヨーロッパ アジア アフリカ オセアニア
01 FDD 2100 IMT No Yes Yes Yes 南アフリカ (Cell C英語版MTN, ボーダコム オーストラリア (ボーダフォン英語版
02 FDD 1900 PCS A–F Yes Yes No No No No
03 FDD 1800 DCS No アルバ (SETAR英語版)、ブラジル(Claro英語版Nextel英語版OiTIM英語版Vivo)、ケイマン諸島(Digicel Cayman英語版)、コスタリカ(Claro、Movistar)、ドミニカ共和国(Altice Dominicana英語版)、ベネズエラ(Digitel GSM英語版 Yes Yes Yes Yes
04 FDD 1700 AWS英語版 A–F Yes Yes No No No No
05 FDD 850 CLR アメリカ合衆国(AT&TU.S. Cellular英語版 (未配置) No カンボジア(SEATEL、インド(Jio英語版)、インドネシア(smartfren英語版)、マレーシア(Telekom Malaysia英語版)、パキスタン(Telenor)、フィリピン(Smart英語版)、大韓民国(LG U+SKテレコム マラウイ(Access Communications オーストラリア(Vodafone英語版
07 FDD 2600 IMT-E カナダ(Bell英語版Rogers英語版Telus英語版Freedom Mobile Yes Yes Yes ガーナ(Surfline英語版、ザンビア(MTNZamtel Yes
08 FDD 900 EGSM No ペルー(Bitel Yes Yes ナイジェリア(ntel)、南アフリカ(Vodacom No
11 FDD 1500 LPDC No No No 日本(auSoftBank No No
12 FDD 700 LSMH A–C アメリカ合衆国、カナダ No No No No キリバス(TSKL英語版
13 FDD 700 USMH C アメリカ合衆国、カナダ バルバドス(Ozone英語版、ボリビア(Entel英語版、プエルトリコ(Open Mobile英語版、タークスカイコス諸島(C&W LIME英語版ジャマイカ(Caricel英語版(計画中) No No No No
14 FDD 700 USMH D アメリカ合衆国(FirstNet英語版
(未配置)
No No No No No
17 FDD 700 LSMH B–C アメリカ合衆国、カナダ アンティグア・バーブーダ(ディジセル英語版)、バハマ(BTC (バハマ)英語版)、ボリビア(Tigo英語版)、ケイマン諸島(C&W LIME)、ドミニカ国(Digicel)、タークスカイコス諸島(Digicel)、プエルトリコ(Claro) No No No No
18 FDD 800 No No No 日本(au) No No
19 FDD 800 No No No 日本(NTT DOCOMO No No
20 FDD 800 EUDD No No Yes カザフスタン(Beeline英語版Kcell英語版 Yes フィジー(Digicel)、フランス領ポリネシア(Vini)、ニューカレドニア(OPT
21 FDD 1500 UPDC No No No 日本(NTT DOCOMO) No No
25 FDD 1900 EPCS A–G アメリカ合衆国(Sprint (未配置) No No No No
26 FDD 850 ECLR アメリカ合衆国(Sprint) (未配置) (未配置) 日本(au)(via MFBI (未配置) (未配置)
28 FDD 700 APT No Yes フランス(Free Mobile Yes ナイジェリア(Glo Mobile英語版)、ケニヤ(Faiba 4G Yes
29 FDD 700 LSMH D–E アメリカ合衆国(AT&T) No No No No No
30 FDD 2300 WCS A–B アメリカ合衆国(AT&T) No No No No No
31 FDD 450 NMT No (未配置) デンマーク(Net 1英語版)、フィンランド(Ukko Mobile英語版)、ノルウェー(ice.net)、ロシア(Sky Link英語版)、スウェーデン(Net1) アルメニア(Beeline)、インドネシア(Net1 (未配置) (未配置)
32 FDD 1500 L‑Band No (未配置) イタリア(TIMVodafone英語版 (未配置) (未配置) (未配置)
38 TDD 2600 IMT-E No Yes Yes マレーシア(Yes 4G英語版)、ミャンマー(Ananda 4G+)、SLT英語版 (未配置) (未配置)
39 TDD 1900 No No No 中華人民共和国(中国移動通信 No No
40 TDD 2300 No No リトアニア(SC Lithuanian Radio and Television Centre英語版(MEZON))、イギリス(O2英語版 中華人民共和国(中国移動通信、中国電信中国聯合通信)、
インド(Airtel、Jio、Idea英語版)、インドネシア(Bolt英語版、smartfren、Telkomsel英語版、マレーシア(Yes 4G)、スリランカ(Dialog英語版Lanka Bell英語版)、タイ(DTACTOT英語版[5][6]
No オーストラリア(OptusNBN Co英語版)、ニュージーランド(Spark
41 TDD 2500 BRS / EBS アメリカ合衆国(Sprint) No No 中華人民共和国(中国移動通信、中国電信、中国聯合通信)、日本(KDDI(UQ)、SoftBank(WCP))、フィリピン(Globe英語版 マダガスカル(Blueline No
42 TDD 3500 No No スロバキア(O2英語版SWANスロバキア語版Slovanet イラン(MTNイランセル英語版Mobinnet英語版)、日本(au、NTT DOCOMO、SoftBank) No (未配置)
43 TDD 3700 No No スロバキア(O2、SWAN) No No No
44 TDD 700 APT No No No (未配置) No No
65 FDD 2100 EIMT No (未配置) EAN英語版
T-MobileInmarsat
(未配置) (未配置) (未配置)
66 FDD 1700 EAWS A–J Yes (未配置) No No No No
67 FDD 700 No No (未配置) No No No
68 FDD 700 No No No (未配置) (未配置) No
69 FDD 2600 IMT-E No (未配置) (未配置) (未配置) (未配置) (未配置)
70 FDD 2000 AWS‑4 アメリカ合衆国(DISH
(未配置)
No No No No No
71 FDD 600 USDD アメリカ合衆国(T-Mobile No (適合) No (適合) No (適合) No (適合) No (適合)
72 FDD 450 PMR / PAMR No No (未配置) No No No
帯域 デュプレックスモード

周波数 (MHz)

コモンネーム 北アメリカ

ラテンアメリカ / カリブ諸国

ヨーロッパ アジア アフリカ オセアニア

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 第709回:LTEバンド とは、2018年11月22日閲覧。
  2. ^ ETSI TS 136 101 V14.3.0 (2017-04) – LTE; Evolved Universal Terrestrial Radio Access (E-UTRA); User Equipment (UE) radio transmission and reception (3GPP TS 36.101 version 14.5.0 Release 14)
  3. ^ Downlink frequency range 2180 – 2200 MHz is restricted for use as intra-band Supplemental Downlink.
  4. ^ Duplex spacing depends on whether the Uplink is paired with the lower or the upper part of the Downlink, with the remainder of the Downlink available for use as intra-band Supplemental Downlink.
  5. ^ http://www.nationmultimedia.com/detail/Corporate/30343786
  6. ^ https://www.reuters.com/article/brief-telenors-dtac-and-tot-in-deal-to-l/brief-telenors-dtac-and-tot-in-deal-to-launch-4g-services-in-thailand-idUSASO0003OC

関連項目[編集]

外部リンク[編集]