ジャズ大名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャズ大名』(ジャズだいみょう)は、筒井康隆中編小説。これを原作としたラジオドラマ映画も製作された。

小説[編集]

幕末を舞台にした中編の時代小説。『小説新潮』1981年1月号に発表された。黒人奴隷が幕末の小藩に漂流し、藩主を巻き込んでジャム・セッションをする騒動を描く。同年に短編集『エロチック街道』に収録された。1984年新潮文庫になり、1986年の映画化の際に書名が『ジャズ大名』に改められて、表題作となった。

ラジオドラマ[編集]

1982年1月9日NHK-FM放送で放送された45分のラジオドラマ。NHK制作。脚本・竹内銃一郎、主演・立川光貴(現・三貴)(亮勝)、由利徹(トマス叔父)。維新なって行進する官軍の「トンヤレ節」を鼻で笑い飛ばしてジャムセッションを再開するラストのアイディアは、映画版でもほぼそのまま採用されている。演奏には原作者の筒井康隆も参加した。

映画[編集]

1986年4月19日大映製作、松竹配給で公開された。同時上映は『犬死にせしもの』。

舞台を原作の南九州から駿河に変更し、東海道の難所を細長く占める城のため、官軍と幕府軍の通り道となってしまうという設定を加え、“戊辰戦争を完全に無視してのセッション”という側面を強調した。それ以外は原作に忠実である。黒人俳優はアメリカから来日したが、米国南部の場面はすべて静岡ロケ、英語のセリフはアフレコをかぶせて二重音声で処理された。原作者が若いころに傾倒し、『馬の首風雲録』などの作品でもオマージュを捧げたことのある岡本喜八のメガフォンであり、記者会見で並びながら初期映画の思い出などを話したという。岡本監督にとって3本目の大映映画(東京撮影所は2本目、他に長編TV映画を東京で2本、京都で1本撮っている)だが、クライマックスシーンのセットは東宝スタジオに建てられ、音楽監督とプロデューサーを除くメインスタッフ全員が東宝から起用された。同年キネマ旬報ベストテン10位。映画化困難といわれる筒井康隆原作では初の(2017年現在唯一の)ランクインとなった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]