ウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナル
Walt Disney Direct-to-Consumer & International
種類 事業部門
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州バーバンク市
設立 2018年3月14日
事業内容 ストリーミング・広告・海外事業
代表者 ケビン・メイヤー(会長)
所有者 ウォルト・ディズニー・カンパニー
外部リンク dtcimedia.disney.com
テンプレートを表示

ウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナル (Walt Disney Direct-to-Consumer & International) は、ウォルト・ディズニー・カンパニーストリーミング・サービスとアメリカ国外展開を担当する部門。

概要[編集]

2018年3月14日に行われたウォルト・ディズニー・カンパニーの組織再編によって誕生した[1]ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメントまたは20世紀フォックス ホーム エンターテイメントなどのホームビデオ配給の他、Disney+(2019年秋開始予定)やESPN+Hulu[2]などの動画配信サービス(ディズニー・ストリーミング・サービス)といった消費者直結型(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)のサービスを行う他、アメリカ国外での展開(ウォルト・ディズニー・ジャパンなどの世界への展開)を行なっている。

2019年にウォルト・ディズニー・カンパニーが21世紀フォックスを買収[3]した事により、FOXネットワークス・グループのアメリカ国外展開などの事業を引き継いだ。

主な傘下企業・部門[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]