マルチメディアメッセージングサービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マルチメディアメッセージングサービス (Multimedia Messaging Service)、MMS3GPPOMA(オープン・モバイル・アライアンス)によって標準化されている、携帯電話用のメッセージングサービス(メール)。

最初の仕様は、WAPフォーラムによってまとめられた。現在はOMAが中心的な標準化団体である。

概要[編集]

以前は、SMS (Short Message Service) および、その発展系のEMS (Enhanced Messaging Service) しかなかったが、カメラ付き携帯電話の登場とともに、より制限の少ない携帯電話用メッセージサービスが必要になった。当初は、特定キャリア依存の実装で、業界標準といえるものは存在しなかった。

そこで、主にGSMのオペレータ、ハンドセットベンダーが中心になって、MMSが策定された。

MMSは、画像ビデオリッチテキストを含んだメールを送受信できる規格である。それまでのSMSやEMSとは異なり、サイズ制限はネットワークが許すのであれば数百キロバイトも可能である。

SMSやEMSは電話番号宛てにしか送信できないが、MMSはメールアドレス宛ての送信もサポートしているためパソコン(Eメール)ともやりとりができる。なお、インターネット側からSMS送信を行うことは可能。

SMSやEMSは、携帯電話のシグナリングチャネルを使っているので、即時性が極めて高く比較的安価である一方送受信可能サイズの制限などがあるが、MMSは携帯電話のトラフィックチャネルを使うので、SMSよりもバイトあたりの単価が高いかわりにサイズ制限は大幅に緩和されている。

ライバル規格にNTTドコモが開発したiモードメールがあるが、WAP2.0にcHTMLが併記されたのに比べて、iモードメールは、名目上の国際標準の座を得ることはできず、実質的には、ドコモだけのサービスになりつつある。

受信方法[編集]

MMSには自動受信と選択受信という2種類の配送方法がある。

自動受信
ネットワークがMMSメッセージを受けると、受け取ったマルチメディア・メッセージング・サービス・センター (MMSC) からメッセージ通知を端末にSMS送信する。この受信動作のトリガーとなるSMSは特殊な符号化されたSMSでユーザーには表示されない。端末は、このメッセージ通知をもとに、自動的にMMSメッセージ本文のダウンロードを開始する。本文のダウンロード後、端末はユーザーにメッセージ着信を表示する。
選択受信
MMSメッセージがくるとMMSCは、メッセージ通知を端末に対してSMS送信する。携帯電話は、新着メッセージがMMSCにあることを、ユーザーに表示、通知する。この時点で、MMS本文のメッセージは、端末にはない。本文受信するかしないかは、ユーザーの選択にまかされている。ユーザーは、Subjectだけをみて、削除することも可能である。

MMS受信要求は、自動受信、選択受信ともにHTTPリクエストで処理される。端末は、HTTPプロトコルでHTTPダウンロードの要領で、通知メッセージにあるURIのメッセージをダウンロードする。ダウンロード完了後、MMSクライアントは使用者に本文受信したと通知する。

自動受信はネットワークを意識せず使え、選択受信は無駄なパケットと料金を消費しないことにある。自動受信は便利な反面、MMSは動画なども送れるため高額のパケット代が掛かる場合がある。受信方法は携帯電話事業者が固定してしまう場合と、ユーザーが選択できる場合がある。

コンテント・アダプテーション[編集]

一般的なEメールと呼ばれるものとMMSのもっとも大きな違いは、Eメールは、あくまで送信者の送信メッセージに手が加わらない形で相手に配送する。

一方MMSは、コンテント・アダプテーションという機能により、送信者のメッセージは、MMSサーバーで改変されることがある。

例えば、4メガピクセルのカメラ付き携帯より4メガピクセルの画像をMMSで送っても、受信側の端末のMMSでの申告表示能力がそれを下回る場合は、MMSサーバーは画像サイズを縮小して受信者へ送る。

日本におけるMMSの利用[編集]

MMSは全世界の携帯電話事業者で採用されているが、日本の事情は世界とは全く異なっている。

NTTドコモではMMSを採用しておらず、iモード端末では基本的に自社が開発したプッシュ型Eメールサービスであるiモードメールを採用している。スマートフォン向けにはspモードメールや、mopera Uのプッシュ配信サービスを提供している。海外とのMMSに限り、電話番号を用いた送受信サービス(国際MMS)を提供しているものの、これはiモードメールをMMSに変換して送受信するだけの擬似的なものである。

これに対し、ソフトバンクモバイルの、S!メールはMMSそのものであり、一部モデルではMMSとそのまま表記されている。容量は最大2Mバイトまで。しかし、アクセスポイントを公開していないため、海外で購入したSIMフリー端末などのソフトバンクモバイルから販売されている携帯電話以外では利用出来ない[1][2]

KDDIも当初はMMSは採用されておらず独自のEZwebメールを採用していたが、2012年4月よりiPhone 4S向けにMMSサービスを開始した。これと同時に、キャリアアップデートにより国際標準から外れていたSMS(Cメール)の技術仕様も国際標準に準拠させ送信時にパケット通信料が発生しなくなった。

イー・アクセスでは、「emobileメッセージ」アプリで、"emobile.ne.jp"を利用する設定を行うことで、MMSとして利用可能(ただし、3Gスマートフォンでこの設定を行うと、EMnetメールの利用ができなくなる)。

EMOBILE 4G-S端末の1つである、EM01Lについては、Google+ ハングアウトの機能によって利用する(プッシュ配信は不可。最短で5分ごとのフェッチ配信にて対応)。

国際間のMMS利用[編集]

ソフトバンクモバイルのMMS(S!メール)は国内・海外問わずやりとりができる。

NTTドコモも国際MMSサービスを提供している。送信方法はiモードメールで「国番号+相手電話番号」宛に送信する。2009年6月30日以前は「国番号+相手電話番号@mms-i.jp」宛に送信したが、現在では「010+国番号+相手電話番号」へ送信を行うようになった。受信も自動的にiモードメールへ変換され通常のキャリアメール同様に受信できる。

MMSの規格自体は国際利用を妨げるものはないが、文字化けはまた別問題として存在する。例えば規格上送信可能なことと受信者がそれを読むことは別問題である。スマートフォン以前は、コストの問題より、フォントと文字入力手段は、販売地域に対応したミニマムなものを搭載するのが普通であって、読めない文字が存在したり、文字入力ができないという問題は、2バイト文字圏のみならず、東欧・中欧でも存在した。新世代スマートフォンの時代になって、全世界共通の端末が普通になり、この問題は、スマートフォンに限れば、ほぼ解消されつつある、と言える。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]