ダークパターン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダークパターンは、「購入時に保険に入会させたり、定期的に支払わせたりするなどの、ユーザーを騙すために慎重に作られたユーザインタフェース[1][2][3]。ダークパターンという新語は、darkpatterns.org(ユーザーを騙すインターフェイスの名前とシェーピングの具体的な目標を持つパターンライブラリ)の登録で2010年8月にHarry Brignullによって作成された[4][5]

ダークパターンの例[編集]

ベイト・アンド・スイッチ[編集]

ベイト・アンド・スイッチというパターンでは、全く利用できないか、または少量でストックされている無料の(または大幅に割り引かれた )製品またはサービスを宣伝する。 既に製品が利用できないと明らかになった後、宣伝されたものと同様の他の価格の製品が宣伝される。

強制開示[編集]

強制開示というパターンでは、ユーザーはサービス上必要の無い、クレジットカード情報や住所電話番号等の個人情報を要求される。また、一部の企業は、この情報を広告主に販売する。

ローチモーテル[編集]

ローチモーテルトランメルネットというパターンは、入るのは簡単だが出るのは難しいというものである。 例としては、購読者がオプトアウトまたはキャンセル要求を印刷して郵送することが必要なビジネスモデルが挙げられる[6][7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Campbell-Dollaghan, Kelsey (2016年12月21日). “The Year Dark Patterns Won”. CO.DESIGN. 2017年5月29日閲覧。
  2. ^ Singer, Natasha (2016年5月14日). “When Websites Won't Take No For An Answer”. The New York Times. 2017年5月29日閲覧。
  3. ^ Nield, David (2017年4月4日). “Dark Patterns: The Ways Websites Trick Us Into Giving Up Our Privacy”. Gizmodo. 2017年5月30日閲覧。
  4. ^ Brignull, Harry (2011年11月1日). “Dark Patterns: Deception vs. Honesty in UI Design”. A List Apart. 2017年5月29日閲覧。
  5. ^ Grauer, Yael (2016年7月28日). “Dark Patterns Are Designed to Trick You, and They're All Over the Web”. Ars Technica. 2017年5月29日閲覧。
  6. ^ 心理学的な仕組みを用いてユーザーの行動を誘導するデザイン「ダークパターン」とは?」『』(ja)。2018年10月16日閲覧。
  7. ^ GoogleやFacebookではユーザーを意図的に企業が有利な方向へ誘導する「ダークパターン」がどのように使われているのか?」『』(ja)。2018年10月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]